高速バスを使った節約術と疲れない高速バスの乗り方をご紹介!

(2019/10/30記事更新)高速バスの運賃は新幹線の半分以下です。
ありのパパは高速バスを使い、毎年二十万円から三十万円を節約しています。
この記事では高速バスの実際的な利用方法と疲れない乗り方を解説しています。

1.高速バスを使った節約の方法

①検索アプリを活用する

ありのパパはどこかへ行く時、まずスマホのアプリの乗換案内で検索をします。
その時に表示されたものの中から選択をするのが自然な流れとなっています。

ここで気を付けることは通常のままでは余程のことがない限り、高速バスが候補に出てくることはないということです。
しかし2つの点を変更するだけで問題は解決します。

一つは、設定で「新幹線を利用しない」を選択することです。

もう一つは、出発欄や到着欄に、渋谷に行く場合なら「渋谷」と入れずに「渋谷駅前」と入力することです。
そうすると候補に「渋谷駅前バスターミナル」が出てくるようになります。

この2点を考慮するだけで、普段使っている乗換案内アプリが高速バス乗換案内アプリに変身します。

②「高速バスネット」(ウェブサイトの名前です)を利用する

利用するバス路線が決まったら、今度は予約します。
なぜ予約をお勧めするかと言いますと、高速バスは予約割引率が高いからです。
なおクレジットカードで支払うと更に約5%の割引になります(路線により異なります)。

③狙い目は新幹線オンリーの区間ではなく、在来線と新幹線の組み合わせ区間

東京大阪間ですと新幹線一本で行けます。
この区間を高速バスで行くと、時間は三倍掛かり、費用は半分です。

ありのパパなら時間が三倍かかるのなら、費用も三分の一じゃないとメリットがないと感じます。
それで余程のことがない限り新幹線オンリー区間での高速バス利用は控えるようになりました。

これに対して在来線と新幹線の組み合わせ区間では高速バスのメリットは倍増します。
在来線から新幹線への乗り換え時間・待ち時間のあいだも高速バスは道路をひた走っています。
それで時間は2倍かかるが、費用も半分で済むということになります。
これですとメリットが大きいです。

一ヶ月に2回の利用で年間約20万円の節約になる高速バスですが、10年間では200万円、30年間では600万円の節約になります(これは一回の移動を200㎞~300㎞で計算した場合です)。
まさにチリも積もれば山となるを地で行っていると言えないでしょうか?
どうぞ皆さんも高速バスをご利用ください。

2.疲れない高速バスの利用術

ありのパパがはじめて高速バスに乗ったとき、腰は痛くなるし、イライラして精神的に疲れるし、肉体的にも疲れて翌日の仕事に支障ができるしで散々でした。
しかし小さな工夫をかさねて疲れ方が許容範囲に収まるようになりました。
ありのパパの小さな工夫をご紹介します。

①車内では靴を脱ぐ

靴を履いたまま過ごすか、脱いでおくかで疲れ方が大分ちがいます。
ありのパパは靴下を脱いで裸足で過ごすときもあります。

②荷物は網棚(あみだな)に置く

女性で特に多いのが、荷物を膝の上に置いたり、床の上に置いている人です。
これをやると体を自由に動かせなくなってしまい、バスを降りる時には体がカチカチ・コチコチになってしまいます。
面倒だと思っても荷物は網棚におくことです。
そうすると体をその分自由に動かせることが出来ます。

③休憩所ごとに降りてストレッチする

4時間程度の旅ですと大体2回ほど10分程度の休憩があります。
その際に必ずストレッチを行います。
首・肩・背中・腰・脚をまんべんなく伸ばしたり回したりします。
これをやるだけでバスを降りた時の体のこり具合が全然ちがいます。

④ノイズキャンセルヘッドホンを活用する

高速バスで若い人々が騒いだり、おばさんたちが大きな声でずっと話していたりすることがよくあります。
悪気はないのでしょうが、気に障(さわ)ります。
そのような時のためのアイテムがノイズキャンセルヘッドホンです。
これを付けているだけで「いくらでも騒げ!こちとら平気だぜ」と余裕でいることができます。

この製品の良いところは連続使用時間が8時間であるところです。
高速バス片道時間が4時間程度であるとすると、日帰りで往復しても充電せずに使うことが可能です。

⑤高速バスで読書マラソンを行う

車中の4時間ぐらいの時間をどう過ごすかが精神的疲れにダイレクトに影響します。
ありのパパはこの約4時間を「一人読書マラソン」の時間にしています。
スマホの時間管理アプリを使って、読書時間を正確に計ります。
こうすると明確な目標があるため、手持ちぶたさを感じません。

⑥休憩所で弁当を買って車内で食事をすます

休憩のときに弁当を買い、車内で食事をします。
新幹線を利用する時、目的地に着いてから食事をする場合が多かったのですが、この食事の時間を高速バスの中で過ごすことが出来れば、その分が時間の節約になります。

⑦休憩所ではコンビニを利用する

以前ですと高速バスの休憩所にある売店はどこも値段が高く設定されていました。
いわゆる観光地価格というやつです。

しかし最近ではコンビニエンスストアが出店するようになり、都市部にあるコンビニと同じ値段で商品を買うことが出来るようになりました。

一つ一つは何でもないようなことですが、これらを積み重ねると大きな効果があります。
是非皆さんも試してごらんになられますようお勧めします。

◎平安と祝福を祈っています。

メール登録をお願いします!

新しい記事を見逃したくない方はメール登録をどうぞ!新記事をメールでお知らせします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました