目標体重の実現と維持のために大切なことはコツを身につけること!

(2020/07/25記事更新)トレーナーの指示にによってダイエットするやり方の問題点はリバウンドする人が異常に多いということです。
この記事はリバウンドしてしまう理由を明らかにし、生涯を通して理想体重を維持できる方法を解説しています。

1.最も大切なことは減らした体重を維持すること

ダイエットに大切なことが二つあります。
一つは目標体重を実現することです。
もう一つは実現した体重を残りの人生においてずっと維持することです。

最も大切なことは減量をしている間に体重を維持する方法を身につけることであると分かります。
なぜなら習慣化できていなければ、いったん体重を減らせてもすぐに元(もと)の木阿弥(もくあみ)となるからです。
この点で全部人任せにするライザップのやり方には重大な欠陥があると言われざるを得ません。

一番よいのは目標を達成する努力をするなかで自然に習慣化が身に付くことです。
その典型的なものが四群点数法です。
四群点数法は身に付けるのは少々難しいです。
(難しいと言っても九九を覚える程度の難しさです)

減量している最中に「この食品は何点か?(四群点数法では80kcalを1点とします)」と暗記する作業は面倒くさく感じるかもしれません。

しかしいったん覚えてしまえば、体重維持のための方法もまた身に付いているのです。
ありのパパは1994年から26年間、四群点数法を実践していますが、同じ体重をずっと維持できています。
ちょっと自慢させていただくと体重を百グラム単位でコントロールすることができます(笑)。

2.習慣化の肝は自分で試行錯誤すること

なぜ試行錯誤がいいのかというと、それは悪戦苦闘している最中に習慣が身に付くからです。
ですから苦しくても面倒くさくても、手っ取り早く結果を手に入れたいと願っても、我慢してご自分で自分自身にあった方法を身に付ける必要があります。

ありのパパの例で言えば、筋トレを週何回やるか、1回の時間を何分までにするか、常に試行錯誤しています。
人によって毎日やるのが向いている人と週に2回集中してやるのが向いている人がいます。

二ヶ月間だけ天国を見て、あとは地獄を見ることにするのか、それとも二ヶ月間は地獄を見ても良いから、あとの期間はずっと天国を見ることにするのか、それをお決めになるのはあなたご自身です。

さて、あなたはどうされるでしょうか。

◎回復と平安と祝福を祈っています。

新しい記事を見逃したくない方はメール登録をどうぞ!

登録ボタンを押すと届くメールの【フォローを確認】をタップして登録完了です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました