私はタブレット&親指シフト入力でブログを書いています。

現在は家にいる時はタブレット(FireHDX7)とbluetoothキーボードの組み合わせでブログを書いています。

外にいるときはpomera(ポメラ)とiphone5sの組み合わせでブログの下書きから更新まで行っています。

もうブログを書くのにパソコンは必要なくなりました。
ものすごい時代になったものだと思います。

今日は皆さんに、なぜありのパパがブログを更新するのにパソコンではなくタブレットを使うようになったのかをご説明いたします。

スポンサーリンク

1.パソコンよりタブレットの方が文字が見やすい

ことにFireHDX7は一般的な青色液晶ではなく白色液晶を採用しています。
これは使っていると分かるのですが、青色液晶は目がチカチカして見にくいのですが、白色液晶は紙の白色に近く、目に優しい感じがします。

そして何より解像度の違いです。
タブレットは最近のものでは2560ドットの解像度が当たり前になっています。
この解像度になれてしまうとパソコンの画面には戻れないと感じます。

2.余計な情報が目に入らないと文字入力がはかどる

パソコンの場合は画面に様々な情報が表示されています。
ブラウザを立ち上げても、ブラウザ画面に「ついクリックしたくなる」情報があふれています。

それにくらべてタブレットの画面にはアプリのアイコンが並んでいるだけです。
そして、ひとつのアプリを立ち上げると、あとのお知らせ機能は見ることができなくなります。

これを不便に感じる方もおられますが、私はかえってこれを便利に感じるのです。
なぜなら余計な情報が目に入らないので、一気にブログの文章を書き切ってしまうことができるからです。

3.ブログの下書きから編集までパソコンと遜色ない

以前はブログの下書きならパソコン以外の機器でも可能でした。
しかし編集はパソコンが必要でした。
そうであれば初めからパソコンでやったほうが早いということになっていました。

しかし現在ではwordpressのアプリとタブレット用のブラウザの機能拡張により、十分にパソコンの代わりができるようになりました。

4.ありのパパのブログ更新のやり方

まずはじめに evernote(エバーノート)に下書きします。
(ポメラで書いたものはflash airというコンパクトフラッシュ型の無線LANを使ってエバーノートと同期します)

下書きが完成したら、今度はそれをwordpressアプリにコピーします。
アプリにコピーしたあとで見出し文字を大きくするなどの編集作業を行います。

これはエバーノートで編集作業を行ったものを、wordpressアプリにコピーすると、文字拡大を指示する記号がなぜか違う記号に変換されてしまうためです。

この編集作業は通常は下書きを書いた翌日に行うようにしています。
このようにするのは、一日置くと頭がクールダウンして、異なる視点からものを考えることができるからです。

5.不都合な点もある

親指シフト入力のためのアプリであるOyawnn(親うんぬ)の制作者によって推薦されているbluetoothキーボードには幾つかの問題があります。

ひとつは文字入力をしているとたまに同じ文字が連続して入力されることがあります。
その時は、すぐに他のキーを押してやると連続入力は止まりますので、私的には問題なしです。

もうひとつは親うんぬが使っている辞書があまり頭が良くないということです。
しかし、これもひたすら単語登録をした結果、今ではなんとか使えるようになりました。

◎どうでしょうか。皆さんもタブレットとbluetoothキーボードを使ってブログ更新に挑戦してみませんか?

スポンサーリンク