「御心(みこころ)を行う人だけが天国に入れる」は聖書の教え

今日のテーマは何と刺激的なテーマでしょうか。
しかしこれは聖書に記されているイエスの教えでもあります。

①聖書全体は何と言っているか?

聖書全体の教えと、各聖書箇所の教えの整合性をどのように取るかという問題は大変やりがいのあることです。
中には聖書全体の教えなどは気にする必要はなく、各聖書箇所を厳密に釈義すれば必ず正しい聖書理解にたどり着くと考える人々もいます。

しかしこのような人々の説教を聴くと、一見厳密な釈義に基づいているように見えはするのですが結論がとんでもないことになっている場合が多いようです。
その原因は聖書全体は何と言っているかということを捉えていないと結局は自分の考えを投影してしまうことになり、聖書を使って自分が言いたいことを言っているということになってしまうからです。

②明らかに聖書全体の教えと矛盾するように感じる箇所

「『主よ、主よ』と言う人が皆天国に入れるのではありません。そうではなく御心を行う人だけが天国に入れるのです」[マタイ7:21]

この個所は多くの議論を呼んでいる個所です。
なぜなら聖書全体は「イエス・キリストを信じる者は誰でも救われる」と教えているにもかかわらず、ここでは明確に「御心を行う人だけが天国に入れる」と書かれてあるからです。

この聖書個所を聖書全体の教えとどのように整合性を取っていけば良いでしょうか?
皆さんなら、どのように説明されるでしょうか。
ありのパパは、以下のように説明します。

③矛盾なく調和する理解とは?

神の御心の中で最も大切なものは「自分自身を愛し、自分自身を愛するように隣人を愛する」ことです。
正直な人であるなら誰でも自分の中に人を裁かないでありのままに受け入れていく愛が全然ないということをお認めになるのではないでしょうか。

ですから逆立ちしても神の御心を行うことは出来ないという結論に至るのが真実な人の答えです。
このような私たちの罪を背負って十字架に掛かって死んでくださったのが私たちの主イエス・キリストです。
この御方を救い主として信じ、心に主として受け入れるとき、私たちは救われ、新しく生まれ変わることが出来ます。

私たちが信じて救われたのは御心を行うためです。
もし私たちが口先だけで「主を信じます」と言うだけで御心を行わないなら、それは虚しいことです。
確かにそのような人に向かってイエスは最後の日に「わたしはあなたがたを全然知らない」と言われるでしょう。
このように考えていくと「信じるだけで救われる」という教えと、「御心を行う者だけが天国に入れる」という教えは矛盾しなくなります。

④なぜ御心を行う必要があるのか?

誰かが自分のことを愛してくれたという体験がないと愛とは何かということが分かりません。
これが教会で「神はあなたを愛しておられる」と何べん説教されてもピンと来ない理由なのです。

同様に「君は愛されるために生れた」というゴスペルを何回歌ったとしても愛された体験が個人的になければ神の愛を理解することは不可能なことです。

その故に先に救われたクリスチャンが未信者をありのままに受け入れるという最もシンプルな方法で愛を体験していただくのです。
そうすると愛とか何かということを体験的に知った人々は今度は神の愛を理解することができるようになります。
このようにして福音はハート・ツー・ハートで伝わっていくように定められているのです。

⑤みこころを行う人だけが天国に入れる

預言をしても、悪霊を追い出しても、沢山の奇跡を行ったとしても天国に入れないことがあり得ます。
今日、私たちは御心を行っているという自覚のもとに様々なことをしています。
その中には預言をしたり、悪霊を追い出したり、沢山の奇跡を行うことが含まれています。

しかしイエスはこのようなことを行っていても、それが御心でないこともあり得ると言っておられるのです。
これらのことを熱心に行っている聖霊派教会にトラブルが続発しているのは、もしかしたら理由のあることかもしれません。
それはこれらの教会では「熱心に奉仕する信徒は合格、そうでない信徒は不合格」という二元論的理解に支配されているところがほとんどだからです。

イエスの提供してくださる救いは頑張っても頑張っても救いに到達しないという律法主義の呪いからの解放でした。
そうであるにもかかわらず気が付いてみると救われる前の価値観である「熱心に奉仕する信徒は合格、そうでない信徒は不合格」という価値観の奴隷になっているのです。
確かにこのような生き方をしていればイエスに絶縁宣言されても仕方のないことです。

神の御心とは何かをわきまえ、その御心を生涯掛けて行うお互いでありたいものです。

◎平安と祝福を祈っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました