神に短所を取り除いてもらう準備がすべて整ったとはどういう意味か?

(2020/01/27記事更新)ステップの6と7に取り組もうとする多くの人が「何をすれば取り組んだことになるのか分からない」と言います。
この記事では「準備」という言葉の真の意味を解説しています。

1.ステップの6は自分の短所を神に取り除いてもらう準備

一見すると6・7は一つの塊(かたまり)であるようにも思えます。
しかし、そうではありません。

ステップ6でやらなければならない大切な作業があります。
それが神に取り除いていただく「準備」です。
準備とはなんでしょうか?

ステップに取り組む多くの仲間が「短所を取り除いてください」と祈って、「このステップは終わった!」ということにします。
しかし「祈ったつもり」と「真に祈った」とは全然違うことです。

①準備の中身はどのようなものか?

たとえば恐れと不正直が、あなたの短所だとします。
あなたは長い間、この短所たちと仲良く暮らしてきました。
「私は仲良く暮らしてなんかいない!苦しんできた」という方もおられるでしょう。
それは確かにその通りであると思います。
しかし一方で「ほんとに仕方ないわね」と言いつつ、その存在を許容していたのもまた、あなたご自身ではなかったでしょうか?

②準備の大切さ

一つの譬(たと)え話があります。
あるところにお百姓さんがおりました。
その年は日照りのため、神に雨が降るように願い求めました。
祈りの結果、雨が降りました。
しかし雨が降ったときに備えて用水路を掘っていなかったため、農作物がみな雨に流されてしまいました。

この譬え話が教えるのは、神に御業(みわざ)を願い求める前に、それが与えられた時に慌(あわ)てないように準備しておく必要があるということです。

③ありのパパの経験

自分の人生を振り返ってみると、無意識に恐れと不正直を利用してきたことを認めざるを得ません。

恐れのために良く確かめることをせず物事を決めつけました。
また不正直さのために傷つくことを恐れて精一杯の弁明をせず、事態が悪化するに任せました。

これらの短所はありのパパの人生を傷つけた一方で、楽ちんな人生を送らせたということができます。
なぜなら恐れのゆえに殻(から)にこもり、不正直のゆえに果たすべき説明責任を果たさないでいれば、それは楽なのに決まっているからです。

2.準備de go!

もし短所を捨てるなら、今までの人生は比べて遥かに骨の折れる人生が待ち受けています。
あなたにはその準備ができておられますか?
これが「神に取り除いてもらう準備が『すべて』整った」ということの意味です。

この準備をしないでステップ7に進んだとしても待ち受けているのは戸惑(とまど)いと混乱と失望ではないでしょうか?

私たちは自分に馴染んだ手練手管(てれんてくだ)を手放す決心はついているでしょうか?
お互いは今一度、自分の心のうちを省(かえり)みたいものです。

◎回復と平安と祝福を祈っています。

メール登録をお願いします!

新しい記事を見逃したくない方はメール登録をどうぞ!新記事をメールでお知らせします。