アダルトチルドレンが自分自身を厳しく裁く原因と回復する方法!

アダルトチルドレンには「私たちは自分自身を厳しく裁く。そのためセルフイメージ(自己評価)が非常に低い」という問題があります。
この記事では厳しく裁く原因をまず明らかにし、そこから回復していく方法を解説します。

        

1.厳しく裁く原因は完璧主義

アダルトチルドレンが自分自身を厳しく裁くのは完璧主義が原因です。

完璧主義の出所(でどころ)は「自分は完璧でなければ生きていてはいけない」という間違った思い込みです。
ですから一般の人の「できたら完璧のほうがいいよね」というのとは全く違います。

アダルトチルドレンは死ぬ気で完璧を目指します。
しかし当たり前のことですが、完璧などというものはこの世には存在しません。
そうするとどうなるかというと自分自身を厳しく裁くようになります。

        

2.自己評価が非常に低い理由

アダルトチルドレンの自己評価が低いのは病的な完璧主義が原因です。
自己評価とは今まで自分が行ってきた仕事・人間関係の有り様などの総体的なものです。
アダルトチルドレンは良くやったことは忘れ、失敗したことだけを鮮明に覚えているものです。
その結果として自己評価が低くなるのはある意味では当然のことです。

        

3.自尊心が傷つく理由

共存本能には自尊心と対人関係があります。
共存本能とは人々とうまくやっていきたいという根源的な願いです。
この根源的な願いがうまく行かないとき「こんな私はダメな存在だ!」と感じ、自尊心が傷つきます。
そして当然のことながら対人関係も傷つきます。
対人関係が傷つくとは対人関係に自信をなくすということです。

4.低い自己評価を嗜癖として使っている

アダルトチルドレンは依存症の一種であるというとき、それはアダルトチルドレンの13の問題行動を嗜癖として使っているという意味です。

アダルトチルドレンの人と話をしていてよく出てくるセリフが「私は自己評価が低く、自尊心も傷ついています」というものです。
多くの場合に「ではあなたはそれを克服するために何をしていますか?」と質問しても答えられない場合がほとんどです。

これは取りも直さず、低い自己評価や傷ついた自尊心を嗜癖として使っているということです。
それはそうしているほうが楽ちんだからです。
しかしその代わり人生を棒に振ることになリます。
それがいやなら自己評価をアップさせる方法・自尊心が傷つかなくなる方法を修得し実践する以外にありません。

5.解決は自己一致

自己一致とは何を指しているかというと、不正直な行動をしないということです。
ありのパパを含めたアダルトチルドレンや依存症者の多くが、不正直な対応をして、その結果として人を恨んでいます。

その恨みは相手に向かいますが、自分の中にいるもう一人の自分、すなわち自分自身という存在はその不正直な行動をしているあなたに対して正確なジャッジを行います。
「お前は本当に臆病なやつだな」「お前は本当に卑怯やつだな」「お前は生きている価値のない人間のクズだ」という具合です。

これが自尊心が傷ついた本当の理由だったのです。
今の今まで自分が傷ついたのは無遠慮で無思慮な他人が傷つけたと思っていたのは間違いでした。
真犯人は別にいたというわけです。

多くの場合に恐れが動機となって不正直な行動をしています。
ですから解決は古い行動パターンを使わないで生きていくことです。
解決策は新しい行動パターンを全力を使うことによって古い行動パターンの出番をなくすことです。

そうしたら自分自身という存在はあなたに今までとは違う語りかけをしてくれるようになります。
「お前は一生懸命やっているよ」「お前は偉いよ」

こうなると自尊心は傷つくどころか却ってアップします。
また自己評価もうなぎのぼりに高くなっていきます。
こうして私たちは生きることが楽になります。

◎回復と平安を祈っています。

        

どうぞコメントをお残しください。初めてコメントなさる方は必ず自己紹介をお願いします。自己紹介のないコメントを承認することはありません。詳しくは[お知らせ]の[コメントしてくださる方へ]をご覧ください。