布団から永久にダニを発生させない方法があります。

布団にダニが発生する原因は三つあります。
一つはダニの餌になる人間の体から出てくる排泄物です。
二つ目は温度です。
三つ目は湿度です。

ダニはこの三つの条件が揃わないと発生しません。

スポンサーリンク

1.ダニの餌に焦点を当てた対策

ダニ対策のもっとも一般的な方法はダニの餌になる人間の体から出る排泄物を取り除く方法です。
しかしこれは実行するのがもっとも難しい方法でもあります。
なぜなら天日干しなどによってダニを殺しても、その後に布団を叩くと、ダニの死骸が粉砕され、その細かく粉砕された死骸が人間に悪さをするからです。

布団を叩かずに掃除機で布団の中にいるダニの死骸を吸い取るのが一番良いのですが、それは専用の掃除機を使わないと難しいことですし、何より時間が掛かり、毎日のこととなると面倒です。

2.温度に焦点を当てた対策

二番目の温度はなんともしようがありません。
押し入れにクーラーを取り付けるわけにもいかないからです。

3.湿度に焦点を当てた対策

ということで三番目の湿度がダニ対策のカギとなります。
押し入れに除湿器を置くことによって湿気を吸い取ります。
こうすることによって湿度の上昇をおさえ、ダニが発生しないようにします。
ありのパパの家でも除湿器を押し入れに置くようになってから、ダニが発生しなくなりました。
どうぞ、お試しになってください。

①薬剤で湿気を自然吸収させるタイプ

これはダニにはほとんど効果がないようです。
原因は湿気を吸う能力が低すぎるということです。

②吸湿剤に風を当てて湿気を吸わせるタイプ

これはダニが発生しない程度に湿気を吸収することが可能です。
充電池を使いますのでコードが邪魔にならす便利に使うことができます。

ただこの吸湿材が一ヶ月当たり二千円掛かります。
夏のシーズン四ヶ月で八千円の負担になります。

➂室内用の除湿器を小型化したもの

運用コストがほとんど掛かりません。
一ヶ月数百円の電気代しか掛かりません。
ただし、欠点が二つあります。
一つは初期費用がそれなりに掛かるということです。
もう一つは電気コードを必要とするので、部屋の美観を損なうということです。

◎ダニが発生する季節がやって来る前に、どうぞ必要な対策をお取りになり、今年こそダニに悩まされない夏となられますように。

スポンサーリンク