私たちが先延ばしする本当の理由を知っていますか?

私たちが先延ばししてしまうのは何故かを、皆さんとご一緒に考えてみます。

スポンサーリンク

1.やる気の欠如(けつじょ)

ここで気を付けないといけないのは、やる気がないと言うと「では、どうしたらやる気が出るのか?」という誤った考えをもってしまうことです。

あなたがやろうと思っているのに出来ないのは、あなたにやる気がないからではありません。
そうではなく、やろうとした時には既にやる気エネルギーを使い果たしてしまっていて、やる気が残っていないだけなのです。

やる気は精神エネルギーですが、その回復のためには睡眠が唯一の方法です。
ということは朝起きたときが一番やる気エネルギーが多いということです。

朝起きたときが一番やる気エネルギーが多いのならば、答えは明白です。
そうです。あなたがやりたいと思っていることを、朝起きてすぐにやれば良いのです。
もしくは、やる気エネルギーが残っている午前中に片付けてしまうことです。

2.やりたいと願っていることが大きすぎる

面倒くさいとか、困難であるとかのイメージを持っているとやる気エネルギーを必要以上に消費します。
それが思い込みの場合は、その間違ったイメージを正せば済みますが、事実としてその通りである場合はどうしたらよいでしょうか?
対応策としては二つあります。

①そのタスクをなるだけ小さく分解します。

ここではブログ更新を例にして考えてみます。

いきなりブログの本文を書くのではなく、幾つかの段階に分けるようにします。
一番目の段階はいわゆる下書きです。
下書きといっても文字通りのものではなく、心に浮かんでくる文章をそのまま書き留(と)めるという作業です。
とは言っても、あとのまとめる時のことを考えながら書いていくようにします。

二番目の段階は本文を書く段階です。
本文と言ってももう既に下書きがあるので少しも緊張することなくリラックスして書くことが出来ます。
文章の起承転結(きしょうてんけつ)を考えながら、全体を整えていきます。

三番目の最終段階はいわゆる校正(こうせい)です。
「てにおは」が間違っているところはないかチェックしたり、見出しを付けたりします。

②一度にやらない。

ブログ更新の例で言えば、下書きを書いたら一旦終わり、しばらくして本文をまとめたら終わり、しばらくして校正をして終わりという感じで、タスクを小分けして消化していきます。

私の場合ですと、起きてすぐに第一段階の下書きを書きます。
その翌日の昼間に本文をまとめます。
さらにその翌々日の夜に校正作業を行い、その次の日に公開する流れにしています。

分かりやすく言いますと、月曜の朝に書いた下書きは火曜の昼間にまとめ、水曜の夜に校正作業を行い、木曜の朝に公開します。
火曜の朝に書いた文章は水曜にまとめ、木曜の夜に校正し、金曜の朝に公開します。
これを流れ作業のように延々と繰り返していきます。
このような形にしてからブログ更新がストレスなくスムーズに行えるようになりました。

3.より大きなモチベーションを必要とするものから片づけていく

あなたがやろうとしていることがモチベーションを必要とするものであればあるほど、起床後すぐの時間に実行することが必要になります。
これはファーストタスクという考えとも合致しています。
(ファーストタスクとはあなたが人生で一番大切だと思うことを朝一番で実行するという考えです。)

たとえば、あなたがジム通いをどうしても続けることが出来ないという場合は朝一番にジムに行くようにします。
私自身も午後の時間に筋トレをしていたのですが続けることができませんでした。
そこで毎日の黙想の時間が終わったらすぐに筋トレを実行するようにしたところ不思議なことに続けることが出来るようになりました。

ここで申し上げたいことは『あなたがやりたいと思っていることを、あなたのやる気エネルギーが無くなる前にやってしまえ!』ということです。

①一日の予定を組むことが必須です。

「出来るようになったらやる」と言っている限り、『その時』は決してあなたに訪れません。
時間は見つけるものではなく、作り出すものです。
日常の仕事に流されていると、普段のタスクをやり終えた時には『やる気エネルギー』が残っておらず、あなたがやりたいと願っていることを実行することが出来なくなっています。

