複数の依存を持つ者は棚卸しをどのやり方でやればよいか?

スポンサーリンク

1.すでに共同体に属している人はその共同体の12ステップでやってみる

熱心に12ステップに取り組んでいる共同体に参加している人は、その共同体が持っている12ステップをおやりになるのが一番効果的です。

なぜなら、その12ステップをすでにやっている人がいるわけですし、その方がスポンサーになってくれるのであれば、なおさらのことです。

また共同体の無用な混乱を防ぐこともできます。

たとえばAAに属していつつ、AC系のミーティングにやってくる方々がおられます。
すべての人ではありませんが、中には「AAの12ステップでは物足りなかった。ACの12ステップに出会ってはじめて満足した」というようなことを仰る人もいます。

ありのパパはこれを聞いていて「果たして、この方はAAではどのようなことを言っているのだろうか?」と思わざるを得ません。

私たちは共同体から「助けと支え」をもらっているのですから、知恵深く振る舞うことが大切です。

2.まだどこの共同体にも属していない人は標準的な12ステップでやってみる

このケースが現在では多いようです。
アルコール依存症の場合ですと、まず病院で急性的な症状に対して治療を受け、今度は中間施設で12ステップの骨格を学び、その上で地域の共同体に繋がるというモデルです。

中間施設で学ぶ12ステップはAAの12ステップを手直ししたものです。
教科書はAAのビッグブックを使います。
学びが終わる頃にはビッグブックが赤線で一杯になります(笑)。

3.AC(アダルトチルドレン)と他の依存症の違い

ACはパラアルコホーリク(疑似アルコール依存症)と言われます。
依存症の二つの問題である精神面での強迫観念と肉体面での渇望現象のうち、ACには精神面での強迫観念だけがあります。

そのような訳で、ACが12ステップをやるときは他の依存症の人とは異なる配慮が必要になります。

①何に対して無力なのか?

「洗濯物リスト」とか「問題」と呼ばれているものに対して無力ということになります。

②ACにとっての回復とは何か?

アル中にとっての回復とは酒を一滴も飲まないことであり、癇癪持ちにとっては怒るのを一切止めてしまうことです。

ではACにとっての回復とは何かというと、それは問題リストに書かれてある13個の強迫観念からの回復です。

③どのようにして回復していくのか?

それは統合作業と呼ばれているものを行うことによってです。

統合作業では、何が変えられないもので、何が変えられるものかを見分け、変えられないものは受け入れ、変えられるものは変えていきます。
そうです。『平安の祈り』そのものですね。

④ACの棚卸しと統合作業

棚卸しによって性格上の欠点が明らかになります。
この棚卸しはどの共同体であっても同一です。

ではなぜACがこれとは別に統合作業を行う必要があるのでしょうか?
それはACが子供時代に虐待または養育放棄された体験を持っているからです。
ACの問題の核心は、子供時代に行った生き延びるための方法を、大人になっても無意識のうちに行っていることです。
そのゆえに、この無意識に行っている方法を止める必要があります。
これが統合作業を行う目的です。

◎平安と祝福を祈っています。

スポンサーリンク