アダルトチルドレンは人が怖いので孤立を嗜癖として使う!

気がつくと人々から孤立しているという方はおられないでしょうか?
そのような方はアダルトチルドレンである可能性があります。
この記事ではどうしたら人々から孤立するという問題を解決できるかを解説しています。

        

1.アダルトチルドレンは人が怖いので孤立を嗜癖として使う!

アダルトチルドレン(AC)が回復しようと願うなら、まず自分が何に嗜癖しているのかに気づく必要があります。
自分が嗜癖していることに気づかない限り、いつまで経っても「自分は被害者であり、かわいそうな存在」のままです。

アダルトチルドレンと話していてよく聞くのが「私は特別な嗜癖はもっていないけど生きづらさを抱えている」というセリフです。
厳しいことを書いて申し訳ないのですが、ありのパパはそのセリフを聞くたびに心の中で「けっ、よく言うよ。嗜癖してないならアダルトチルドレンではあり得ないし、アダルトチルドレンであるなら嗜癖を持っていないということはあり得ない」と毒を吐いています(笑)。

『アダルトチルドレンの問題』と呼ばれるものには13個の特徴が書き記されています。
その中でも最もACにとって一般的であり重大な嗜癖となっているのが「人々から孤立する」ということです。
多くのACは「私は孤立を嗜癖として使ってなんかいません!ただ気づくと孤立してしまっているだけなんです!」と言われます。
それを聞いてありのパパは心の中で「それを嗜癖って言うんだけどね」とボソっとささやくのです。

アルコール依存症者は好きで酒を飲んでいるわけではありません。
飲んではならないと分かっているのにどうしても飲んでしまうのです。
だから自分が孤立を嗜癖として使っていることを認められないACはアルコール・薬物・ギャンブルなどの依存症の方の分かち合いを聞くといいでしょう。
そうしたら嗜癖とは何かを理解することができるかもしれません。

        

2.すべての人に恐れがあるが、孤立を嗜癖として使うのはACだけ

①すべての人がもっている恐れ

多くのアダルトチルドレンは自分の中にある恐れと孤立を区別して考えることに失敗しています。
そういうありのパパも「これは別物だ」と気づけたのは最近のことです。

すべての人の心の中に人への恐れがあります。
そして依存症に罹患しやすい人々は特にその傾向を強くもっています。
ありのパパはいろいろな依存症者の方に話をお伺いしましたが、それらの方々の全員が人への恐れを強くもっていました。

問題はその次です。
人への恐れは嗜癖ではないということです。
ですから「私は恐れに対して無力であることを認め、自分を超えた大きな力が私を健康な心に戻してくれると信じます」と告白しても、効果はありません。

なぜ効果がないかと言えば恐れは嗜癖ではないからです。
嗜癖なら無力を認め、自分を超えた大きな力を信頼するなら止みます。
しかし嗜癖でないなら何千回無力を認めても効果はありません。

②アダルトチルドレンがもっている最大の嗜癖は孤立

まず孤立することをこれまでの人生の中で嗜癖として使ってきたことに気づく必要があります。
孤立は目に見えませんから自分では気づきにくいものです。
孤立は内向的と勘違いしやすいですが、内向的ということとは違います。
また孤立は「人付き合いが苦手」ということとも異なります。

問題の核心は孤立することを嗜癖として使っているところにあります。
ありのパパは自分の人生を俯瞰(ふかん)したとき、「大人になってからの自分は明らかに孤立することを嗜癖として使ってきた」ことに気づけました。

「今度から孤立しないようにしよう」「今日は仕方ないが、明日からは改善を心がけよう」と思いましたが、「今度から」も「明日から」もついにありのパパの人生に訪れることはありませんでした。
それは取りも直さず孤立を嗜癖として使っていることの動かぬ証拠でした。

孤立を嗜癖として使っていてもアルコール依存症などとは違い、肉体が死ぬことはありませんし、怒り依存症などのように社会的な死を迎えることもないかもしれません。
しかし確実に人生を棒に振ることになります。
「棒に振ってもいい」と思う方もいるかもしれませんが、これは「人生の死」ということです。
肉体的に死ぬのも、社会的に死ぬのも、人生の死も本質的には同じことです。

③依存症は理性が無力化される病気

我が国ではACの回復というとカウンセリング的アプローチが一般的です。
しかしありのパパはそのやり方に疑義を唱える者です。
なぜなら依存症の特徴は脳の報酬系に依存症回路ができることにより、前頭葉が司(つかど)る理性が無力化されるところにあるからです。

これに対してカウンセリングは理性を活用することによって問題を解決しようとするものですが、そもそも理性が無力化されているのですからカウンセリングの効果は限定的なものにならざるを得ません。

        

3.どうやって孤立することから回復すればよいか?

