ACoAスカイプミーティングへのお誘い

スポンサーリンク

ACoAスカイプミーティングが始まりました。
時間は2017/06/18より毎週日曜日午前8時〜9時までです。
参加方法などはACoAスカイプミーティングホームページをご参照ください。
このミーティングはACoAによって公認されたミーティングです。

当ブログでは、ACoAスカイプミーティングとEAスカイプミーティングの2つをご紹介しています。
それで、読者の方で「私はどちらに参加すれば良いの?」という方がいらっしゃるかも知れません。
そのため各々のミーティングの特徴をお知らせすることにしました。
どうぞ、参考になさってください。

○ランドリーリストに当てはまるか?

アダルトチルドレンの特徴と言われるものにランドリーリストがあります。
これに合致するところが多いと感じられた方はACoAに、そうでもないと感じられた方はEAに参加してみるのも良いかもしれません。

ランドリーリスト

アダルトチルドレンの14の特徴

1.私たちは孤立し、人や権威者を恐れるようになった。

2.私たちは承認を追い求め、その過程でアイデンティティを失った。

3.私たちは怒っている人やいかなる個人的な批判にも怯える。

4.私たちは病的な見捨てられ欲求を満たすために、自分がアルコール依存症になるかアルコール依存症者と結婚するか、またはその両方か、あるいはワーカホリックのような強迫的な性格の人を探し当てたりする。

5.私たちは被害者の視点で人生を生き、恋愛や友人関係においてその弱さで引きつけられる。

6.私たちは過剰な責任感を持っていて、自分よりも他人のことを気にかけるほうがたやすく、そうすることで自分自身の欠点などをよく見ないですむ。

7.私たちは人に譲歩しないで自己主張しようとすると罪悪感を感じる。

8.私たちは興奮することに嗜癖(しへき)するようになった。

9.私たちは愛を哀れみと取り違え、「哀れんだり」「救ってあげたり」できる人を「愛する」傾向がある。

10.私たちはトラウマを負った子ども時代から自分の感情を「押し込めてきた」。そしてあまりにも痛いので、自分の感情を感じたり表現したりする能力を失った。(否認)

11.私たちは自分自身を厳しく裁き、自己評価が非常に低い。

12.私たちは見捨てられることを極度に恐れる依存的人格である。そして見捨てられる痛みを経験しないためにはどんなことをしてでも人間関係にしがみつこうとする。この見捨てられる痛みは、私たちにとって情緒的に関われない病んだ人たちと生活したことから受け取ったものである。

13.アルコール依存症は家族の病気である。私たちはパラアルコホーリックになり、たとえ自分は飲まなくてもその病気の特徴を受け継いでいる。

14.パラアルコホーリックは、自ら行動する人というよりも反応する人である。

○お一人の発言時間

ACoAスカイプミーティングでは全体の時間が一時間ということもあり、お一人5分以内にすることが勧められています。
EAスカイプミーティングでは5名の定員制を採用していることもあり、お一人15分程度となっています。

時間が短いと自分の問題の核心部分がかえって明らかになりやすいと感じます。
それはグズグズと自分の話をしている暇がないからです(笑)。

一方、時間がたっぷりあるのも良いと感じています。
なぜなら、ある程度の時間を費やさないと自分の本音が見えてこないということがあるからです。

そういうわけで、ありのパパは両方のミーティングの特徴を楽しんでいます。

○テキスト

ACoAスカイプミーティングではビッグレッドブックという書籍から教えられたことの分かち合いが中心となります。
EAスカイプミーティングでは感情と情緒の問題からの回復に関することならなんでも分かち合うことが出来ます。

ACoAスカイプミーティングではビッグレッドブックの読み合わせが必ずあります。
毎回、そこから教えられることが大変多いです。
ミーティングに出席して、泣き言を言ったり、毒吐きをするだけではないことを感謝しています。

一方、EAスカイプミーティングでは自分の話をある程度自由に話すことが出来ます。
急かされているような感じは全く無く、自由に自分の心を見つめることが出来ます。

ありのパパにとっては両方が必要だと感じています。

○どうぞ、ご自分にあっていると感じるミーティングに参加なさってみてください。

ACoAスカイプミーティング

EAスカイプミーティング

スポンサーリンク