霊的目覚めとは人格の変化。人格が変わるために必要なのは行動の変化

自助グループに参加する人たちが12ステップに熱心に取り組む理由は何でしょうか?
この記事はプログラムに取り組む目標は霊的に目覚めるためであるのを明らかにし、霊的目覚めとは人格の変化を意味していることを解説しています。

1.12ステップに取り組む目的は回復するため、目標は霊的に目覚めること

霊的目覚め

12ステップが目指すのは霊的に目覚めることです。
12ステップに取り組む目的は依存症やAC&共依存症から回復するためですが、12ステップに取り組む目標は霊的に目覚めることです。

目的と目標を混同してはなりません。

12ステップに取り組む目標が回復することになっている方はおられないでしょうか?
これだといつまで経っても回復しない可能性があります。

なぜなら12ステップに取り組む目標は霊的に目覚めることだからです。
そして霊的に目覚めることによって回復という目的を実現するのです。

「12ステップに取り組んで長い期間が経つが、一向に回復しない」と仰る方は今一度ご自分に「私は霊的に目覚めることを目標にしてステップに取り組んでいるだろうか?」と問い掛けていただきたいのです。

2.霊的に目覚めるとは回復するのに十分な人格の変化

人格の変化

霊的目覚めとはゾワゾワ〜っとするようなものではなく、人格の変化を指しています。
それも依存症やアダルトチルドレン&共依存症から回復するのに十分な人格の変化です。

人格は考え方・感じ方・行動の仕方の三つによってなっています。
人格のうちで自分で変えられるのは行動の仕方だけです。
考え方や感じ方は何十年もの人生を生きている間に積み重ねられてきたものであり、一朝一夕(いっちょういっせき)には変わりません。

ただし行動の仕方だけは変えようと本当に決心するなら即座に変えることが可能です。
「なかなか変えられるものじゃない」という人は実は変える気がないのです。

変える気が本当にあるなら行動の仕方は即座に変えられるのに対して、考え方や感じ方を即座に変えようとすると演じるという罠にハマります。
これがセミナーやカウンセリングを受けて「今日から生まれ変わったつもりで頑張る」と決意する人々のほとんどすべてが結局は元の木阿弥(もとのもくあみ)になる理由です。

ありのパパも愚かにも40年間「行動はなかなか変えられないから考え方と感じ方を変えよ〜」と考え、実践しました。
道理で人生が1mmも変わらなかったはずです(笑)。

行動の仕方も自分の力だけでは変えられない

日本で霊的プログラムと言えばおどろおどろしいものであり、不合理で非論理的な内容のものがほとんどです。

しかしながら12ステップはそうではありません。
世の中にあるどの世俗的プログラムに比べても極めて論理的かつ合理的に組み立てられたプログラムです。

しかしここで注意が必要です。
それは自力(じりき)・我力(がりき)では行動の仕方を変えることはできないということです。
一日が始まる前に神に助けを祈り、一日の中で格別に難しい人に対処する時には予め祈っておくことが大切です。

これは要するにいくら12ステップが合理的・論理的プログラムだとしても、実践するのには霊的な力を必要とするということです。

それが自分より偉大な力に日々気づいていく営みです。

3.否認の解除がカギ

ミーティング参加

自分より偉大な力への気付きを妨げているのは否認です。
否認は自分が変わらなければならなくなる可能性のあるものから目をそらさせます。

「自分が変わらなくてはならない」と考える人だけが、自分より偉大な力への気づきを得ることができます。
そもそも偉大な力は既に私たちの足元に置かれているのですが、「あの人が悪い、あの人に問題がある」と他者にばかり目をとめる人は自分の足元を見ることがありません。
それでいつまで経っても自分より偉大な力に気づくことができません。

ちなみにありのパパの人生の方程式は【自分は変わらなくていい+偉大な神の力】でした。
自分自身に向かって「ありのままでいいんだよ〜」とずっと言っていましたが、12ステップは「それじゃダメ!無力を完全に認めたら神の力が流れ込む」とします。

要するに12ステップは「ありのままでいいんだけど行動の仕方だけは全面的に変えていこう!」と教えるのです。
だから今は自分に向かって「変わろうよ、自分!」と語り掛けています。

否認を解除していく方法はミーティングに参加して自分の話をし、仲間の話を聴かせてもらうことです。
自分の話も初めのうちはキレイ事ばかり・建前ばかりの話ですが、ずっと話しているといつかはネタ切れになり、本音が出てくるようになります。

また仲間の話を聞いて心の中で裁くようなことがあっても、良心の声が「あれはお前の姿だ!」と指摘してくれます。
このような営みを通して否認が解除されていきます。

12ステップに取り組むだけではこのような否認の解除は起きません。
だからこそミーティング参加が生命的に大切なことになります。

【まとめ】
12ステップに取り組む目標は唯一つ、霊的に目覚めることをおいて他にありません。
12ステップは霊的に目覚めることによって依存症やアダルトチルドレン&共依存症からの回復を目指すプログラムです。

霊的に目覚めるとは宗教的な体験ではなく、回復するのに十分な人格の変化です。
人格とは考え方・感じ方・行動の仕方によってなるものであり、このうち行動の仕方だけが自分で変えられるものです。
とは言っても行動の仕方を変えるには自分を超えた偉大な力を発見するのでなければ絵に描いた餅に過ぎません。

偉大な力を発見する妨げになるのが否認です。
否認を解除する方法はミーティングに参加して自分の話をし、仲間の話を聴かせてもらうことによって徐々に否認が解けていきます。

SA Skypeミーティングのお誘い
性の領域に問題を感じる人々のためのスカイプミーティングが始まりました。時間は毎週金曜日の20時〜21時です。『セクサホーリクス・アノニマス日本語版(通称=ホワイトブック)』という書籍を毎週読み合わせし、泣き言・毒吐きだけでない真に回復を目指

◎回復と平安と祝福を祈っています。

メール登録をお願いします!

新しい記事を見逃したくない方はメール登録をどうぞ!新記事をメールでお知らせします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました