聖霊に満たされ続けるために必要なのはたった三つの方法だけ!

(2020/02/17記事更新)聖霊に満たされ続ける方法は何でしょうか?
この記事ではまず聖霊充満と神学・心理の関係を明らかにし、聖霊に満たされ続けるための三つの方法を解説しています。

1.聖霊の満たしと神学の関係

聖霊の満たしの定義ほどキリスト教の教派ごとの見解が異なっているのは珍しいです。

福音派の中の聖潔(きよめ)派と呼ばれるアルミニアン・ウエスレアン神学に立つ教会とペンテコステ教会は救いの恵みに続く第二の恵みとしての聖霊のバプテスマを認めています。
カルビン系の教会は救いの恵みに続く第二の恵みとしての聖霊のバプテスマを認めません。

もっとも現在の状況は上記の説明とは大分異なるものになっています。
というのは神学の違いをやすやすと乗り越えて、多くの方々が聖霊のバプテスマを体験なさっているからです。
要するに「良いもんは良いんだ!」というわけです。
しかしこのような状態は多くの問題も引き起こしました。

そもそも神学の目的は「単純・素朴の信仰を厳密な思考によって支える」ことです。
神学なしの信仰体験の一人歩きは非常な危険を伴っています。

神学の一面には「信仰のデータベース」という面があります。
どういうことかと言うと、地理的・歴史的に離れたキリスト者の経験や考えをまとめたのが神学であるということです。

私たちキリスト者は神学を常に参照することによって、自分の個人的体験や考えを絶対視して誤謬(ごびゅう)に陥る危険から免(まぬが)れることが出来ます。

2.聖霊の満たしと心理的問題の関係

ある人は聖霊に満たされて順調に成長軌道に乗ることが出来るのに、ある人はどういうわけか聖会ごとに涙と鼻水をもって恵みの座に進み出ています。
(これはいつまでもスタートラインに留まっている状態を表しています)

キリスト教会の側でもこの問題は認識されてきました。
結論は個人の生育歴が霊的成長の障害になっているということです。
ここまでは多くの方が「なるほどね!」と同意してくださるのではないでしょうか?

しかし次の段階である「どうやって障害になっている生育歴の問題を解決すれば良いのか?」ということになると有効な手段を見つけることが出来ないままでいるという状況です。

ありのパパもこの問題をずっと考えてきました。
一時期はカウンセリングとカウンセリング的アプローチによって解決可能ではないかと考えた時期もありました。
しかし現在では、カウンセリングによって個々の問題を解決することは出来ても、その方の生き方の根幹まで変えることは不可能であると結論しています。

3.ミーティングに参加する

パウロ書簡を読むと、初代教会は家の教会の性質を兼ね合わせていたことが分かります。
特定の人が語り、他の人々はただ聞いているだけというような教会ではなく、すべての人が、語り、聞くということを行っているのを見ることが出来ます。

ありのパパも12ステップグループに参加して、この参加者全員が語り、聴く、ということを体験しました。
そこで気づいたことは、このような営みには聖霊の働きが伴うということです。

キリスト者がミーティングに参加されている時に、ありのパパが気になったことがあります。
それは彼らは「こうあらねばならない」という『べき論』を引きずっているということです。

また彼らは自分の話をしません。
他人の話や家族の話をします。
このようなことではミーティング参加を何年続けたとしても一ミリの変化もないでしょう。

もし変わりたいと願うなら、自分以外の誰かを変えようとすることをやめ、自分の話だけをすると決心しなければなりません。

他人の話をありのままに受け入れ、自分の話だけをするという営みの中に神が働かれ、私たちは真の変化を体験することができます。
これが共同体から得ることのできる『助け』です。

もし可能ならば皆さんが出席なさる教会で有志の方々でこのような「言いっぱなし、聴きっぱなし、他言無用」の小集会を始めてみてはいかがでしょうか?

4.12ステップに取り組む

現代に生きる私たちはどうしたら自分の短所や性格上の欠点を明確に知ることができるでしょうか?
それは12ステップに取り組むことによってです。

現代においてそれ以外の方法をありのパパは知りません。
クリスチャンの多くは短所がないふりをするか、例え認めたとしても具体的に自分の短所を把握していません。
自分の短所を明確に把握できるまでは、短所を取り除いていただくことは不可能です。
この短所が取り除かれない限り、聖霊に満たされ続けることもまた困難です。

聖霊に満たされ続ける秘訣は個人的体験の殻に籠らず常に神学に当たることによって健全さを維持すること、また生育歴から来る問題を解決すること、そのために「言いっぱなし、聴きっぱなし、他言無用」の小集会に継続的に参加すること、そして12ステップに取り組むことの三つであるようです。

◎回復と平安と祝福を祈っています

メール登録をお願いします!

新しい記事を見逃したくない方はメール登録をどうぞ!新記事をメールでお知らせします。

6件のコメント

  1. ありのパパさんへ

    お早うございます。
    教会で小集会が出来れば、一番良いですよね。
    ただ、私の通っている教会では、以前自然発生的、自発的な教会員による小集会は、分裂・分派的行動と見なされていたようで無理そうです(泣)

    10年前に、12ステップではありませんが、分かち合いの小集会に参加したのですが(クリスチャン6人)、私が「両親に虐待されて育ち、カルト牧師から信仰による虐待を受け、今はアル中のドヤ街に住む日雇い労働者です」と言ったら皆さん途方に暮れてしまいました。
    慣れていないせいで上手くいかなかったのか、元々私が小集会に向いていないのか、よくわかりません。

    聖霊論は、若い頃はアンドリュー・マーレー、オズワルド・J・スミス、ある英国の説教者、などの方々に共感、憧れを覚えましたが、今はチャック・スミス師の「受ける→満たされる→溢れ出る」が、一番しっくりくる感じです。

    ブログ記事ありがとうございました。やっぱり一度、12ステップミーティングに参加して見たいですね。

    1. こんばんは、マッキーさん。
      コメントをありがとうございます。

      「皆さん途方に暮れてしまいました」のところで笑ってしまいました。
      (私も含めてですが)クリスチャンはお坊ちゃん&お嬢ちゃんが多いように感じます。
      しかし自分が体験したことがないとしても、現実にしっかりと目を向けているなら、マッキーさんの体験は理解できることばかりです。
      私たちお互いは、苦労知らずの世間知らずにならないようにしたいものです。

      またコメントしてください。お待ちしています。

  2. こんばんは。ご無沙汰しております。
    何年か前に、異言について質問させていただいた、ペンギンと申します。
    私は、福音派の教会に所属しております。

    いつもブログを拝読させていただき、ありがとうございます。
    今日の内容は、正にその通りで耳が痛いです。

    異言を求めて何年も様々な集会に通い、祈っていただいたり、自分でもずっと祈ってきました。
    時には、もういただいているのでは?とか、はい今いただきましたから、と言われるのですが実感はなく、自宅で練習?をしても異言は出てきません。
    既にいただいているという信仰が薄いのでしょうか。

    ありのぱぱさんの異言と聖霊に関するブログは読ませていただいております。
    また、12ステップで棚卸しをして、短所を取り扱っていただきたいと祈っております。

    いただいている異言で祈るために、アドバイスをお願いいたします。

    1. こんにちは、ペンギンさん。
      コメントをありがとうございます。

      さて、「いただいている異言で祈るために、アドバイスをお願いいたします」とのことですが、そのようなアドバイスは果して存在するでしょうか?(笑)
      問題の核心は異言ではなく、聖霊に満たされ続けるところにあります。
      異言で祈ることは聖霊に満たされた生活の代わりにはなりません。
      ここを間違えるとペンテコステ信仰が異言信仰に堕してしまいます。
      そしてそのような信仰は聖書のどこにも出てきません。

      私たちお互いは異言を求めるのではなく、聖霊を求め、その聖霊に満たされる過程で祈りの賜物である異言を頂戴します。
      順序を決して逆にしてはなりません。
      よろしくお願いします。

      またコメントしてください。お待ちしています。

      1. ありがとうございます。
        いつまでもスタートラインに立っていると、焦りました。

        小グループのミーティングを週1回、12ステップ、悔い改めの祈りで、何か感違いしていました。

        恵みに感謝して、もう一度、初心に帰ります。

        1. こんばんは、ペンギンさん。
          コメントをありがとうございます。

          共に「神の恵みによって」生かされて生きる人生を歩みたいものです。

          またコメントしてください。お待ちしています。
          (追伸:実名は止めてね(笑)。次回から名前欄にニックネームを記入してくださるようにお願いします。)

コメントは受け付けていません。