へそ周りの脂肪を落とすための極めて真っ当な方法とは?

「へそ周りの脂肪」というキーワードで訪問してくださる方が多くおられます。
そこで今日は皆さんとご一緒にどうすればへそ周りの脂肪を落とせるかについて考えます。

スポンサーリンク

①真っ当なダイエットをすればへそ周りの脂肪から落ちていく

真っ当なダイエットとは、低脂肪・高蛋白・低カロリーの三つの条件を満たしていることです。
要するに脂肪分の少ない肉や魚を食べ、ご飯やパンなどの炭水化物の摂取を普段の半分にすれば、この条件を満たすことが出来ます。

これを読んで「なんだ、簡単じゃないか」という方は少ないかもしれません。
多くの方は「それが難しいんだよ。それが出来ないから苦労してるんじゃないか!」と言われるでしょう。

そこで今日はありのパパが普段の生活で実践している「低脂肪・高蛋白・低カロリー」の三つの条件を簡単に満たすことが出来る方法をお教えしましょう。

②四群点数法を実践すれば、あとは何もしなくて良い

四群点数法は卵一個が約80kcalであることに着目して、80kcalを一点とします。
そして、すべての食品を四つに分類します。

一群は栄養を完全にする働きをする食品群です。
(卵=1点、牛乳、チーズなどの加工品=2点)

二群は血・骨・筋肉などを造る働きをする食品群です。
(肉&魚=2点、大豆加工食品の豆腐など=1点)

三群は体を健康に保つ働きをする食品群です。
(野菜=1点、いも類=1点、果物=1点)

四群は熱や活動力を生む食品群ですす。
(パン、米、うどん、油、調味料など)

一群から三群の食品群から三点ずつ接種します。
これはダイエットをしている人もしていない人も変わりなく摂取します。
また年齢にも関係無く摂取します。

そして四群の食品の摂取量を調節することによって体重を落としたり増やしたりします。

➂筋トレは脂肪を落とすのに効果がある?

筋トレをしたからと言って、脂肪が減るわけではありません。
腹筋が出来ると内臓脂肪を押圧するので、腹がへっこんだように見えるだけです。
しかし脂肪もないけど筋肉もないという体は大変貧相に見えます。
脂肪の少ない体にこそ筋肉が似合います。

本当にへそ周りの脂肪を落とそうとするなら、どうしても活動エネルギーよりも摂取エネルギーを少なくしなければなりません。

活動エネルギーが2300kcalで、摂取エネルギーが1600kcalだとすると、差分の700kcalを脂肪を燃やすことによって不足分に充当するという体内メカニズムになっています。
700kcal分の脂肪が燃やされると脂肪は100g減ります。
一日100gですから一ヶ月で約3kgの脂肪が減少することになります。

どうぞ、お好きなだけ脂肪を減らしてください(笑)。
(とは言っても、やはり何事にも限界というものがあります。男性は脂肪率が10%~15%、女性は20%~25%の範囲でやめておくことが大切です)

◎高いお金を払ってダイエットする必要など、どこにもありません。
問題の解決は、問題の原因の反対を実行することです。
これが道理というものではないでしょうか。
平安と祝福を祈っています。

スポンサーリンク