短所と永久にさようなら!

(『ドロップ ザ ロック』p17~20)

スポンサーリンク

①「短所を使わない」という決心に痛みが伴うのはなぜか?

それはどこまでが自分で、どこまでが短所なのか分からないほど、私たちが自分の短所と一体化しているからです。
それで私たちは「私なんか短所ばかりのダメな人間なのよ」という低いセルフイメージをもつことになります。

しかし、これは真実ではありません。
私たちは神の御前で高価で尊いのです。
神が高価で尊いと言っていてくださるのに、なぜ私たちが「いやそんなことはありません。私は短所ばかりのダメな人間です」と言い張るのでしょうか?

私たちがなすべきことは「分かりました、神様。私はとても自分のことをそんなふうに思えませんが、神様が『あなたは高価で尊い』と仰ることを真実であるとします」と申し上げることです。

②私たちは尊いからこそ、短所はふさわしくない

自分を高価で尊い存在であると認め受け入れると決心したら、今度はそれにふさわしくないものを自分の心の中から追い出す必要があります。
それが私たちの性格上の欠点・短所です。

もちろん自分の力では追い出すことはできません。
神が取り除いてくださいます。
しかし、そのための準備は私たちがする必要があります。
それは短所を生活の中で使わないという決心をすることです。
そして「勇気のあるあの人なら、この状況でどのように振る舞われるだろうか?」と考え、そのように実行するように努めます。

そのように日々過ごしていると、自分の中から短所が姿を消しているのに気づくときがやって来ます。

◎平安と祝福を祈っています。

スポンサーリンク