12ステップをライフハックに応用しよう!

今日は皆さんとご一緒に、12ステップをライフハック(生活改善)に応用するというテーマで考えます。

12ステッププログラムは依存症者やアダルトチルドレンはもちろん、キリスト者にとっても、また熱心に生活改善に取り組む人々にとっても有益です。

世の中には多くのライフハックがありますが、12ステップのやり方でないと効果がでない人々が沢山(たくさん)おります。

スポンサーリンク

1.セキュラー(世俗的)なライフハックが役に立たない理由

ありのパパ自身は「こんな良いティップスがあるよ」と言われて、「役に立った。良かった」という経験が余りありません。
なぜなら、ありのパパにとってそのTipsは実践不可能だったからです。

「あかんやん!」と独り言を言いますと、「あかんのはお前や!」という反論が心の中から聞こえてきます。
悪いのは実行できないありのパパなのか、実行できないようなアイデアを提供した著者なのでしょうか?「はっきりせえ!」(笑)

2.致命的な悪影響を与える行動パターン

問題の核心は否定的な行動パターンを持っているかどうかというところにあります。
人生をうまく生きることができないほどに致命的で否定的な行動パターンを持っているなら、ほとんどのライフハックは無意味となります。
なぜなら、そもそもライフハックを実行する土台となるべき心の素地が存在しないからです。

土台がないという事実を無視して「今度こそ、うまくいくかもしれない」という根拠のない妄想によって同じことを何度も繰り返すようなことをしてはなりません。
そうではなく、土台がないということが上手くいかない原因であると分かったら、土台を作る作業に着手することが健全な生き方を志す人に必要なことです。

3.言うは安し。行うは難(かた)し

どなたもが、ご自分の物語を持っておられます。
多くの場合に、そのご自分の物語を恥じて公(おおやけ)にしません。
そしてあろうことか、自分の物語を投げ捨てて社会一般が良しとするであろう物語を自分が演じようとします。

そのような生き方の終わりにあるのは虚無感と絶望感です。
このような悲惨な結末が待ち受けている生き方をしてはならないと本当は分かっているのですが、まわりと同じ生き方をすることによって得られる偽りの安心感を得るほうを優先してしまう弱さが私たちにはあります。

4.「一(いち)抜けた!」

まわりの皆と同じ生き方をするなら、薄っぺらな安心感を得ることはできます。
しかし、そのような生き方の人生の終点にあるものをうすうす勘付いているのではないでしょうか?

もしそうであるならば「一抜けた!」することです。
「(世が与える儚(はかな)い)のぞみへ。先に行ってるね」と決然と宣言し、本当に自分にとって効果のあるものに取り組むことです。

◎平安と祝福を祈っています。

スポンサーリンク