そうならないためには一日の予定表を作っておくことが必須のこととなります。
そうやって十分に段取りしたあとは、考えず、迷わず、予定表の通りに実行していきます。

②(一般的に言って)やる気エネルギーは午前中に枯渇(こかつ)します。

ですからなおのこと、あなたがやりたいと願っていることを起床後なるべく早くに実行する必要があります。

③このやり方には、おまけがあります。

それは何かと言うと、午前中にやるべきことを全部やり終えると、勝利感が心の中に満ち満ちて午後からもおまけの精神エネルギーが与えられるということです。

④心の中からストレスが消えてなくなります。

先延ばしの何がいけないかと言うと、心の中に「自分はダメだ!駄目な人間だ!」という否定的なセルフイメージが定着することです。
これは大変有害な影響を私たちに与えますから注意したいものです。

4.夢を実現するために早起きする!

小さなお子さんのお世話をしなければならないお母さんが「私、やる気エネルギーを必要とするものから実行することにしたから、朝御飯作らないことにしたわ!」という訳にはいきません。

「じゃ、ダメじゃん!」という声が聞こえてきそうですが、少しも駄目ではありません。
なぜなら、この場合であれば朝一時間早く起きて、やりたいことをやるという解決策があるからです。

気を付けないといけないのは就寝時間を一時間早くすることなしに起床時間だけ早くすると必ず失敗するということです。
ですから今より早く起きることにした場合は、寝る時間も早くする必要があります。

そうすると今度は「やることが多すぎて一時間も早く寝ることなんて出来ません!」と言う人が出てきます。
しかし、そのような方に「あなたはテレビを一日何時間見ておられますか?」と質問すると、大体3~4時間程度テレビ視聴に費(つい)やしておられるようです。

「ストレスを解消するためにテレビは必要なんです」と言う方もおられます。
しかし、そのストレスはどこからやって来るのでしょうか?
それはやりたいことが出来ないでいることに対してストレスを感じておられるのではないでしょうか?
そうだとしたら就寝時間を早めることにより、朝早く起きて、あなたがやりたいと願っていることをやってみることです。
そうしたら、あなたの中からいつのまにかストレスが消えているのに気が付くようになるでしょう。

◎平安と祝福を祈っています。

スポンサーリンク

コメント

  1. マッキー より:

    ありのパパさんへ

    有益な記事を有難うございます。

    私は夜の9時に就寝して朝の4時過ぎには起きているのですが、毎日一杯一杯で、なかなか時間的余裕がありません。
    仕事をして、家事、育児で、テレビなんか見ている暇はもちろんありません。
    「やる気は午前中に枯渇する」、目からウロコでした。
    時折、手の回らないことがあると無意味に自分を責めていましたが、私が特に怠惰で、不誠実な訳ではないと納得しました。

    物事を小分けにして、優先順位の高そうなことから済ましていく。

    通勤電車の中でありのパパさんのブログ記事を読むのが楽しみで、私にとって、とても役に立っています。
    有難うございます。

    • ありのパパ より:

      こんにちは、マッキーさん。
      コメントをありがとうございます。

      ということは、このコメントも電車の中で書かれているのでしょうか?
      もしそうだとしたら、相当なスマホ使いですね!
      改行もキチンとされており、直すところもありませんでした。
      驚くのを通り越して、感動さえしてしまいました(笑)。

      追伸:先日の性依存症の方へのコメントは申し訳ないのですが、こちらの判断で掲載見送りとさせていただきました。
      ご了解ください。
      またコメントしてください。お待ちしています。

      • マッキー より:

        ありのパパさんへ

        残念ながら、私はアナログなオッサンです。(笑)

        仕事が朝早いのと、当駅始発の電車で座れるからです。

        先日のコメントは、掲載されないで良かったです。有難う御座いました。

        ありのパパさんへの相談なのに、横から大変失礼しました。

        どうも、すみませんでした。

        • ありのパパ より:

          こんばんは、マッキーさん。
          コメントをありがとうございます。

          いやいや、電車の中でこれだけの文章を打てるとは!
          ということで、またよろしくおねがいします。