子供を生きれば大人になれる

スポンサーリンク

1.たとえ養育者が鬼だったとしても

「人々は言った。
『主(神)は、私たちを見捨てられたに違いない』

『母親が自分の乳飲み子を忘れるだろうか。
自分の子供をあわれまないだろうか。
たとい母親が忘れても、
わたしはあなたを忘れない』」〔イザヤ書49章15節〕

この聖書箇所はアダルトチルドレン(AC)にとっては大きな慰めになる部分です。
「母親が自分の子供を忘れるだろうか?」と言われても、「養育放棄されて育ったし」「虐待されたし」と答えるほかはないのがACです。

しかし聖書はそこで終わりません。
「たとい母親があなたを忘れても、わたし(神)はあなたを忘れない」というのです。

2.神の愛が親替えの根拠

親替えは人間の側の一人芝居ではありません。
確かに神があなたの真(まこと)の親となってくださるのです。

ACにとって親替えこそ回復する前提であり条件です。
確かに「子供を生きれば、大人になれる」のです。
そのためには、まず自分が自分自身の親になること、そして神にわたしの親になっていただくことの両方が必要です。

3.インナーアダルトとインナーチャイルド

自分が自分自身の親になるとは、インナーアダルトを育てることを意味します。

神にわたしの親になっていただくのは、インナーチャイルドを育てることを意味しています。

もちろん心の世界は目に見えない世界ですから、カチッカチッときれいに棲み分けできるものではありません。

ただ「そういうものなんだな」と了解しておくことが回復をスムーズに進めるためには有効であるということです。

◎平安と祝福を祈っています。

コメント

  1. マッキー より:

    ありのパパさん、こんばんは。

    この御言葉…、万感胸に迫る思いです。

    十数年前、この御言葉で私を慰め励まそうとしてくれた友人に向かって
    「そう、その通り。神様は俺の罪、俺の咎を忘れる事が御出来にならない。俺は生まれながらに神様から呪われて、忌み嫌われている」、と言い放ちました(何逆ギレしてんだ←自分ツッコミ)

    その一年くらい後に、「神様が私を諦めないので、私も私自身を諦めない」、と思うようになりました。父からは「おまえは堕ろす予定だった」、母からは「お前なんか、生まなきゃよかった」、とことある事に言われ続けて育ちましたが、

    「そうだ。親はどうか知らないけど、神様が俺のことを覚えていて下さる」、と思うようになりました。

    大逆転の人生、今は幼い子供のいる身として、「子供の人生は、神様が守ってくれるんじゃね?」と思う今日この頃です。\(^o^)/(焼鳥屋で羽を伸ばしてんな!!早く帰って家族に仕えろ←自分ツッコミ)

    • ありのパパ より:

      こんばんは、マッキーさん。
      コメントをありがとうございます。

      私も万感胸に迫ります。
      「神が私を諦めないから、私も自分自身を諦めない」
      その通りですね。

      またコメントしてください。お待ちしています。