癇癪持ちを12ステップによって解決する

今日は皆さんとご一緒に癇癪持ちの問題を12ステップを使ってどのように解決していけば良いのかを考えます。

スポンサーリンク

1.感情・情緒の問題に12ステップを応用する

感情・情緒に問題を持っている人々の自助グループにEA(イモーションズ・アノニマス)があります。
EAではAA(アルコホーリクス・アノニマス)で使われている12ステップを一部改変して使っています。

2.12ステップの構造はどうなっているか?

アル中の方がアルコールに無力であるのを認めるように、感情・情緒に対して無力であり、思い通りに生きていけなくなったことを認めました。(ステップ1)

自分を超えた大きな力が、私たちを健康な心に戻してくるれると信じるようになりました。(ステップ2)

自分なりに理解した神に、自分の意志と生き方を委ねる決心をしました。(ステップ3)

ステップの3の実践としてステップの4と5で自分自身の棚卸しを行い、それをもう一人の人に見てもらいます。

そしてステップの6と7で、棚卸しによって明らかになった自分自身の性格上の欠点・短所を神に取り除いてもらう準備をします。

続く8と9で傷つけたすべての人に埋め合わせをします。

3.12ステップに取り組む目的は霊的目覚めを得るため

ここまでやると『霊的目覚め』とか『霊的経験』と呼ばれる体験をします。
霊的目覚めとは回復するのに十分な人格の変化です。

あとのステップの10から12はこの霊的目覚めの状態を維持し、さらに内面的な成長を目指すためのものです。

ここまで読まれた方で「何を言っているのか、さっぱり分からない」とか「余りにもゴールが遠く感じ、気が遠くなりそうだ」などとお感じになった方もおられるかもしれません。

しかし12ステップは問題行動を解決するだけでなく、人格の永続的成長のためのプログラムです。
取り組みさえするなら、解決が必ず与えられると約束されています。
実際に何十万、何百万という人々が時代を越えて、環境を越えて、回復を勝ち取ってきました。
あなたもどうぞ、そのお一人となられますようにと祈り願っています。

4.12ステップはどこで学べるか?

EAは日本全国でミーティングを行っています。
ミーティング会場でステップを解説した書籍を購入することもできます。
EAのホームページ

◎平安と祝福を祈っています。