暴れ馬のような欲求をコントロールするたったひとつの方法

「御霊の導きに従って生活しなさい。
そうすれば決して利己的な欲望を遂げてしまうことはない。

というのは利己的な欲望は御霊の御心とはちょうど逆のことを願い、御霊は人間の利己的な欲望とは逆の方向へ導いていかれるからである。

この二つのものはお互いに正反対の方向を向いていて、あなたがたはその板挟みになっており、全く自由がない。」 〔ガラテヤ書5章16節~26節〕

スポンサーリンク

1.私たちの欲求は超強力な存在

私たちの欲求はたとえてみれば原子力発電所のようなものです。
強力な力を持ってはいるのですが、コントロールが大変難しいのです。
どちらかというと暴走しがちな性質を持っています。

この困った性質が私たちの人生を困難に陥れました。
そこで私たちは自分の意志と生き方を自分なりに理解した神の配慮にゆだねることを決心をしました。(ステップ3)

これは自分でやってみたけどダメだったから、神にお任せするということです。

2.自分の意志と生き方を神の配慮に委ねる

やり方は顕在意識の「私」と誰の心の奥にもおられる「神」とが手をつないで、両者の中間にある暴れん坊の潜在意識をコントロールします。

ここがセキュラー(世俗的な)のライフハックともっとも異なる点です。
セキュラーのライフハックはさまざまな手段を用いて顕在意識を強めて潜在意識をコントロールしようとします。

しかし、これは負け戦に終わることが必定です。
なぜなら潜在意識はそんなに弱くないからです。

多くの人は霊的プログラムというと胡散臭(うさんくさ)いものを想像しますが、事実は逆です。

12ステッププログラムこそ、現実を直視し「そんなことじゃ、負けてしまいますぜ。勝つためには『この手』をお使いなさい」と言っているのです。

3.委ねただけでは終わらない

神と手を結ぶ決心をしても、そうは問屋が卸(おろ)しません。
反対勢力が私たちの心の中に根をはっています。
この反対勢力が私たちの性格上の欠点なのです。

それで私たちはどうしても12ステップの4と5の棚卸しに取り組む必要があります。
神に性格上の欠点を取り除いていただくステップ(6と7)に進むと、神と手を結んだ効果が著しく現れてきます。

多くの方々はこの時点で『霊的目覚め』を得られるようです。

◎さて、あなたはどうされますか?
今まで通り、何もなかったように生きていかれますか?
それとも真剣に12ステッププログラムに取り組まれますか?
ご一緒に回復の道を歩ませていただきたいものです。
平安と祝福を祈っています。

スポンサーリンク