自己受容の具体的なやり方はこうやる!

人の話を黙って聞くというテストを始めた方にとっては今日でちょうど一週間になります。 自分が自己受容できているかどうか、三分でわかる方法 人の話を黙って聞くという傾聴の能力は、自己受容と正比例するとも言われています。 です …

クリスチャンが在日韓国人を差別することは許されるか?

最近ネットの掲示板などでクリスチャンと自称する者が韓国人を蔑視する書き込みを行っているのを見受けることが多くなりました。 今日はこの問題について考えます。 ①現代の嫌韓主義と戦前の神道原理主義 まず、これらの者たちの書き …

ピーター・ワグナー先生の功績と受け入れられない主張

ピーター・ワグナー先生といえば、知らぬ人はいないというぐらい有名な先生です。 今日はこの先生について、ありのパパが知っていることを書きます。 ①ピーター・ワグナー先生の日本デビュー このピーター・ワグナー先生が本格的に日 …

初代教会の断食習慣と現代の1日断食

初代教会には水曜日と金曜日、朝食と昼食を抜き、夕方に軽めの食事を摂る習慣があったようです。 現代に生きる私たちも実践してみると良いのではないでしょうか。 ①キリスト教会の断食提唱者は誰? 日本の教会に断食というものを明確 …

「万能感と幼児性と自己中心」が成長を阻害する最大の原因

「我力」とか「我が強い」と言われるものは、万能感と幼児性と自己中心によってできています。 これらをどうやってしつけていけばよいでしょうか? 詳しく見ていきましょう。 1.万能感とは何か? 万能感とは、自分は何でも出来ると …

自分が自己受容できているかどうか、三分でわかる方法

自己受容とは一体何のことでしょうか。 頭で理解する以上に、心に気づきを持つことが何より大切です。 そうでなくては「へぇ~」の一言で終わってしまうでしょう。 一言で終わらせないために、ありのパパもない頭を絞りました(笑)。 …

かつてのリバイバル新聞に感じていた問題点とは何か?

聖霊派教会の新聞としてかつてリバイバル新聞というのがありました。 このリバイバル新聞に対してありのパパが感じていたことをお話します。 1.なぜ裁判になっている教会の問題を報道しないのか? 聖霊第三の波の教会で起きている問 …

様々なスモールグループ。うまく行かない理由とうまく行くやり方

戦後、いくつかの小集団活動が海外から入ってきました。 しかし、それらは皆うまく行っていないようです。 なぜでしょうか?どうしたら人々が集まる小集団活動が出来るのでしょうか? ありのパパの考えをご説明します。 1.様々な小 …

福音主義神学には二つの流れがあり、現実社会へのアプローチも異なる

あるブログのコメント欄で、当ブログが話題になっていました。 その中には当然のことながら賛成や反対の意見がありました。 その中でも常に冷静なコメントをしておられる「もりもと」さんのご意見に今回は同意することが出来ませんでし …

聖霊第三の波運動の「後ろに倒れる」ことについて

1.後ろに倒れる現象のこと 聖霊第三の波の教会が主催する聖会で、按手を受けた人々が後ろに倒れる現象があります。 ①その実態は? ありのパパが不思議に思い、集会後その倒れた方々にインタビューして回ったことがありました。 あ …

クリスチャンが抱える問題を12ステッププログラムによって解決する

クリスチャンであっても問題があるのが当然 AA(アルコホール・アノニマス)のはじまりの物語はクリスチャンにとって大変興味深いものです。 なぜならAAの創設者たちの中には熱心なクリスチャン(オックスフォード運動)もおられた …