共同体から受ける助けと支え

12ステッププログラム

自助グループの『本来の目的』とは何か?

伝統の6には「私たちの本来の目的から外れてしまわないためである」とあります。 『本来の目的』とは何でしょうか? この記事では、ありのパパが考える『本来の目的』について書いています。 1.ストレスの防波堤は共同体から受ける助けと支え 自...
12ステッププログラム

癇癪持ちの日々の棚卸しを邪魔する二つの原因とたった一つの解決策!

癇癪持ちが日々の棚卸しを逡巡(しゅんじゅん)する理由は2つあります。 一つは無力への否認です。 もう一つは不快感情への親しみです。 解決策はミーティングに継続的に参加することです。 この記事では私たちがともすれば不快感情を握って離さない理由...
12ステッププログラム

癇癪の原因が依存症にあるなら、アンガーマネジメントは効果がない!

アンガーマネジメントと呼ばれる怒りをコントロールする手法があります。 12ステップによって癇癪から回復した当事者であるありのパパはこれに疑問を持っています。 この記事ではその理由と真に効果のある方法について書きました。 1.癇癪の原因が依...
12ステッププログラム

アダルトチルドレン&共依存、依存症が回復する確かな道のりがある!

相互支援グループのミーティングに新来会者がいらっしゃると、ありのパパはとても嬉しく感じます。 そこでどうしたらこれらの新来会者の方々が間違いなく回復のゴールまで到達することができるかをなるべく明確にわかりやすく書こうと思いました。 それが今...
12ステッププログラム

共同体から受ける助けと支え、霊的目覚めが依存症からの二つの解決策

依存症やAC・共依存症から回復しようとするならどうしても二つの解決策を得る必要があります。 それは共同体から受ける助けと支え、霊的に目覚めることの二つです。 まず共同体から受ける助けとは何かを考え、次に霊的に目覚めるためにはどうしたら良いの...
12ステッププログラム

アノニマスMTGが名実ともに12ステップ・ミーティングとなるために

ある仲間がミーティングの最後に「私は参加メンバー全員が12ステップの分かち合いをするようなミーティングの実現を目指して2年間やってきたが、今日のミーティングでそれが実現したことを嬉しく思う」と言われました。 実はそのミーティングに3年ぐら...
12ステッププログラム

共同体から受ける助けが依存症の解決策と言われる理由

依存症からの回復を妨げる最大のものは否認です。 なぜなら「私は依存症です。助けてください」と神に求める人だけが回復の力を受け取ることができるからです。 まず依存症別にどのような否認があるかを見て、その次に否認を打ち破る方法を見ていきます。 ...
相談

12ステップ共同体のミーティングとグループセラピーの違いとは?

今日は「ミーティングで何を話せばいいのでしょうか?」というご質問に答えます。 この問題を考える時に大切なことは12ステップ共同体のミーティングと、それ以外のグループセラピー(集団療法)のミーティングの違いをわきまえておくことです。 ご相談...
12ステッププログラム

アルコール依存症の人々が相互に深く関わったとき回復の奇跡が訪れた

1935年にアメリカのオハイオ州アクロンで絶望的な二人の酔っぱらいが出会ったことがAA(アルコホーリクス・アノニマス)の始まりでした。 一人はウォール街で働く人であり、もう一人は外科医でした。 二人には多くの共通点がありました。 二人ともア...
12ステッププログラム

自助グループの長所を生かし、弱点に対処することにより回復し続ける

自助グループに参加すると多くの励ましと慰めをもらうことが出来ます。 しかしそれとともに「これはちょっといただけないな」と思うこともあります。 1.自助グループに参加して良かったこと ①「ここまで正直になるんかい!」と言いたくなるほど率直...