幸福感、充実感を得る秘訣は目の前の仕事に集中すること

スポンサーリンク

1.幸福感、充実感を得る秘訣

それは目の前の30分間に集中することです。
具体的にはポモドーロテクニックを用います。
何も難しいことはありません。
25分間、単一の仕事に集中します。
そして25分経ったら、5分間休憩します。

ありのパパはこのとき仕事机の横に筋トレ用のベンチをおいて、その上で横になるようにしています。
こうすると休みすぎることもなく(寝てしまうとジム用ベンチは幅が狭いので落っこちてしまう)、しかもしっかりと休むことが出来ます。

自分で決めたポモドーロ数をこなしたら、比較的長時間の休みを取ります。
ありのパパはこれを朝食・昼食・夕食の時間に当てています。

2.ポモドーロテクニックの利点は何か?

①マルチタスクでなくシングルタスク

それは25分間単一の仕事をやると決めたら、それ以外の仕事をしないことです。

複数の仕事を同時並行的に処理するのではなく、単一の仕事を処理するやり方がこれほど充実感・幸福感をもたらすとは想像できませんでした。

②疲労がピークに達することがない

25分間仕事をすると5分間必ず休みますので疲れにくくなります。

たとえるのは難しいのですが、これまでは疲労曲線が富士山のようだったのです。
疲労度が富士山の頂上まで来ると、あとは真っ逆様に落ちていくのです。
それが原因で、実質的な労働時間は思うほどにはありませんでした。

ポモドーロテクニックを導入する以前の実質的な労働時間は3時間でした。
それが現在では実質労働時間が6時間にまで延びています。

人は疲労感がピークに達しないと一日中働けるのだと知りました。

3.ポモドーロテクニック最大のメリット

ポモドーロテクニックの最大のメリットは実質的な労働時間が大幅に増えるということだけではありません。

それはポモドーロテクニックにしたがって働いたときの充実感・幸福感がハンパないということです。

目の前の仕事だけに集中している状態が一日中続くことが、どうやら多幸感の原因のようです。

◎皆さんも、一度ポモドーロテクニックをお試しになってみてはいかがでしょうか?
平安と祝福を祈っています。

スポンサーリンク