聖霊第三の波運動の「後ろに倒れる」ことについて

        

1.後ろに倒れる現象のこと

聖霊第三の波の教会が主催する聖会で、按手を受けた人々が後ろに倒れる現象があります。

①その実態は?

ありのパパが不思議に思い、集会後その倒れた方々にインタビューして回ったことがありました。
ある牧師は「お約束ですから」と答えました。
ある婦人信徒は「いや~、倒れないと悪いかなと思って」と答えました。
唯一「物凄い聖霊の力を体に感じた。」と答えた開拓中の牧師は目が宙を泳いでいました。
最後のケースは何とも言えませんから除くとして、何人に聞いたところで返ってくる答えは同じだと思われます。
この文章を読まれて、ある方々は悪意に満ちていると感じ、またある方々は「そんなもんだろうな」とお思いになられるでしょう。

②問題の核心はどこにあるのか?

問題はこれらの現象が神から出ているかどうかではなく、この現象について聖書は何と言っているかということです。
たとえば異言が聖霊のバプテスマに必ず伴うことは、聖書が確証していることです。

③聖書は何と言っているか?

聖書のどこにも按手された信者が後ろに倒れるように期待するようにとの記述はありません。
では「聖書にはそのような命令はないかもしれないが、聖霊の力を受けて自然にそうなるのだ」という主張はどうでしょうか?
そこで冒頭のインタビューが問題になるのですが、自然にそうなると言っても多くの牧師や信徒がそうすることが義務であると感じて演じている現実を前にしては、そのような主張は到底受け入れることができません。

        

2.なぜこのようことが行われるようになったのか?

ありのパパは、以下のように考えます。

①聖霊のバプテスマに伴う印である異言を認めないので、ほかに印が必要だった

そんな時たまたま後ろに倒れる信徒がいたことをきっかけに後ろに倒れることに対する共通の認識が拡がっていった。

②万能感が満たされる

「俺って、すごい!」「俺って、グレート!」
これは麻薬です。キリストとの親しい交わりだけが満たすべき心を、現象に対する喜びで満たすことは本質的には偶像礼拝に等しい行為です。
これらの教会から不品行・姦淫・レイプ・人権の侵害などが起きたのは必然だったのかもしれません。

        

3.ではどうしたらよいのか?

①後ろに倒れることをショーのように行うのをやめる

また無批判にそのような大会に信徒を参加させていた教会にも反省と悔い改めが必要でしょう。

②実証済みの聖書の道に戻る

個人の祈りのとき、ディボーション用の小冊子を捨て、聖書のみを読み、聖書から教えられたことをノートに書き、祈りましょう。
同じ個所を再び読んだとき、以前記したノートを見て神様がいかに成長させてくださったかに驚嘆するでしょう。

③異言で祈る

そしてどうにもならない問題、心を打ちのめしどのように祈ったら良いかさえ分からない問題のため、心をしずめて異言で祈りましょう。
そのとき言い難きうめきをもって内にいます御霊が、どのように祈ったら良いか分からない私たちに代わって祈ってくださいます。
そのとき心に平安が与えられ、不思議な力が自分を覆っていることに気づくでしょう。

◎平安と祝福を祈っています。

タイトルとURLをコピーしました