人間関係の緊張感から自由になる方法

今日は皆さんとご一緒に、どうしたら人間関係の緊張感から解放されるかを考えてみます。
「自分自身を愛するように、他の人を愛しなさい」とは皆さんもご存じの聖書の言葉です。
この御言葉(みことば)に接するとき、私たちはともすれば強迫的に人を愛さなければならないと考えがちになるのではないでしょうか?
ありのパパ自身も何とか人を愛そうとして悪戦苦闘(あくせんくとう)していました。

スポンサーリンク

①成長を願う人の心には二種類の動機があります。

人格が成長していくために必要な条件というものが存在します。
それは今の自分を絶対的に認め、肯定し、受け入れる(受容)ことです。
これを行うと不思議に回復と成長のサイクルが廻り始めます。

反対に今の自分を見て「こんな自分じゃダメだ!なんとかこんな自分ではなくなりたい」と思っているうちは決して回復と成長の歯車は廻り始めません。
これは考えてみると当たり前のことなのですが、生真面目(きまじめ)な人はなかなか気づくことができません。

②どうしたらすべての人を愛せない・好きになれない自分を受け入れることが出来るでしょうか?

それはすべての人を好きになろう・愛そうとする前に、自分にも合わない人・嫌いな人がいることを認めてしまうことです。
多くの人は「それは分かっている。問題はその次であり、どうやって人々を愛することが出来るようになるかだ」と簡単に次の問題に移ってしまいます。

しかし大切なのは「第一のことを第一にする」です。
それが何を意味するかと言えば、自分にも嫌いな人・好きになれない人がいて当たり前だとしっかりと認めることです。
多くの場合、初めの一歩を簡単にスルーしてしまい、二番目の問題だけに目を向けてしまいがちです。
これがいつまで経っても問題が解決しない真の原因なのです。

③嫌いな人にいらつかなくなる秘訣

「嫌いな人がいてはいけない」という思い込みが自分の中にあると、知らないうちに他の人に対しても同じことを求めてしまうようになります。
それは即ち、他の人に向かって「あなたは私をことを好きになって当然である」と意識下で考えるようになるということです。
そうすると自分を嫌っていそうな人を見ると、無視意識下でその人を裁くようになります。

自分は人を愛せないということで自分自身を裁き、また他の人にも同じ価値基準を強制し、その人がすべての人を愛していないからという理由で裁きます。
これでは心の平安が与えられるわけはありませんし、たとえ与えられていたとしても指の間からこぼれる砂のように平安がこぼれ落ちてしまいます。

④嫌い人がいて上等、それがどうした!(笑)

この罠(わな)を打ち破るためには、まず「私にも嫌いな人・好きになれない人がいるのだから、他の人にも好きになれない人・嫌いな人がいるのは当たり前」と考えることです。
要するに自分にも嫌いな人がいるし、他の人にも嫌いな人がいる事実を認め受け入れるということです。

あなたが接する全員の中で自分が嫌いな人が5%いるとします。
そうすると他の人々にとっても5%の嫌な人々がいるということです。
「じゃ、仕方ないな。たまたま気が合わない人同士が一緒になってしまったのだ」
このように考えることが出来るようになると人間関係の緊張感から解放されるようになります。

⑤気の合わない人への接し方

自分が挨拶しても、無視をして挨拶を仕返さない人がいるとします。
その人に対し「お前は人間のクズか!」とあなたは心の中で感じます。
しかしよく考えてみると挨拶をしない人に対して「人間のクズ」と思うのはおかしいのです。
あの人は自分のことが嫌いであり、それで自分に挨拶をしない自由がある。
私にもその人を嫌う自由があるように。

〇全ての人を愛さなければならない・好きにならなければならないと考えるのは囚(とら)われに過ぎません。
この囚われから解放されると生きるのがラクになります。
平安と祝福を祈っています。

コメント

  1. しん より:

    ありのパパさんこんにちは。いつも楽しみに読んでおります。
    今日の話題はハッと思わされました。
    自分は他人を愛さない、仲良くできない自分はダメ人間だと思っていました。
    そのくせ、私は、他人が自分のことを嫌うこと、拒絶することに「なぜ受け入れてくれないんだ!」と怒ってばかりいましたが、相手は自分のことを嫌っているから当然なんですよね。。。
    それで、今度は自分に矢印を向けて、自分は嫌いな人はいるかなぁと考えてみると、嫌いな人ばかりでした(笑)
    笑っていられるうちはいいのですが、泣きそうなくらい悲しいです。
    嫌いな人がたくさんの自分のようです。
    じっくり考えてみます。

    • ありのパパ より:

      しんさん、こんばんは。
      コメントをありがとうございます。
      いつもお読みくださり、本当に感謝をいたします。
      ありがとうございます。
      「嫌いな人はたくさんの自分のよう」とは言い得て妙ですね。
      その通りであると思います。

      またコメントしてください。お待ちしています。