アダルトチルドレンが能面顔(のうめんがお)になる理由とは?

ACは「感情のない仮面」をつけて生きています。
この感情のない仮面の正体は、本当の自分を抑圧し、心の奥底に追いやったあとの、抜け殻の自分です。

1.子供時代に身につけたサバイバルの方法

これは子供時代を生き延びるために仕方なく身につけたサバイバルの手段でした。
しかし問題は、大人になった今はその手段を使う必要がないばかりか、それを使うことによって有害な影響を人生に与えるにもかかわらず、その古いやり口を手放すことができないでいることです。

抜け殻の自分は、心が健康な者から見ると「能面のような顔」に見えるらしいです(笑)。

子供に「お母さん、また変な顔してるよ」と言われるACの方の話を聞いたことがあります。

ありのパパ自身も小学生の頃、クラスメイトに自分の顔を描いてもらったところ「怒っているような、無表情のような顔」をしておりました。
担任教師が「ありのパパさんはもっと優しい顔をしている」と言ってくれたのですが、心のどこかで「見抜かれた、見透かされた」と感じている自分がいました。

2.「能面顔の人生」の本質

その生き方とは端的にいうと、感情を否認し、抑圧し、間違った合理化をすることでした。
これを手放すことは容易ではありません。

感情を否認する生き方は、ACの問題とかランドリーリストと呼ばれるものの10番目に明記されています。

「私たちは子供時代から自分の感情を押し込めてきた。そして結果として感情を感じることや、表現する力を失った」

アダルトチルドレンの特徴にはどんなものがある?

3.どうやって回復の道を歩んでいくか?

依存症の問題は2つあります。
精神面での強迫観念と、肉体面での渇望現象です。
このうち12ステッププログラムが効くのは精神面での強迫観念だけです。
しかしそうは言っても強迫観念の問題を解決できれば肉体面での渇望現象の出番はないわけですから、依存症者であっても一般の人と同じように生きていくことができるということになります。

では擬似アルコール依存症と言われるACはどうでしょうか?
ACの問題は2つあります。
ひとつは支配的な親に精神的に支配されていることです。
もうひとつは恐れが思考習慣として固着していることです。
問題が2つあるように、解決策も2つあります。
ひとつは親替えです。
有害な養育親に心の中から出ていってもらい、自分が自分自身の親になります。

AC特有の強迫観念からの回復は『親替え』すること

もうひとつは恐れが固着してAC独特の思考習慣となっているものの統合作業です。
これはステップの4と5で棚卸しを行い、自分の性格上の欠点がなんであるかを明確に知ります。
そうすると大体のACは自分の短所が恐れと不正直であることを理解します。
そして12ステップの12までやりきると『霊的目覚め』を得ることができます。
この霊的目覚めを回復のエンジンとして統合作業に取り組みます。

◎平安と祝福を祈っています。

どうぞコメントをお残しください。初めてコメントなさる方は必ず自己紹介をお願いします。自己紹介のないコメントを承認することはありません。詳しくはメニューの「コメントしてくださる方へ」をご覧ください。