今日一日の管理を明日の改善につなげるためには「たすくま」一択!

ありのパパが、ポモドーロ・テクニックと併用しているのが「たすくま」という時間&タスク管理アプリです。
このアプリは3600円もしますが、導入した結果、どのような成果が上がったでしょうか?ご報告します。

スポンサーリンク

1.なぜ単なる時間管理アプリではダメなのか?

時間管理アプリの中で最も優秀だったのがa timelogger2というアプリでした。

このアプリはありのパパを殺人容疑の疑いから救ってもくれましたので、本当に感謝しています。
(このアプリを刑事さんと見ながら「この時間には、これこれのことをしていました」と説明しました。その説明はこのアプリがあったからこそ説得力のあるものとなりました)
殺人事件の犯人にされかかったけど、12ステップによって乗り越えた!

これらのアプリを何年か使った結論としては、これらのアプリは「今日の管理」はできるが、それが「明日の改善」に繋がることはないということでした。

いくらなんでも一分単位で記録を取っていたら、明日の改善に繋がるだろうと考えていましたが、期待に反して全く改善に繋がることはありませんでした。

2.「たすくま」を使いはじめて実現したこと!

それで今年の正月(2017/01/02)から3600円もする「たすくま」を使い始めました。
そうしたところ驚くべきことが起きました。
使い出して6,7ヶ月経った時、改めて修正しなくても寝るまでの予定がしっかりと決まるようになっていたのです。

それまではやらなければならないこと、やりたいことが多すぎて、どれを止めるか、どれを減らすかなどに頭を悩ませていたのでした。
それがたすくまを使いはじめてわずか半年余りで仕事量が多すぎず少なすぎずの適量に調節されたのでした。

今では朝一でたすくまをチェックし、今日の段取りを調整しますが短い時間で済みます。
(実際にはこの時間に、昨日の振り返りと目標日記を書くことをしますので平均して18分ほど掛かっています)

皆さんの中で「ありとあらゆるアプリを試してみたが、それでも生活管理や仕事管理が改善されない」という方がおられましたら、たすくまを心からおすすめします。
3600円もしますが(しつこい!)、必ず元を取ることが出来ます。

3.様々なタイプのタスクシュート・アプリがある

このアプリはタスクシュートという原理に基づいています。
iphone用の「たすくま」のほか、Windowsパソコン用には「taskchute2」があります。
あと、クラウドにデータを保存する「TaskCute Cloud」というwebブラウザを利用するものもあります。

なお、「たすくま」の解説書が出ています。
たすくま<超入門>iPhoneが秘書になる
この本があると、初期設定の煩わしさから免れることができ、スムーズに毎日使い続けることができます。
ありのパパは、この本がなかったら「たすくま」を投げ出していたと思います。
それぐらい良い本です。
なお、この書籍はAmazonの電子書籍フォーマットであるキンドルで読むことができます。

◎平安と祝福を祈っています。

スポンサーリンク