癇癪と卑屈は兄弟。だから卑屈から解放されることが解決の道!

癇癪とはコントロール不可能な怒りの爆発です。
その原因は様々ありますが、中でも大きな比重を締めているのが卑屈です。
この記事では癇癪の真の原因が卑屈にあることを明らかにし、卑屈さから解放されていく道を解説しています。

        

1.癇癪の原因は怒りの抑圧

自分がバカにされている、軽んじられていると、日頃から感じていると、それは不満として心の中にたまっていき、あるとき何かの切っ掛けで怒りとして外部に噴出されます。

ありのパパ自身のことを言えば、幼年期から父親から日常的に暴力を振るわれ、なぜそのようなことをされるのか皆目見当がつきませんでした。
そして心の中で起きたことと言えば、感情をフリーズさせることでした(そのことに気づいたのは随分後になってからのことです)。
怒りをうちに貯め続け、それが「やくざと情婦事件③」を切っ掛けとして、その貯め続けた怒りが外部に放出されるようになりました。

        

2.直接的な解決方法は、頭の中でグルグル回っているテープである「文章記述」を新しい文章記述に替えること

「怒ってはならない」というテープが回ると、心は「もう我慢できない。いつまで我慢しなければならないのか!」と幼年期の抑圧体験を目の前の些細(ささい)な不快な体験に結びつけ、怒りを爆発させるのです。

ですからテープを「怒っていい。いつでも怒っていい」という文章記述に替えると、心は「そうか、いつ怒っても良いのか。だったら今は止めとく」となります。
このようにして怒りが爆発することによる社会的不適応を避けつつ、より本質的な解決の道を探りました。

        

3.癇癪とアダルトチルドレンの関係

この問題の本質は、幼年期の抑圧体験と現実の不快体験を(無意識の領域で)結びつけてしまうところにあります。

これはある意味では、アダルトチルドレンの特徴である子供時代におけるサバイバル体験を、大人になっても同じ方法で行おうとするのと似ています。

たとえば子供時代に親がアル中であると、子供は「自分に何か問題があるから、親が酒を飲むのだ」と思い込んでしまう場合があります。
そのような時、こどもは「僕(私)が良い子になれば、親は酒を飲まないかもしれない」と良い子を演じるようになります。

そのようにして子供時代をサバイバルした人が、大人になって周囲にトラブルがあると無意識に心の中で「自分に問題がある。だから良い人であろう」と必死に良い人を演じるようになります。
このような人をアダルトチルドレンと言います。

抑圧された自分自身は「いつまで我慢しなければならないのか」と悲鳴を上げているのです。
ですから一刻も早く、もう一人の自分である自分自身の存在に気づくことが大切です。

癇癪の問題について言えば、子供時代に受けた理不尽と今の目の前の不快体験とは何の関係もないということに気づいていくことです。

4.さらに一歩踏み込んだ解決の道がある

怒った後で罪責感に苛(さいな)まれる人がいます。
それは心の中に「怒る自分は不合格、怒りを我慢できる自分は合格」という基準があり、その基準に到達できない自分を裁くからです。
到達できない自分を裁き、卑下(ひげ)します。
この卑下するという劣等コンプレックスが一層怒りに火を注ぐことになります。

神は私たちのありのままの姿を受け入れてくださり、決して合格水準に到達できない自分に代わって、神の御子のイエスが十字架に掛かることによって全人類の「合格」となってくださいました。

この事実を受け入れ、日々黙想(想いを巡らすこと)することによって、私たちの中にあるものが変化していきます。
自分が既に合格しているということを体験的に知ると、私たちは助けを得るためにはばかることなく前進できるようになります。

これが本質的解決への道です。

癇癪持ちから解放されようとする方々が、この問題を通してより深い人間理解へと導かれますようにと祈っています。

◎回復と平安を祈っています。

EA Skypeミーティングのお誘い
怒りの爆発や感情と情緒に問題を感じる人々のためのスカイプミーティングが始まりました。 時間は毎週月曜日の20時…

メール登録をお願いします!

