恨みと和解

「この恨み、晴らさでおくべきか」と言ったのは、四谷怪談のお岩さんでした(笑)。
人間というものは自分が持っている恨みは忘れず、その恨みを晴らすのは当然の権利であると考えます。
続きを読む