目に見えない神の力が自分に与えられているとどうやって知るのか?

12ステッププログラムに取り組む人々の中には「霊的に目覚めることが解決策と言われても、目に見えないものが自分に与えられているとどうやって知ることができるのだろうか?」と疑問に思っておられる方も多いのではないでしょうか?

今日の記事はそのような方々の疑問が解けることを願って書きました。

        

1.神の力を使って自己実現しようとする生き方の放棄

神を信じない人の生き方は自己意志を我力で実践することです。
神を信じる人の生き方は神の意志を神の力で実践することです。

これに対して共依存症者は自己意志を神の力で実践しようとします。
これは決してうまく行きません。
なぜなら神の力は神の意志を実践しようとしているときにだけ与えられるものだからです。

それで共依存症者は自己意志を神の意志と思い込もうとしてペテン師・魔術師のような真似をします。
しかし自分を騙すことはできても、神を騙すことなどはできることではありません。

2.自己意志を神の意志と思い込もうとしてないか?

共依存症者が自己意志を神の意志に粉飾するなどはお手の物です。
しかしそうやって自分を欺き、神を欺こうとしている限り、人生の歯車は空回りするばかりです。
本人は「おっかしいな〜。こんなに一生懸命に生きているのになぜ自分の人生は思い通りにいかないのだろうか?」と訝(いぶか)しんでいます。

共依存症者の祈りの特徴は「あなた(神)は私の祈りを聴いてくださらなければなりません」というものです。
まるで神を自分の奴隷扱いしています。
しかし神は人の思い通りに奴隷のように動かされる存在ではありません。

この点で「引き寄せ」とか「スピリチュアル」と呼ばれるものは詐欺まがいのものでしかありません。

        

3.ステップ3でささげた自己意志を、ステップ11では神の意志を実践する道具として用いることを決心する

神を私たちの思い通りに動かす方法がひとつだけあります。
それは私たちが神の意志だけを実践すると決めることです。

神の意志を見つける方法を述べます。
まず神の意志であると思うことをやってみます。
それがうまくいかなかったら「これは神の意志ではなかった。では次を試してみよう」とします。
そして「これが間違いなく神の意志である」というところに達するまで繰り返します。

これを「トライ&エラーを繰り返して神の意志に到達する」と言います。

依存症者の思考の特徴は駄目だと分かっていることを今度こそ上手くいくかも知れないと根拠なく考え実行することです。

気をつけたいことはクリスチャンの中にも同じ傾向があるということです。
「信じ込んだら百年目!実現するまで信じ続けます!」
いやいや、それは依存症者の考え方だから!(笑)

4.神の意志を知ることと、それを実践する力だけを求め始めるときに人生は変わる

自己意志を我力で実践しようとして私たちは人生が行き詰まりました。
またある人は自己意志を神の意志であると自分を洗脳して神の力を利用しようとしました。

いづれの場合も神の力は与えられず、事態はより一層悪化しました。
それでとうとう私たちは自分自身に対しても神に対しても白旗をあげます。

「神様、自己意志に従って生きることが最善であると信じて疑わず生きてきましたが、その結果私の人生はどうにもならなくなりました。それでこれからは自己意志を神の意志を実践する道具としてあなたにささげます。どうぞ、私を使ってください。あなたの道具として私を用いてくださいますように」と祈ります。

このようにして新しい生き方を実践し始めるとき、それまでは1mmも動かず空回りするばかりだった人生の歯車が静かに回り始めるようになります。

自分でも「これは確かに奇跡だ!」と実感します。
自分ではできなかったことを神が代わりにしてくださっているのを感じるようになります。
心の静けさということを誰に教えてもらわなくても実感するようになります。
人間関係のトラブルは過去のものとなり、経済的不安もなくなります。
かつてはどのように対処すればよいか分からなかったことに対しても、直感的に対処できるようになります。

このように「ステップ9の約束」と呼ばれるものがことごとく自分の中に実現しているのを実感するようになります。

5.人生が変わるためには神の力が必要

ところで12ステップに取り組んだ結果、霊的に目覚めたにもかかわらず何かが欠けていると感じる人々がおられます。

これらの人々に共通することは祈っていないということです。
あたかも神の意志を実践しようとしたら自動的に神の力が与えられるとでも思っているかのようです。

しかしそうではありません。
日ごとに、朝ごとに、今日一日分の神の力を求めて祈る必要があります。
アメリカのアルコホーリクス・アノニマスの人々は朝起きたらベッドの脇にひざまずいて神の守りと力を求めて祈ります。

ありのパパは布団で寝ていますので、朝起きたら頭を枕にこすりつけて「神の意志を知ることと、それを実践する力だけを求めます」と祈ります。
このようにしないで一日を始めたことはありません。

この記事を読んでおられるあなたはいかがでしょうか?
もし祈っておられないなら今日から祈り始めてください。
そうしたら目に見えない神の力があなたを満たすようになります。

◎回復と平安を祈っています。

        

どうぞコメントをお残しください。初めてコメントなさる方は必ず自己紹介をお願いします。自己紹介のないコメントを承認することはありません。詳しくはメニューの「コメントしてくださる方へ」をご覧ください。