いつもミーティングに参加してよかったと思うたった一つの心の姿勢!

(2020/05/11記事更新)ドロップ ザ ロックの27頁には同じミーティング会場にいながら全くちがうものを受け取った二人の男性が出てきます。
この記事はどんなミーティングであっても必ず教えられることができる秘訣について解説しています。

いつも「ミーティングに参加してよかった」と思えるたった一つの心の持ち方

どのような心構えでミーティングに参加すれば良いのでしょうか?

ある人は「くだらない分かち合いばっかりしやがって。時間の無駄だ」と感じ、ある人は「今日もすばらしい分かち合いをお伺いすることが出来た。神様、ありがとう」と言ってミーティング会場を後にします。

そして前者の方は回復が遅々として進まず(事情通にはなりますが)、後者の方はいちじるしく回復し、周りの者もその変化に気づきます。
この違いは一体どこからくるのでしょうか?

実はありのパパはこの両者の中間地帯にいました。
どういうことかというと、参加する人々の分かち合いの内容によって、良いミーティングになったり、残念なミーティングになったりしていました。

ある時、気づきが与えられてミーティングが始まる前に祈るようにしました。

「神様、どうぞ私の分かち合いがどなたかの助けとなることが出来ますように。そして仲間を助けることによって自分が助けられるという奇跡を体験できますように」

このように祈るようになってからはミーティング体験はいつも必ず素晴らしいものとなりました。
どんな分かち合いを聞いても裁いたり、うんざりしたり、気落ちすることがなくなり、却って共感が引き出されるようになりました。

どうぞ皆さんもこれから参加するすべてのミーティングで恵みを受けようとするのではなく、恵みを与えようとする心の姿勢に転換なさいますように。

◎回復と平安と祝福を祈っています。

メール登録をお願いします!

新しい記事を見逃したくない方はメール登録をどうぞ!新記事をメールでお知らせします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました