信じる力の使い方

(ビックブック第4章)

今日は皆さんと御一緒に「信じる力の使い方」というテーマで考えてみます。

スポンサーリンク

1.不可知論者と無神論者のちがい

12ステップの勉強会で講師が次のように仰(おっしゃ)いました。
「信じるということしかしていないクリスチャンを不可知論者と言います」
私はこの説明を聞いてドキッとしました(笑)。
そして「ここに私がいるのを知っていて、わざとそんな説明をしているのか!」と内心毒突(どくづ)いていました。
しかし説明が終わった後は、そのことに心から同意せざるを得ませんでした。

一方で、日本人のほとんどを占めているのが無神論者です。
クリスチャンから見ると無神論者は自分たちとは対局に位置していると思いがちです。
しかし、そうではありません。
(信じるということしかしていない)不可知論者も(神はいないと考えている)無神論者も、信仰を活用していないという点では変わりがないのです。
神を信じていても、その信仰を活用しないなら宝の持ち腐れというわけです。

2.信じることは始まりであり、行動を開始すること。

行動しないと確信は与えられないし結果は出ません。
精神(スピリット)は感情と思考を生み出します。

考えてみると、私たちの幼少期はほとんど感情で動いていました。
それが成長していくにつれて思考に基づく行動へと変わっていきました。
しかしそれでもなお感情に基づいて行動してどうなったかという結果は私たちの潜在意識に刷り込まれているのです。

顕在(けんざい)意識は思考に基づきます。
信じるということは顕在意識を働かせることです。
その後に決心・行動・結果・確信が続きます。
信じるとは、そうであると又はそうではないと信じることです。

焦点は信じる・信じないにあるのではありません。
そうではなく信じる対象を変えるのです。
そしてそれが行動に結びつきます。

アルコール依存症の例で言うと、今までは酒が飲めると信じていたのを「私たちはもうお酒が飲めない」と信じるポイントを切り替えるのです。

3.自分を超えた大きな力とは?

電気や万有引力を見たことはないが、私たちは信じています。

コロンブスの例→地球は丸いということを信じた人が偉大な業績を残しました。

ライト兄弟の例→人間は飛べるとライト兄弟は信じました。

信じる力は大きな力をもたらしますが、間違った信じる力も大きな災難をもたらします。

◎12ステップは人生の原理です。
私たちお互いは『信じる力』を慎重に用い、有意義な人生を送りたいものです。
平安と祝福を祈っています。

スポンサーリンク

コメント

  1. マッキー より:

    ありのパパさん、こんばんは o(^o^)o

    連日の焼鳥屋さんで 、家族に怒られそうです。・・・(;´Д`)

    唐突ですが、10年前の自分を振り返ってみました…。

    その頃の私は、危険物に関わる二つ目の資格を取得していましたが、いまだにドヤ街に住む日雇い労働者でした。三畳の部屋に住んでいて、寝返りをすれば必要な物は、
    全て手に届きました。

    「神様が私を諦めないので、私も私自身を諦めない」と信じて10年過ぎました。

    今の私は妻と子供と義母がいて、一戸建ての家に住み、ドイツ製の自動車に乗り(これは天に召された義父の趣味で、私は自動車は人と荷物を運べれば良いと思っております)、数日前に家族のために、手取り年収の5倍の投資信託を購入しました。

    神の恵みと信じる力、恐るべし…。

    ありのパパさん、私がどこぞのカルト牧師のように貪欲の罪に陥ることなく、与えられた富を神様に喜ばれるように管理できるように祈って頂けたら幸いです…。

    依存症、親や信仰による虐待で、人生がコテンパンになってしまった方々へ、

    神の恵みによって、人生の大逆転はあります。私がその事の証人です。諦めないので下さい。死を選ばないで下さい。私のように、神様に呪われていると勘違いをして、人生を無駄使いしないで下さい。

    そこにほら、あなたと共に涙を流しておられる、あの方がおられます。

    ありのパパさん、御免なさい。また偉そうに語ってしまいました。