共依存感情と支配欲求は姉弟の関係にあります。

今日は皆さんとご一緒に 『共依存(きょういそん)』について考えます。

スポンサーリンク

1. 共依存とは何か?

共依存とは一言で言うと「私はあなたの言いなりになるから、あなたも私の思い通りに生きてね」という考え方であり、生き方です。

ありのパパは養育放棄の家庭に育ちましたので、 共依存の人々を見ると「ありがたい」という思いを持ちます。
なぜかというと 共依存の人はかいがいしく奉仕に動いてくれますし、痒(かゆ)いところに手が届く「ツーと来れば、カーと来る」勘の良さがあります。

しかしご本人たちは 共依存であることに悩み苦しんでおられます。
なぜなら、そのことによって自分の子供たちを無意識のうちにコントロール・支配したために、子供たちが何らかの依存症に陥ってしまったからです。
(依存症にならなくても、その他の社会的不適合の状態に陥っている場合もあります。)

子供たちが依存症になり、「私が何とかしなければ」「私が救ってあげる」と 依存症の家族の会に参加します。
しかし、そこで子供たちが依存症になったのは親の共依存も原因のひとつであると教えられます。
これはまさに青天(せいてん)の霹靂(へきれき)です。

2.共依存感情とコントロール欲求

共依存感情の裏にあるのは明白なコントロール欲求です。
コントロール欲求とは支配欲求ということです。

なぜ、かいがいしく尽くすのかと言えば、それは自分の願った通りに動いてほしいからです。
始末が悪いのは、この感情は心の奥深いところに隠されており、本人も気づかないで行動しているということです。

子供たちの回復を応援する営(いとな)みの中に、親御さんたちの 共依存感情が見え隠れしていることがままあります。
「依存症から回復したらOK、しなかったらnot OK 」というわけです。
このメッセージを子供たちが受けとると「回復なんかしてやるもんか!」ということになります。

なぜなら自分が回復することは自分が依然として親の奴隷のままであるのを認めることに等しいからです。
このからくりが分からないと、親御さんは「こんなに一生懸命尽くしているのに、なぜあなたは回復してくれないのか?」と途方にくれることになります。

3. 共依存への対処の仕方

① 共依存は12ステップによって回復可能です。

共依存感情は強迫観念の一種であると考えることができますから、12ステッププログラムに取り組むことによって回復可能です。

もちろん回復であって治るのではありません。
強迫観念そのものはなくならないが、強迫観念のスイッチを入れないで生きることが可能になるということです。

②具体的やり方

今日一日、コントロール欲求を『手放して、あとは神様にお任せ』します。
これを一日一日繰り返します。
朝起きたら、膝(ひざ)をかがめて神(ハイヤーパワー)に祈ります。

日常生活のなかで「あっ、 共依存のスイッチが入りそうだ」と感じたら、すみやかにその場から立ち去ります。
誘惑を味わってはなりません。
はじめの一杯を拒絶する力は神から与えられていても、二杯目を飲まないでいる力は与えられていないことを肝(きも)に命じる必要があります。

③共依存はないが、支配欲求はある人々へ

それは私です(笑)。
もちろん程度の差はあれど、誰にでも「私の思った通りに動いてくれれば、あなたはOK、しかし私を失望させるなら、あなたはnot OK」という気持ちはあるものです。

しかし、これが人間関係を壊す最大のものであることを知らない人が多いのではないでしょうか。

ありのパパは支配欲求のスイッチが入りそうになると「私がこの人のために生きているのではないように、この人もまた私のために生きているのではないのだ」ということを自分に言い聞かせるようにしています。
そして『手放して、あとは神様にお任せ』しています。

◎平安と祝福を祈っています。

スポンサーリンク