変えていく勇気を持つことが回復の鍵

12のステップによって自分の内面に心を配れば、外側の世界との関係もうまくいくようになります。
その具体的方法を見ていきます。

スポンサーリンク

1.私たちに必要なことは何か?

私に必要なことは神を信用して神について行くことだけです。
神のやることが理不尽に思えても、信じてついて行くのです。

文句を言っている間は、愛すことも信じることも出来ません。
期待しないこと(ここで言う期待とは妄想を膨らませないことです)、主張して当然の権利を放棄すること、あるがままを受け入れることです。
(注意:ここで言われていることは「私と神」の関係についてのみ言っていることであり、人と人の関係について言っていません。)

2.忍耐とは何か?

多くの方が12ステッププログラムに取り組みます。
この人々は12ステップにたどり着くまでに様々な苦労を体験していることがほとんどです。
だからこそ真摯な態度で12ステップに取り組むことができると言えます。

12ステッププログラムは真剣に何年も取り組んでも分からないほど壮大な体系のものではありません。
しかし生煮えの心で、安易に接近するなら「何が何だかさっぱり分からない」ということになりかねません。

「自分が依存症やACであることは、12ステップを理解するためにはベストだったのかもしれない。」
このように理解することを霊的な理解(霊的な受け止め)と言います。

私たちの心の中には「なぜ自分がこのような目に遭わなければならないのか?」という痛みがあります。
それを受け入れることが霊的ないやしの入り口になります。

「苦しみに出会ったことは私にとって幸せでした。なぜならそれによって私はあなた(神)のおきてを学んだからです」(聖書)

3.間違った解決法と正しい解決法

外部の世界と衝突したとき、心の有り様(ありよう)が健全な人々は自分を変えることによって問題を解決しようとします。
しかし私たちACや依存症者は何者かに依存(逃避)することにより、外部の世界との間に起きている問題から目をそらそうとしました。
そしてこのことが新たなトラブルの原因になるという悪循環の人生に陥りました。

◎私たちは外部世界と衝突したときの正しい解決方法を12ステップに取り組むことによって修得します。
平安と祝福を祈っています。

スポンサーリンク