自分に価値があると思えないんだけど、どうしたらいい?

今日は読者の方からのご相談です。
皆さんとご一緒に考えてみたいと思います。

(ここから、ご相談)

ありのパパさん、こんにちは。

1.「無力を認めること」→ 自分が生かされていること自体が神様からの罰。

2.「神様なら自分を回復させて下さると信じること」→神様に捨てられたと思う。

3.「神様に自分の意志と生き方を委ねる決心をすること」→神様から呪われ、忌み嫌われていると思う。

時々、こんな風に感じてしまう私は、どの辺から回復に向かって取り組んだらよろしいでしょうか?

「別の御言葉によって対抗しましょう」とか「神様の愛が分かるようになるまで祈りましょう」とか言われても、実際に感じている感情を無理矢理抑え込んでいるようでツラいことがあります。

私のどこらへんがおかしいのでしょうか?

(ご相談はここまで)

こんにちは、マッキーさん。
ご相談をいただき、ありがとうございます。

深刻な内容でありながら、思わず「知らんがな!」と心の中でつぶやいてしまいました。
ご気分を害されましたら、お許しください。

マッキーさんには価値があります。⇨なぜならキリストがあなたを愛して、あなたを救うために十字架に掛かってくださったから。
また御言葉がそれを証しているから。「わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している」[イザヤ43:4]

しかし、マッキーさんの内心から聞こえる声は、御言葉(みことば→聖書のこと)と違うことをささやきます。
マッキーさんはどうしたら良いでしょうか?
マッキーさんの主はイエス・キリストです。
ですから自分の声ではなく、キリストと聖書の言葉を真実であるとしなければなりません。

「私には自分に価値があると思えないし、尊いとも思えない。しかし私のために命を捨ててくださった御方(おかた)が『あなたを愛している』と言ってくださっている。だから私は何があっても神の言葉を真実として、私は価値があり尊い存在であるとする」

このように自己宣言なさってください。
朝起きてすぐと、夜寝るとき必ず宣言します。
食前の感謝の祈りをするときも、必ずこの祈りを祈るようにします。

そうしたらもう「お前には価値がない」という声は聞こえなくなるでしょうか?
いいえ、そうではありません。
そうではなく、その声が聞こえてくるたびに「私は自分の声ではなく、神の御言葉を真実とする。私には価値があり、私は尊い存在である!」と宣言するのです。
あたかも「自分には価値がない」という声を、神からのテレフォンコールでもあるかのように振る舞うのです。
そしたらサタンも「あいつを苦しめようとして否定的なセルフイメージを送っているのに、あいつときたら私からの声が聞こえてくるたびに嬉々として神に祈ってやがる!」と地団太(じたんだ)を踏んで悔しがることでしょう(笑)。

平安と祝福を祈っています。

スポンサーリンク

コメント

  1. マッキー より:

    ありのパパさん、こんにちは。

    見ず知らずの私にアドバイスをして下さり、有難うございます。

    イエス様が身代わりになって十字架についてくださる程、全ての人は神様から愛されているから価値があるのですね。

    「御言葉の宣言」、やっぱりそれに尽きるのでしょうね。これからも取り組んでいきたいと思います。
    このままの方針で良いのか、少し不安だったので確かめることが出来て良かったです。

    どうもありがとうございました。

    • ありのパパ より:

      こんにちは、マッキーさん。
      コメントをありがとうございます。

      御言葉の宣言。ん~?何か違うような(笑)。
      私たちクリスチャンがよく使う御言葉の宣言は自分の本音を押し殺して、自分の本音を無かったことにしていなかったでしょうか?
      それではいけません。
      なぜなら、それはアクセルとブレーキをいっぺんに踏んでいるようなものだからです。
      これでは何年経っても、気づいてみると同じ所にいるということになりかねません。

      そうではなく、しっかりと自分の本音を認めて、その上で神の意志(みこころ)を見上げていきます。
      そのようにする時、雪が溶かされていくように自分の本音が変わり始めていきます。
      これが真のキリストにある受容であり、自己受容ということです。

      マッキーさんが、御言葉の宣言をキリストにある真の自己受容という意味で使っておられるのなら、お許しください。

      またコメントしてください。お待ちしています。

  2. マッキー より:

    ありのパパさん。有難うございます。

    自分の本音を無視するのではなく、それを認めた上での自己受容。
    スポルジョンの改心の証を思い出しました。
    「私を仰ぎみて救われよ。」

    どうもありがとうございました。

    • ありのパパ より:

      こんにちは、マッキーさん。
      コメントをありがとうございます。

      そうですね。一番大切なことであるのに見過ごされがちなのが自己受容であるかもしれませんね。

      またコメントしてください。お待ちしています。