ほんとに筋肉に効く筋トレ本はこれだ!

今日は皆さんにDVD付き 狙った筋肉を鍛える! 筋トレ完全バイブルをご紹介します。

スポンサーリンク

1.116分のDVD付き

このDVDが秀逸(しゅういつ)なのは講師の模範演技と共に男女の素人さんが指導してもらっている演技も収録されていることです。

こんなことを言っては失礼なのですが、その素人さんの演技を見ているととても笑えるのです。
「あるある。それある」と笑いつつも、自分の筋トレのやり方を反省することができます。

2.書籍に収録されている筋トレの種目はわずか22種目

これは一見少ないように見えますが、そうではありません。
ありのパパが他の筋トレ書籍を読んで思うことは「別にボディービルダーを目指しているわけではあるまいし、なぜこんなに多くの種目を載せているのか?理由はひょっとしたら著者に『この部位を鍛えたいなら、この種目をやっていればまちがいない』という確信がないからではないか?」などと意地の悪いことを考えていました。

それに対してこの書籍はひとつの部位に対して一種類か二種類しか載せていません。
要するに著者が決め打ちしているのです。
これは素人にとっては大変ありがたいことです。
素人がこの類いの書籍に求めているのは「筋トレの百科事典」ではなく、「これとこれをすれば、こうなりますよ」という確かさです。

3.紹介されている種目を行うと確かに効果がある

手始めに一番はじめに載っている「ブルガリアン・スクワット」と「ルーマニアン・デッドリフト」をやってみました。
そうしたところ翌日から筋肉痛の嵐です(笑)。

これは今までやっていた筋トレが実はターゲット筋肉に効いていなかったということでもあります。
書籍に書かれてあることを厳密に守って行うために初めはダンベルに重りを付けずに行ったのですが、それが良かったようです。
というのは今まではなるべく重い重りを付けるようにしていたのですが、それが原因で体全体で動作を行ってしまい、肝心のターゲット筋肉に効いていなかったようなのです。

4.自宅トレーニングなら、これ一冊で足りるかも

ありのパパの家には何万円も出して買ったトレーニングマシーンがあります(バカです)。
そうですのでトレーニングマシーンでできないものだけダンベルを使ってトレーニングを行うつもりでした。
しかし余りにもよく効くので「これだったらトレーニング全部をダンベルにしてもいいかも」と今は考えています。

◎皆さんに心からお勧めします。