なぜアダルトチルドレンの回復のために自助グループ参加が必要なのか?

ACからの回復のために一人で12ステップを勉強するだけでは足らず、なぜミーティングに参加する必要があるのでしょうか?
今日はこの問題を皆さんとご一緒に考えてみます。

スポンサーリンク

1.抑圧されたACの幼児期の体験

なぜ抑圧されているかと言えば、それは辛く思い出したくないものだからです。
思い出すといたたまれない気持ちになるので無意識的に忘れた状態に私たちを置いてしまうのです。

しかしこれは12ステップを学ぶ上で致命的な障害となります。
なぜならステップの4で棚卸しをしますが、記憶が抑圧されていると、棚卸しをしようとしても何も思い出せません。
それで「私には書くことが何もない」ということになります。
しかし事実は、書くことがないのではなく、書くべきことが思い出せないのに過ぎません。

2.抑圧された経験を思い出す方法

それは他のACの分かち合いをお伺いすることによってです。
他のACの話をお伺(うかが)いしていると、白黒だった自分の子供時代の記憶がカラーに変化するのを感じます。
これは欠損した少年期・少女期の記憶を取り戻す作業です。

スポンサーリンク

3.ミーティングの重要性

ミーティングで何が語られるかはとても重要です。
ありのパパは率直に言って「12ステップの話だけ聞きたい」と思っています。
それで自分が話すときは12ステップのことだけを話すように心がけています。
(実際は話し始めると話があっちに飛び、こっちに飛び、何を言っているのか分からなくなることも多いです(笑))。

しかし、もし本当に出席者全員が12ステップのことだけを話すとしたら、ACとしての回復は覚束(おぼつか)なくなるのではないでしょうか。
なぜならACが回復しようと願うなら、他のACの方の子供時代の話を聴くことが必須(ひっす)だからです。

◎平安と祝福を祈っています。

ACAスカイプミーティングが始まります。

“なぜアダルトチルドレンの回復のために自助グループ参加が必要なのか?” への4件の返信

  1. 福音派の教会に通うhousewatcher51ともうします。
    いつもブログを見させていただいています。
    僕は、自分で自分をACだと思っています。
    そしてAAよりはSAのグループに行きたいと思うのですが、残念ながら近くにはSAのつどいはありません。
    ありのパパさん、こんなときはどうしたら良いのでしょうか。
    ホワイトブックなどを読み始めているところです。

  2. こんばんは、housewatcher51さん。
    初めてのコメントをありがとうございます。

    ご質問の件についてです。
    「AAよりはSA」のAAはACの間違いでしょうか?
    もしhousewatcher51さんがアルコール依存なら、何よりもそちらからの回復を優先すべきです。

    またAAがACの間違いである場合は、以下のようになります。
    現在の生き辛さがACから来ていてる方が大きいのか、それとも性的問題から来る生き辛さの方が大きいのか?
    ご自分でお決めになることが必要です。
    その上で近くにミーティング会場がないということでしたら、高速バスなどで通えるミーティング会場を探し出し、月一回程度でも出席すると良いでしょう。
    熱心に通うなら、いい加減な気持ちで週一回出席するのに勝る効果があります。

    またコメントしてください。お待ちしています。

  3. ありのパパさん、ご返事有り難うございました。

    僕の書き方が分かりづらかったようなので、書き改めると、
    自分はSAだとありのパパさんのブログを読むようになってから、気づかされたのです。
    何度も失敗してきました。
    そして、その原因にアダルトチルドレンという問題があるのだと今考えるようになったのです。
    そこで、ACのつどいよりは、SAのつどいに行きたいと考えるようになりました。
    ありのパパさんのアドバイスでは、遠方でも、月一回でも探し出して行くようにということですね。
    やはり一人で本を読んだり、こうやってブログに書き込んだりするだけでは、間に合わないということなんでしょうか。

  4. housewatcher51さん、おはようございます。
    コメントをくださり、ありがとうございます。

    そうですね。間に合わないと思います。
    というのも依存症の回復にとって解決策は二つあります。

    一つは12ステップに取り組むことによって実現する霊的目覚めです。
    もう一つは共同体に参加することによって得る助けです。

    霊的目覚めには速効性はないが持続性があります。
    共同体から得られる助けには持続性がありませんが速効性があります。
    このようなわけで二つのものはセットになっています。

    どうぞ何としても通うことのできる共同体を見つけ出してくださいというのが、私の心からの助言です。

    よろしくお願いします。

どうぞコメントをお残しください。初めてコメントなさる方は必ず自己紹介をお願いします。自己紹介のないコメントを承認することはありません。詳しくはメニューの「コメントしてくださる方へ」をご覧ください。