第一に自分が孤立することを嗜癖として使う楽ちんな人生を生きてきたことを認めることです。
これがステップ1の無力を認めることです。

第二に棚卸し作業に取り組みます。
ACにとって自分の秘密を他人に打ち明けるのは非常な困難が伴います。
やってみれば何でもないことが分かりますが、やる前は恐怖心に囚われます。
どうぞ「えい、やっ!」の心意気でぶつかっていただきたいです。

第三に新しい行動パターンを生きることに全力で取り組みます。
ありのパパの新しい行動パターンは「すべての人に敬意をもって接することに全力を尽くす」ことですが、それをしているときだけ「人が怖いという人への恐れ」を自分の中から締め出すことができます。

人の意志にはある特徴があり、それは一つのことに全力を尽くしていると他の考えを締め出してしまうという特徴です。
この特徴を自覚的に活用します。

今までは「人に傷つけられたらどうしよう」と自分のことばかり心配していたのですが、相手の方だって「ありのパパに傷つけられたらどうしよう」と心配しているかもしれないのです。
だから一旦自分の心配は脇にどけて「少なくとも私はあなたを傷つけないということを相手の方に分かっていただくにはどう振る舞えばいいだろうか?」ということに全力を尽くすのです。

そうしたらアラ不思議!その時だけ「人が怖いという人への恐れ」がありのパパの中からなくなるということを体験しました。

人への恐れが締め出されれば孤立は止みます。
なぜなら自分から人々に声をかけるようになりますから孤立とは無縁の人生を送るようになります。

もちろんこのような状態になっても、孤立を嗜癖として使ってきましたから強迫観念が「孤立しちゃえばいいんだよ。そっちのほうが楽ちんだよ!」と嘘を教えます。
しかし自分の中に不快感情がない状態では強迫観念が教える嘘を容易に見破ることができます。

◎回復と平安を祈っています。

メール登録をお願いします!

新しい記事を見逃したくない方はメール登録をどうぞ!新記事をメールでお知らせします。

こちらの記事もどうぞ

6 Replies to “アダルトチルドレンは人が怖いので孤立を嗜癖として使う!”

  1. とても久しぶりのコメントになります。くまです。
    いつも記事を興味深く読ませていただいています。

    質問です。
    自己点検をし過ぎると罠にはまるなど、自分の内側を探り過ぎると迷宮入りするので危険だと心療内科医や心理士がよく言うことがあります。
    私もそう思います。しかし自分の言動を振り返り、誤りに気がついて修正することも大切だと思います。

    振り返りの時「なんであんなことをしてしまったんだ」、同じことを繰り返し過ぎたり、他者を受け入れられなかったり、どうしようもなく落ち込み、結局自分の事に執着して他者へ気持ちが向きません。

    淡々と棚卸しをすればよいのだと思いますが、そのエネルギーがありません。
    そこで淡々と棚卸しをできるコツがあれば教えてください。 
    また「自己点検はここでストップ!」という目安があれば教えてください。

    宜しくお願いします。

  2. こんばんは、くまさん。お久しぶりです。

    正直な心をもってご質問にお答えしますね。

    『自己点検をし過ぎると罠にはまるなど、自分の内側を探り過ぎると迷宮入りするので危険だと心療内科医や心理士がよく言うことがあります』

    12ステップの棚卸しは簡単な原則に従って行うものです。
    無秩序に、心の赴くまま行うものではありません。
    心理療法やカウンセリングで行われるような連想療法や来談者中心療法とは異なります。
    ですからその心配は無用です。

    『振り返りの時「なんであんなことをしてしまったんだ」、同じことを繰り返し過ぎたり、他者を受け入れられなかったり、どうしようもなく落ち込み、結局自分の事に執着して他者へ気持ちが向きません』

