12ステップ本の決定版です!

今日は「プログラム フォー ユー」(ジョー&チャーリー著)をご紹介します。

スポンサーリンク

1.ビル・Wとシルクワース博士の会話

激烈な霊的体験を得て一瞬の内にアルコール依存症からの回復を果たしたビルです。

しかし口を酸っぱくしてその体験を他のアル中に語っても誰も耳を傾けてくれません。

そんな中、再会したシルクワーク博士に話を聞いてもらうと、博士は的確な助言をしてくれます。

ビル「先生、私は自分の素晴らしい体験を勧めているのに、誰も興味を示してくれないのです」

博士「ビル、君は自分の素晴らしい『白い閃光』体験を彼らに押しつけているのではないですか。
それではうまくいかない。
アルコホーリクに何かを飲ませようとしても、彼らは吐き出してしまう。
まず、彼らが抱えている問題は何なのかを伝える必要があります。
私が君に言ったことを彼らに伝えるのです。

問題の本質は何なのか、つまり、この病気は身体と精神の両方の病気であることを説明するのです。

アルコホーリクは誰でも二つのことを知りたがります。
ひとつは自分はどうして昔のように普通に酒を飲むことができないのか。
もう一つは酒を止めたいのにどうして止められないのか。
この二つの質問に答えたら、君の話に耳を傾けるようになります。

スピリチュアルな回復の方法があることを伝えるのは、その後でいいのです。
最初からスピリチュアルな話をすると、彼らはしらけてしまい、耳を貸さないでしょう」

この部分を読んで、ありのパパは反省することしきりです。
なぜならお腹の中では「さっさと霊的目覚めを得れば良い。話しはそれからだ」と考えているところがあったからです。

しかしそれではダメなのです。
解決策の提示よりも問題は何なのかの提示が先に来なければならないのです。

2.問題に対する正確な分析こそが生命線

12ステッププログラムは三つの流れが一人の人に流れ込んで生まれました。

一つ目は依存症は病気であるという認識です。(医学的理解)
二つ目は依存症から回復するには霊的体験が必要であるという理解です。(ユング博士の心理学的カウンセリング)
三つ目はその霊的体験をもたらす行動のプログラムです。(オックスフォード運動)

1930年代のビルの時代には一つ目の理解である依存症は病気であるという認識がありませんでした。
それでオックスフォード運動に参加しているにもかかわらず回復できない人がいました。

「自分のどこが悪いのか理解していなかったために、彼の努力は必要とされる深さにまでは到達していなかった。」

「意志が弱いのでも、倫理観が欠如しているのでも、罪深いからでもない。」

現代では依存症は病気であるという理解が一般的になりましたが、それでも間違った理解も残っています。
それは芸能人が違法薬物を使ったときなどにマスコミの批判の中に見ることができます。

薬物をやめることができない理由を言外に本人の意志の弱さに求めていることです。

またある方が複数の女性と肉体関係をもったことを性的依存症として見るのではなく、本人の意志でやったことであると見ていることです。

3.依存症の解決は霊的目覚めを得ること

「a.抱えている問題と問題の本質は何か?」
「b.解決策は霊的目覚め」
「c.霊的目覚めを得るための行動のプログラムは何か?」

皆さんは上記の質問にお答えになることが出来ますしょうか?
もし出来るなら、次の約束はあなたのものです。

「あなたにもできます。必要なのは意欲だけです」

①「すべての強迫観念は非常に似ている」

「渇望現象はさほど重要ではない。
重要なことは私たちの精神の中にある強迫観念である。
どんな種類の強迫観念であろうと回復する唯一の方法は精神を通してである。

つまり飲酒やギャンブルや過食などを必要としない生き方を見つけることである。
この問題はアルコホーリクのみならず、広い意味では現代の人々が抱える問題でもある。」

「もし私たちが飲まなくても楽な気持ちでいられる方法、すなわち落ち着きを得て、イライラが消え、不機嫌な気分から解放される方法を見つけることができれば飲む必要はなくなる。」

「霊的な変化を経験すれば快適に生きる方法が見つかる。
霊的な変化とは私たちの人生に対する態度と展望がまるっきり変化することである。(霊的目覚めとは回復するのに十分な人格の変化)」

②「霊的な体験をすることが依存症を克服する唯一の方法」

「このような点で、アルコホーリクおよびほかのすべてのアディクションはきわめてユニークな病気と言えるだろう。

しかしもっともユニークな特徴は、いったん回復したら病気になったときよりも、もっと良い状態へと回復できることである。」

「ステップの1から3までを実践するとハイヤーパワーとの関係が正される。

次にステップ4から7までを実践すると自分自身との関係が正される。

そしてステップの8から9までを実践すると周りの人々との関係が正される。」

「ビッグブックの約束はステップの1から9の実践の結果としてのみ実現する。
これは取り組みさえするなら与えられると約束されている。
繰り返すがステップ1から9を誠実に実践さえするならビッグブックの約束したことはすべて実現する。」

③「成長を止めてしまえば死があるのみ」

「そうならないために成長し続ける方法を学ばなければならない。
12ステップの最後の三つのステップは私たちが成長しつづける方法を教えるステップである。」

◎すいません。記事のほとんどが引用になってしまいました(笑)。
それぐらい中味の濃い本であるということです。
どうぞ是非お読みになってみてください。
平安と祝福を祈っています。

スポンサーリンク