自助グループに参加するだけでは依存症から回復することはできない

12ステッププログラムに取り組まないで、ミーティングに参加するだけでは依存症は克服できませんし、人生は一ミリも変わることがありません。
なぜでしょうか?
その理由をご説明します。

スポンサーリンク

1.強迫観念は仲間といない一人のときに襲ってくる

強迫観念とは依存症の二つの特徴のうちの一つであり、それは精神の面における働きです。

アルコール依存症者が「飲んではいけない」と分かっているにもかかわらず飲んでしまうのは、この強迫観念が教える嘘にコロッと騙されてしまうことによります。

同様に怒り依存症者が(ありのパパのことです)「怒りを爆発させてはならない」と分かっているにもかかわらず、穏やかに話そうと思って口を開いたにもかかわらず、次の瞬間には大声を上げているのは、この強迫観念が原因です。

この強迫観念はいつでも働くのですが、ただ一つだけ働かない場所と時があります。
それは依存症のミーティング会場で仲間と一緒にいるときです。
この時だけは強迫観念は働きません。
それで依存症者の仲間たちはミーティングに数多く参加しようとします。

しかし、それは無駄です。
もちろんミーティングに多く参加することが無駄だと言っているのではありません。
そうではなくミーティングに多く参加することによって強迫観念に打ち勝とうとすることが無駄だと言っているのです。

どんなに多くミーティングに参加しようとも、仲間と一緒にいない時間は必ずあるわけであり、その時間に強迫観念が襲ってくればひとたまりもありません。

2.強迫観念とは思考回路のスイッチのようなもの

強迫観念と渇望現象がやって来る場所は脳の報酬系という部位にあります。
このところに依存症回路がいったん出来てしまうと、それがなくなることは死ぬまでないと言われています。

私たちは、この依存症回路のスイッチを入れないようにと頑張るのですが、厳しいことを言ってしまうと、それは無駄な戦いです。
なぜなら、このスイッチは壊れていてバカになっているのです。
要するにスイッチが入りっぱなしになっているのです。

3.思考習慣の依存症であるACや共依存症における強迫観念

物質依存であるアルコール依存症の場合は強迫観念は精神面にあらわれ、渇望現象は肉体面に現れます。

行為依存であるギャンブル依存症や怒り依存症では強迫観念も渇望現象も精神面に現れます。

では物質依存でもなく行為依存でもないACや共依存症はどのような現れ方をするのでしょうか?

共依存症者の場合は他者を支配・コントロールしてはいけないと思っているのに、いざとなると支配・コントロールしてしまい、それが間違いであると気づいたあとでも支配を止めることができず、人間関係が破綻するまで延々と続けてしまいます。

アダルトチルドレンの場合は普段は「私は人なんか恐れてないも〜ん」と思っているのですが、いざとなると膝がガクガク震えて相手の言いなりになってしまいます。

そしてそのような対応が良くないと分かっているにもかかわらず、やっぱり延々と続けてしまいます。

この延々と続けることを「ブラックアウトするまで続ける」という言い方もします。

4.依存症者のスイッチは壊れているから、霊的目覚めが必要

どうしたらこの強迫観念のスイッチを入れないでおくことが出来るのでしょうか?
その答えは「12ステッププログラムに徹底して取り組むことによって『霊的目覚め』を得ること」ということになります。

霊的目覚めが与えられると、強迫観念が教える嘘を容易に見破ることが出来るようになります。

5.グループセラピー(集団療法)の利点と問題点

病院関係者やミーティングに初めてやって来る人々は、12ステップグループのミーティングをグループセラピーだと思っている人がほとんどではないでしょうか?

一般的なグループセラピーと12ステップミーティングの異なる点は何でしょうか?

グループセラピーはメンバーが自分の持っている問題を分かち合うことによって共感しあい、その共感の力によって慰めと力を得ることが目的の集まりです。

これに対して12ステップミーティングは12ステッププログラムに個人的に取り組んでいるメンバーが「自分はどのようにしてブログラムに取り組んでいるか」を分かち合う場所です。

ですから理念的にはグループセラピーと12ステップミーティングとは全く別のものです。
現実には12ステップミーティングにも共感と慰めと励ましがあります。
しかしグループセラピーには12ステッププログラムは存在しません。

12ステップミーティングをグループセラピーの代わりに参加しても慰めと励ましは得られるかも知れませんが、回復を得ることはできません。
なぜなら回復は霊的目覚めを得ることによってしか実現しないからです。

これが我が国の12ステップグループのメンバーの入れ替わりが激しい理由の一つではないかと、ありのパパは考えています。
12ステッププログラムに個人的に取組むことなしに、ある期間ミーティングに通って回復しないと「これはダメだ」となり、通うのをやめてしまうのです。

ありのパパは以前は何も言わなくても皆の分かち合いを聞いていれば自ずとステップに取組むようになるのではないかと考えていました。
しかし現在では新来会者に「ここは12ステップミーティングであり、個人的にプログラムに取り組んでいる人々の集まりです」と明確に申し上げる必要があると考えるようになりました。

依存症から回復するためには霊的目覚めを得ることが必須です。
これなしには決して強迫観念に打つ勝つことはできないし、依存症から真に回復することは不可能だからです。

◎回復と平安を祈っています。