    「なんであんなことをしてしまったんだ」というのは不快感情の罪悪感ないし後悔に当たります。

    不快感情が起きたのは感情が暴走したからであり、感情が暴走したのは本能が傷ついたからであり、さらに本能が傷ついたのは自分の性格上の欠点からくる行動パターンが真の原因であるというのが12ステップの理解です。

    棚卸しは自分のためにやるものであり、他人に目を向けるためにやるものではありません。

    『淡々と棚卸しをすればよいのだと思いますが、そのエネルギーがありません。そこで淡々と棚卸しをできるコツがあれば教えてください』

    棚卸しのコツは①どの感情が暴走したのか?②どの本能が傷ついたのか?③どの性格上の欠点が原因か?をそれこそ淡々と①から③の順番でおやりになることです。

    『また「自己点検はここでストップ!」という目安があれば教えてください』

    「なんだ!今回も自分の側に過ちがあったのか!てっきり相手が悪いとばかり思い込んでいたのに」とそんな自分が笑えるまで、心が軽くなるまで棚卸しをします。

    平安と祝福を祈っています。

  3. 早速の返信、ありがとうございます。
    棚卸は他人に目を向ける為にやるものではないことと、淡々と棚卸をする方法を教えてくださり、ありがとうございます。
    「なんだ!今回も自分の側に過ちがあったのか!~」と思うことはしょっちゅうで、笑えたらよいのですが、変わらない自分にいつも幻滅し気持ちが重いです。笑えて心が軽くなるまで続けることが必要なのですね。先が長い。。。

    でも、いつでも自分が悪いとは限らないと思います。
    こちらが他人に対し苛立ってしまうとき、相手にも非があるかどうかは、境界線を引いて相手の側の非も客観的に考えて、こちらのできることをして、あとは神様にゆだねるというスタンスでよいのですよね?

    今、コメントしながら、いろいろな事例が思い浮かびます。
    他人の嫌なことを思い出すと、それに捕らわれしまう自分がいます。

  4. こんにちは、くまさん。
    コメントをありがとうございます。

    平安と回復を祈っています。

  5. ありのパパさん

    はじめまして、azuと申します。

    ネットで「AC 孤立 見捨てられ不安」と検索していたらありのパパさんのサイトに出会いました。

    私は40代の女性ですが、2年前に、家族とのケンカを契機に家出し、夫と二人の子供を残して実家に帰り、その後離婚しました。
    夫とは不仲でしたが、不倫や暴力があったわけではなく、私が孤立を嗜癖として使った結果、自ら離婚を選びました。

    私の母も、おそらくACで、孤立を嗜癖としている人です。
    子供のころから母に、「人を信じるな」というメッセージをずっと送られながら、過保護に育てられてきました。

    まだ自分がACと自覚していなかった時、離婚に突き進んでいった私を、母は生活面や金銭面で支えてくれました。
    しかし、実際に離婚し、子どもの親権も養育権も相手に渡したとき、父母は私に向かって、「孫に会えなくなってさびしい」と泣きました。
    私は泣くことができませんでした。

    私は母を共依存者として、嗜癖として家族から孤立することを選んでしまったのだと思います。

    ありのパパさんのサイトをみて、孤立が嗜癖だと知ることができたのは、私にとって幸いでした。
    家を出てから子供たちの事を思い出さない日はなく、自分の行動を一生後悔し続けると思います。
    これからずっと一人で生きられるのか、不安もあります。
    けれど、自分自身を見つめなおし、嗜癖を手放すことができるように努力してみたいと思いました。

    ありがとうございました。

  6. こんにちは、azuさん。
    初めてのコメントをありがとうございます。

    「過去と他者は変えられない。変えられるのは今の自分だけ」という言葉があります。
    今の自分を変えられることさえできれば、ご自分の未来を変えることが可能です。
    どうぞ、12ステッププログラムに徹底して取り組んでください。
    そうしたら変えられた人生の実現は「全ての人に約束されている」ことです。

    回復と平安を祈っています。

    ありのパパ

どうぞコメントをお残しください。初めてコメントなさる方は必ず自己紹介をお願いします。自己紹介のないコメントを承認することはありません。詳しくは[お知らせ]の[コメントしてくださる方へ]をご覧ください。