ボウズカッターで坊主カットが何分で出来るか実測してみました!

浴室にストップウォッチを持ち込んで計ってみました。

スポンサーリンク

1.全作業が4分30秒で完了!

頭の前の部分1分→後ろの部分1分→刈り残しのチェック1分→きわぞり1分→分解洗浄30秒

(1mmボウズで1週間に一度散髪している状態で計測しました)

これを理容室でやろうとすると、一般の理容室だと1時間程度、格安理容室でも20分はかかります。
それが自宅でやれば、5分以内に終えることができます。

2.坊主カットで気を付けたほうが良いところ

①髪を濡らさないでカットする

多少は濡れても問題ありませんが、やはり髪に硬さがあるほうがカットしやすいです。

②石鹸で頭を洗うと痒(かゆ)くなる

坊主カットを始めた頃、シャンプーも要らないと思って捨ててしまいました。
石鹸で洗うようにしていましたが、しばらくすると頭全体が痒くて仕方なくなりました。
「これはマズい」と思い、すぐにシャンプーに戻したところ、頭の痒みはなくなりました。

カットが終わったら、シャンプーはしますが、リンスはしません。

シャンプーは頭皮のために使いますが、リンスは髪の毛のために使うものです。
坊主にして髪の毛がないのですから、リンスを使う必要もないということになります。

③眉毛(まゆげ)は2mmでやったら、ヤクザになった(笑)

眉毛はアタッチメントを4mmに合わせてやるのが丁度よいようです。
これ以上短くすると893(やくざ)になります。
分かってはいたのですが、どうしても試してみたくなり、やってみたところ、やっぱりヤクザになりました(笑)。

3.坊主は夏に最適。暑さを大幅にカットしてくれる

この記事を書いている時点(2016/07/26)では「今年は冷夏かな?」と感じるほどに涼しさを満喫しています。

そのかわり屋外で直射日光を浴びたり、電車内で冷風を直撃したりすると、てきめんに影響が現れます。
頭が痛くなったり、吐き気がしたりします。
ですので帽子は必須となります。
ありのパパは、おりたたみ可能な帽子を携帯するようにしています。
ユニクロで500円程度で買ったものですが、十分に効果を発揮してくれています。

◎どうでしょうか?あなたも素敵な坊主ライフを始めてみませんか!