新しい記事を見逃したくない方はメール登録をどうぞ!新記事をメールでお知らせします。

コメント

  1. かたまり より:

    ありのパパさん、久しぶりにコメントいたします。かたまりです。
    ありのパパさん、僕も激しくアダルトチルドレンです。
    といっても、日々その兆候を発見している最中ですが。
    僕の場合は周りの人が笑ったり、喜んでいないと耐えられず、笑わせてあげないといけない、喜ばせなければならない、とスイッチが入り、落ち着きを失います。
    つまりは周りの人の顔色をうかがい、期待にこたえようとしたり喜ばせようとしたりしています。
    自分の喜びイコール周囲の顔色、となってしまい、自分のようでいて自分でないところがあります。
    そして喜ばせようと努力して相手が喜ばないと、怒ってみたりと、、、。相手の顔色まで支配したがる支配欲求があり、すごく苦しいです。
    怒ってみては、僕のわがままだ、と卑屈になっています。
    どのようにすればよいでしょうか?

    • arinopapa より:

      こんにちは、かたまりさん。
      コメントをありがとうございます。

      コメントを拝見して、これはACに特有の現れであるとともに、私個人もまたそうであると思いました。
      〇人を笑わせようとすることは、良いことであり、自然なことです。
      〇しかし、人が笑わないと怒ったり不機嫌になるのは、不自然なことであり不健全なことです。
      ですから、この部分は行動を変化させていく必要があります。

      怒るのは「人は笑って当たり前」と間違った思い込みをしているからです。
      その間違った思い込みを打破するには、現実を見るのが一番ということになります。
      現実は、人は面白ければ笑うし、笑わないのは面白くないからだというものです。
      そのことが理解できれば怒りは自然になくなっていくと思います。
      よろしくお願いいたします。

  2. かたまり より:

    ありのパパさん早速ありがとうございます。
    現実を見る・・・まさしくその通りですね。
    実は先日勤務先で同僚と休憩中に警察から電話がありました。
    私の住むアパートの一室で火事があったとのことでして、火や放水による被害がなかったか?とのことでした。
    その一報を受けた私は同僚の手前不安を隠して話していました。
    むしろ笑いとばしていたとも言えます。
    そしてすぐにアパートに飛んで帰ったのですが、幸いボヤ程度で何の被害もなくよかったのですが、アパートに近づくにつれて不安が増してきて、「あぁ、自分はさっきは笑いとばしたけどこんなに不安だったのだ」と気づきました。
    アダルトチルドレン特有なんでしょうね、今思い返してみれば実家にいたころは、思い出すのもつらいくらい悲しいことばかりでした。
    それと向き合いたくないばっかりに、子ども時代学校ではひたすら勉強に、家ではテレビゲームと勉強にひきこもっていました。
    最終的には就職と同時に実家を飛び出し、すべての交友関係を絶ち今の一人住まいへ逃げてきたと言えます。
    きっと感情的に限界だったのでしょうね。
    地元にはそれ以来ほぼ帰っていません。
    少し脱線しましたが、今一人で生活しながらゲームではなく、現実と向き合っているのだなぁと感じています。

    乱筆長文失礼致しました。少し気持ちが落ち着きました。

    • arinopapa より:

      こんにちは、かたまりさん。
      コメントをありがとうございます。

      勉強やゲームに没頭したのは、かたまりさんなりのサバイバルのやり方だったのだと思います。
      もし、このやり方をしなければ子ども時代を生き抜くことが出来なかったのかもしれないと考えるなら、かえって自分を誉めてあげても良いくらいではないでしょうか。
      ACの問題は、その子ども時代のサバイバルのやり方を安全になった大人時代の今も無意識にやり続けているところにあります。
      ですから無意識にやり続けていることを一つずつ気づいていくことによって意識化します。
      その意識化した数が自由になっていくことに正比例します(意識化する作業には十二ステップが最適ですね)。
      やりがいのある大仕事だと思います。
      お互いにこの道を一歩一歩歩んでいきたいものです。

      またコメントしてください。お待ちしています。

  3. かたまり より:

    ありのパパさんありがとうございます。
    わたしなりのサバイバルのやり方ですか、なるほど。
    生き抜くための手段だったというわけですね、そう考えると納得の行くことが多いです。
    意識化と自由が正比例、きっとずっとやり続けていくんでしょうね。
    12ステップは知っていましたが、今見返してみると正直まだステップ1の最中だなぁと感じます。
    またコメントさせてください。ありがとうございます。

    • arinopapa より:

      こんにちは、かたまりさん。
      コメントをありがとうございます。

      かたまりさんの人生に神様の豊かな祝福が(今までもあったように、これからも)ありますようにと祈ります。

      またコメントしてください。お待ちしています。

タイトルとURLをコピーしました