12ステップの1を完全に理解すると、どんな良いことがあるか?

ありのパパに12ステッププログラムを教えてくれた方はこう言いました。
「他のステップは完全に理解するということはなく、最善をなせばそれでよい。しかし、ステップの1だけは完全に理解しなければならない。お腹にストンと落ちる経験がどうしても必要です。」

スポンサーリンク

1.ステップの1を完全に理解するとはどういうことか?

無力を完全に認めるということでしょうか?
もしそういうことなら、無力を認めた人は無気力になってしまうのではないかと思います。

では本当の意味でステップ1を完全に理解するとはどういうことでしょうか?

それは無力の原因を理解することです。
そしてその答えは「精神面での強迫観念と肉体面での渇望現象があるから、私たちは無力なのだ」ということになります。
この二つの問題、すなわち強迫観念と渇望現象があるゆえに私たちは依存症に対して無力なのです。

2.無力の根拠を知っておかなければならない理由

精神面での強迫観念と肉体面での渇望現象は死ぬまでなくならないということを理解したら、自分が無力であることを真に悟ります。
それまでは無力を認めたと言っても表面的なものにとどまらざるを得ません。
少し状態が良くなれば「治ったんじゃないか?」と根拠のない楽観主義にやられ、その結果脇が甘くなりスリップします。
真に無力を認めるまでは、このようなことを繰り返しがちです。
大切なことは感情的・情緒的に「あぁ、私は無力なんだ」と感じることではありません。
そうではなく論理的・意志的に「なるほど。この二つの問題があるから、私は無力なのだ」と腑に落ちることです。

ステップ1の「なぜ無力なのか?」の根拠を知らないままでステップ2に進んでもプログラムの効果は期待できません。

3.無力の理由が分かると回復への意欲を持つようになる

真に無力を認めることができたら、私たちは回復への意欲を持つことができます。
なぜでしょうか?
それは依存症の二つの問題に対して、二つの解決策が備えられているからです。
二つの解決策とは共同体(自助グループ)から得られる助けと支え、そして霊的目覚めです。

ただ単に「俺ら、無力だよな〜」と言っているだけでは、暇人の白昼夢に過ぎません。
しかし、なぜ自分は依存症に打ち勝つことが出来ないのかの真の理由を知るなら、様々なことが変化し始めます。
まずセルフイメージが変化します。
それまでは「自分は何て意志の弱い人間だ。自分は生きていてはいけない人間のクズだ」と自分でも内心は思っていたのです。
しかし「そうではない。依存症は意志の問題ではなく、病気だったのだ。シラフになろうとしてもシラフになれない医学的な理由があったのだ」ということに気づくと、「自分も変わることができる。自分も他の人と同じように健康な人生を送ることが可能なのだ!」と希望を持つようになります。
そして、この希望は失望に終わることがありません。(聖書)

スポンサーリンク

4.強迫観念と渇望現象って具体的にはどんなこと?

①精神面での強迫観念とは?

精神面での強迫観念とは、アルコール依存症における「最初の一杯の狂気」と呼ばれるものです。
「自分はいったん飲み始めるとブラックアウトするまで飲み続けるから、酒を一滴でも飲んではならない」と分かっているのに、つい飲んでしまうことを最初の一杯の狂気と言います。
これは言い方をかえると「うそを私たちに信じさせる力」ということも出来ます。
直前まで「飲んではいけない」と思っていたのに、その時になると「飲んじゃえばいいんだよ。一杯ぐらいどうってことないよ」と囁(ささや)きかける強迫観念のうそにたやすくやられてしまいます。

これを共依存症に置き換えるとどういうことになるでしょうか?
共依存症の最大の特徴は他人を自分の思い通りに変えてやろう、操(あや)ってやろうとする病的なコントール欲求です。
共依存症者は普段は「私は共依存症だから、人をコントロールしないようにしなきゃ」と思っているのです。
しかし気が付かないうちに「あの人は私が思うように動くべきだわ。どうしたら変えてやれるかしら?」などと考えているのです。
これが共依存症における強迫観念ということになります。

②肉体面での渇望現象とは?

肉体面での渇望現象とはアルコール依存症における「いったん飲み始めたらブラックアウトするまで飲み続けてしまう」ことです。
大多数の人々はある程度アルコールを摂取すると「これで十分だし、もうこれ以上は飲みたくない」と感じます。
しかしアルコール依存症者は「もっと飲みたい。もっと飲みたい!」と飲酒欲求が昂進(こうしん)します。

では物質依存や行為依存でない共依存症やアダルトチルドレンには渇望現象はないのでしょうか?
いいえ、そんなことはありません。
しっかりと存在します。
そうでないと依存症ではないということになってしまいますから(笑)。

共依存症者やアダルトチルドレンの方で、一回やってしまうと延々とやり続けてしまうという方はおられないでしょうか?
これの原因が渇望現象の仕業なのです。
「あぁ、そうか。渇望現象が犯人だったのか。私が悪いわけじゃなかったんだ!」と思った方よ。
あなたは勘違いしておられます。
なぜなら、それが分かっていながら最初のスリップをしたのは、あなたではありませんか?(笑)

依存症者が一回スリップしてしまうと延々と何回でもスリップを繰り返す原因は渇望現象にあります。
だから「一回ぐらいいいや」は真っ赤な大嘘に過ぎません。
この嘘を信じさせるのが強迫観念の仕業(しわざ)なのですが、実は本人も「一回ぐらいスリップしても、これで終わりにすればいい」と考えているフシもあります。
しかし一回スリップしたら、続いて渇望現象の波が襲ってきますので、渇望現象から来る欲求に抵抗することは不可能です。
これは12ステッププログラムの関係者だけが言っていることではなく、依存症治療に携わる医療関係者も言っていることです。

5.霊的目覚めが依存症の唯一の解決策

二つの問題のうち、渇望現象に効く薬はありません。
しかし精神面での強迫観念によく効く薬はあります。
それが12ステッププログラムです。
12ステップは霊的なプログラムですから、人の精神面に働きかけることができます。

霊的目覚めを得ると、強迫観念が囁(ささや)くウソを見破ることが出来るようになります。
それまでは出来なかったことが出来るようになります。
これこそが、12ステッププログラムが私たち与えてくれるものです。

強迫観念にさえ打ち勝つことが出来るなら、私たちは健康な人と同じような人生を送ることができます。
強迫観念に打ち勝つ唯一の解決策は霊的目覚めを得ることです。
この霊的目覚めは12ステップに徹底して取り組むなら、どなたにも与えられると約束されているものです。

このようなわけで、ステップの1を真に理解するなら、私たちは回復への強い意欲を持つようになります。
この意欲なしに12ステッププログラムをやり遂げることは不可能です。

◎回復と平安を祈っています。

スポンサーリンク