布団のダニと風呂のヌルヌルを永久に解決する!

今日は皆さんに生活の中にある不便さを解決する方法をご紹介します。
これらはありのパパが実行して効果のあったものです。

スポンサーリンク

1.布団のダニ問題を解決する。

①ダニが発生する三つの条件

それは餌(えさ)と高温と湿気(しっけ)です。
ダニ対策の商品はこの中の三つのどれかに焦点を当てています。

a.ダニの餌になるものを除去する方法

ダニの餌になるものは私たちのフケであったり、皮膚のカスであったりします。
それで念入りに掃除機を掛けるようにというアドバイスがされるわけです。
しかし毎日布団に掃除機を掛けるのも手間がかかります。
それに良く考えてみると、たとえ毎日掃除機を掛けたとしてもゴミを取りきれないのではないかと考えました。

b.高温

これには打つ手がありません。
日中に押し入れを開けると、ムッとするほど高温になっており、まさにダニが繁殖する好条件を提供しているようです。

c.湿気を抑える。

これが一番手間がかからず、効果が高いです。
実際、除湿器を押し入れに入れるようになってから痒(かゆ)くなるということがなくなりました。

②除湿器はどんなタイプのものが良い?

a.充電式で湿気を吸収するツブツブが入っているもの。

このタイプのものを初めは使っていました。
しかしツブツブ(湿気吸収剤)が一ヶ月約千円かかり、一夏にすると何千円にもなるので止めました。
充電式だったのでコードが邪魔にならず便利ではありました。

b.コード式で吸収剤を使わないタイプのもの。

現在はこのタイプのものを使っています。
電気代はほとんど掛からず、吸収剤の費用も要りません。
ものすごい勢いで押し入れの中の湿気を吸います。
(四日~五日程度でタンクが一杯になりますので、長期の不在には向いていません。)
機械寿命は3年程度でした。
一台目はファンが故障し、二台目は冷却装置が故障しました。
三台目の購入代金は3900円でしたので、一年間の負担が1300円ということになります。
これなら十分許容範囲ではないでしょうか?

2.風呂水のヌルヌルを解決する。

①銀イオンを発生する装置を湯船に浮かべる方法

これは確かに効果がありました。
しかし機械がよく故障しました。
買って半年で故障し、保証期間内ということで代替品を送ってもらい、その代替品も半年で故障しました。
また新しく購入しましたが、その製品も全く同じコースをたどりました。
要するに二年間で四台交換したことになり、さすがに使い続けることがためらわれたため、別の方法を探すことにしました。

②一般的な風呂水洗浄剤

全部が全部ではないかもしれませんが、これを使うとプールの塩素の匂いが強烈にします。
値段は安かったのですが、風呂に入っているのにプールに入っているような感じがどうしても我慢できず、この方法は止めてしまいました。

③銀イオンの粉末を風呂水に混ぜる方法

銀イオンの粉末が混ざっている湯船に使って健康に悪影響がないだろうかと心配しましたが、今のところありません。
ありのパパの家ではこの粉末を入れた風呂に三回続けて入ります。
そして翌日、その水で洗濯します。

この粉末は入浴剤もかねており、入れた直後は泡が出て、湯水が白濁(はくだく)します。
しばらくすると薄いブルーに変わります。
これもまた楽しみではあります。

費用は②の一般的な風呂水洗浄剤に比べると高価ですが、①の機械を一年ごとに買い換えるのに比べると安くつきます。
(2017/04/01追記:現在はこの製品を使っていません。素直に一回使って風呂水を捨てています。)

スポンサーリンク