普通の怒りと癇癪(かんしゃく)のちがい

普通の怒りと癇癪持ちが放つ怒りのちがいは何でしょうか?
それは二つあります。
ひとつはそれが感情の爆発であるかどうかという点と、怒りのコントロールができているかという点です。

今日はこの問題を皆さんとご一緒に考えます。

        

1.感情の爆発という問題

健康な人が怒る場合、たとえ興奮することはあっても感情が爆発するということはまずありません。

それに対して癇癪持ちの人が怒ると感情が爆発するのは時間の問題です。
おもしろいことに癇癪持ちの人は他の人も怒るときには感情が爆発すると思い込んでいるのです。
誰あろう、そう思い込んでいたのはありのパパにほかなりません(笑)。

2.怒りをコントロールできるか?

健康な人も、余りに腹がたつと(いわゆる「激おこ」というやつです)怒りが爆発することがあります。
それでも心の中で「ここで感情を爆発させてもいいかどうか?」を慎重に見極(みきわ)めているものです。

しかし癇癪持ちの人々は怒るのが早いか、感情が爆発するのが早いか、というぐらい怒りに必ず感情の爆発が伴います。
そして感情を爆発させてはならない場面に限って、感情を爆発させてしまいがちです。

(ここからはツイッターでのご質問にお答えします)

        

3.大人の癇癪は怒ることに味をしめてしまった結果なのか?

ある意味ではその通りであると言えます。
利己的生き方のためにストレスがたまり、そのストレスを解消するためにある特定の方法を使い続けてきました。
これを嗜癖(しへき)と呼びます。

しかし事態がそこで終わることはまずありません。
嗜癖に留まっているならば、ある面では嗜癖は生き方が下手な人のお友達ということもできます。

でもその嗜癖が依存症へと移行するのは時間の問題です。
事態は悪い方へ悪い方へと進んでいきます。
単なる悪習慣だったものが嗜癖となり、嗜癖はいつかは依存症へと変質します。

ある方は「私は利己的生き方などしていない」と思われるかもしれません。
しかし本音を隠し、建前だけで生きる生き方も利己的生き方の一種なのです。
なぜなら「本音を出すのは困難だ。建前だけで生きるほうがたやすい」という考えは利己的そのものの生き方だからです。

これは一見、分かりにくいことですが、心が健康な人はトラブルが起きた時、面倒くさいと思っても、その人のところまで行き、問題解決のために汗を流します。
これに対して本音と建前を分離させて生きている人は、建前で「あの人はもともとそういう人だったのだ」とか「人間なんてそんなもんさ」などと訳のわかったようなことを言って自分を納得させます。

このような生き方は楽な生き方ではあります。
なぜなら心が健康な人々は問題解決のために汗を流しているというのに、自分は自分の心の中だけで帳尻を合わせているのですから。
これを楽をしていると言わないでなんと言えばよいのでしょう。

しかしそのような人であっても本音のところでは怒りや恨みが渦巻いており、それらの感情に蓋ができなくなるときが必ずやってきます。
これが連続的な怒りの爆発の原因なのです。

4.「癇癪は体質だ」という意見はどうか?

ある方は癇癪は体質であり、「食べても太らない」とか「 痩せの大食い体質」と同様なものであると言われます。

果たしてそうでしょうか?

ありのパパはそうではないと考えます。
なぜなら癇癪は自由意志を用いて怒りを爆発させることによって場をコントロールしようとした結果だからです。

体質であれば治るとか回復するとかを望むことはできません。
しかし依存症であれば、治ることはできませんが、回復は可能です。

5.癇癪持ちの回復の方法

まず第一に自分の癇癪が依存症であることを認めることです。
そして依存症からの回復に用いられている方法を採用することです。

解決策は二つあります。

ひとつは共同体から受ける助けであり支えです。

ここで言うところの共同体とは12ステッププログラムを用いて回復を図っていく依存症者の団体です。

イモーションズ・アノニマス

もうひとつは12ステップに取り組みさえするなら与えられると約束されている霊的目覚めです。

霊的目覚めとは回復するのに十分な人格の変化です。
十分な人格の変化とは、怒りを爆発させることが自分自身の体質であるという理解が単なる一人芝居でしかなかったことに気づくことをも含んでいます。

◎「仕方ない。私は癇癪持ちだから」という言い訳からまぬがれて、誰でも怒りの問題から回復することが可能です。
平安と祝福を祈っています。

        

どうぞコメントをお残しください。初めてコメントなさる方は必ず自己紹介をお願いします。自己紹介のないコメントを承認することはありません。詳しくはメニューの「コメントしてくださる方へ」をご覧ください。