覚醒剤所持で三回目の逮捕をされた小向美奈子さんのこと

この方は三回、覚醒剤の使用と所持のために逮捕されています。
そのたびに「もうしない」と依存症者に特有の言い訳をしておられます。
もっともこれは本心を偽った言葉ではありません。
ご本人は心の底からそのように思っているのです。

しかし暫くするとやはり違法薬物のために逮捕されてしまうというニュースが駆け巡ります。
さて、小向美奈子さんはどうすればこの薬物地獄から抜け出ることができるのでしょうか?

スポンサーリンク

1.無力を認める

三回目の逮捕の際、彼女は「これからは全国を回って薬物の被害を訴えたい」と言いました。
ありのパパはこれを聞いて「薬物の被害を訴える前に、まずご自分が薬物依存から回復することが先決だろう」と思いました。

回復のために一番必要なことは何でしょうか?
それは自分の無力を認めることです。
要するに自分の力では薬物依存から抜け出ることができないと認めることです。

薬物依存で逮捕された芸能人の多くの方が「意志の力で治すことが可能です」と言っておられます。
しかしこのようなことを言う方々は依存症における精神面での強迫観念ということを考慮に入れていません。
「最初の一杯の狂気」とも言われる強迫観念が襲ってきたら、私たちはひとたまりもありません。
私たちに抵抗する力はないのです。

〇出来ないのに出来ると考える勘違い人生に別れを告げられることを心から祈っています。

2.自分を超えた大きな力が健康な心に戻してくれると信じる

自分には回復するための力がないということを認めたら、答えは自動的に与えられます。
なぜなら問題の本質が自分の無力だとしたら、解決は自分以外の回復のための力を持っている存在ということになるからです。

あなたが信じることのできる「神」なら何でも良いのです。
それを私たちはハイヤーパワーと呼んでいます。

3.自分の意志と生き方を自分なりに理解した神の配慮に委ねる

私たちは出来ると思っていることが実は出来ない存在です。
これは具体的には自己意志をコントロールできないということです。
私たちには自分の自己意志をコントロールすることは不可能です。
それで神に自己意志をコントロールしてもらうことにしました。

◎小向美奈子さんの回復を祈っています。

スポンサーリンク