「人間関係がうまくいかない」そんなあなたのための共依存対処法

人間関係がうまくいかないということでお悩みの方が多くおられるようです。
そこで今日は皆さんとご一緒に、どのようにすれば人間関係がうまくいくかを考えます。
ところでありのパパは人間関係が得意ではありません。
「だめじゃん!」という声が聞こえてきそうですが、だからこそ良いのです。
なぜならそのような人の助言こそ、効果のあるものだからです。
だいいち人間関係が得意な人の上から目線の助言など聞いていられますか?(笑)
それでは早速言ってみましょう。

スポンサーリンク

①まず自分が人間関係が不得意であるのを自覚する

これがなぜ重要かと言いますと、それは得意な人は自(おの)ずと攻撃の側に回るし、不得意の人は自然と防御の側に回るものだからです。
「攻撃こそ最大の防御なり」という言葉がありますが、この場合は当てはまりません。
そもそもやり方が180度ちがいます。
得意の人(ありのパパは良く知りませんが)は話の主導権をとって、話の流れを導きます。
それに対して不得意の人(良く知っています)は話の主導権を取るようなことをせず、話がどの方法に流れていくかを読みます。
そしてその流れを補完するような情報を提供していきます。

たとえば「人を赦(ゆる)すことが大切」という話題が話の中心であることを察すると、人を赦すというテーマを補完する情報を提供します。
それは「他人を赦そうとする前に、他人を赦すことが出来ない自分自身を赦すことが鍵(かぎ)」ということです。
このようにして人々の会話に参加していきます。

②話しすぎない。聞き手側に回る

人間関係が得意そうに見えないのに自分ばかり良くしゃべる人が時々おられます。
横で聞いていて「あぶない!あぶない!それ禁句!」とヒヤヒヤします(笑)。
当の本人は得意そうにお話しているのですが、周りの人々は失望の色を隠しているのが見え見えです。

これに対して、お話になると、とにかくその場が盛り上がるという方も確実におられます。
そのような方に限って「私ちょっと喋(しゃべ)りすぎたかな?」などと聞いてこられるのです。
そういうとき「どんどん喋って!(笑)」とハッパをかけます。

〇どうぞ皆さんご自分がどちらのタイプであるかを正確に見抜かれますように(笑)。

③恋愛に依存しない

私たちは誰しも失敗しがちなものです。
「今度こそ失敗しない」と力(りき)み返るのですが、振り返ってみるとやっぱり依存していたのに気づく羽目(はめ)になります。
恋愛するたびに相手に依存するのを繰り返している人はいないでしょうか?
最初は依存なんかするもんかと力み返っているのですが、それは相手から見ると「けんもほろろ」「取り付く島がない」ように見えますから、お相手は追いかけるようになります(人間とはそういうものです)。
次の段階ではあなたは依存の状態になり、状況が皆目(かいもく)見えなくなります。
それで今度はあなたが相手を追いかけるようになります。
そのゆえに相手の人はあなたから逃げるという訳です(追いかけられると逃げるように人間は出来ている)。

④パートナーに依存しない

依存というやっかいな病気にかからずにめでたくゴールインすると今度は共依存という病気が待っています。
共依存とは相手の問題を解決することに自分の存在価値を掛けるという生き方を指しています。
たとえば相手がアル中になると回復させることに自分の全存在を掛けます。
それは相手をコントロール・支配することによって、自分の存在価値を確認するためです。
しかし、ふと正気に戻って自分を人生を振り返ってみると、自分の人生は空っぽであり、自分の人生を生きていないことに気づくのです(気づけばまだ良い方です)。

⑤子供に依存しない

日本においては母親が子供に依存するのは一般的に見られる光景です。
なぜ母親が子供に依存するかというと、それは子供を支配することによって自分の思い通りに動かし、そのことによって自分の存在価値を確認するためです。
このように書くと「私はそんなこと考えてません!」と怒りプンプンな方もおられると思います。
もちろん人はみなそれぞれ違うのであり、どなたにも当てはまるなどという原則は存在しません。
ただ、このような文章を読んで「少しは自分にも当てはまるところがあるかな」と立ち止まり、気づき豊かな人生を送っていただきたいと願っているのみです。

⑥豊かな人間関係の鍵はリレーションシップ(信頼関係)

ある相談センターの所長さんが仰っておられました。

所内のカウンセラーに「皆さん、ご自分は話をせずに相談者のお話に耳を傾(かたむ)けてください」とお願いすると、カウンセラーさんたちは「何を当たり前のことを言ってるの。そんなことを言われなくても分かっているわよ」という顔をなさるのだそうです。
しかしいざ実際にカウンセリングが始まると、黙って聞けているのは初めの3分間だけで後はカウンセラーの声ばかりが所内に響(ひび)きわたるというのでした。

みなさんは如何(いかが)ですか?
プロであってもこの程度ですから、我々一般人のレベルもたかが知れているのかもしれません。
しかし気づきを得て、一日一日を大切に生きるとき、それは決して実現不可能なことではないと信じています。

⑦ではどうしたら相手に依存しない生き方が可能になるか?

それは相手の話を良く聞くことに始まり、それを繰り返してあげ、支持を与え、質問してあげ、明確化してあげることです。
そうすると相手の方との間に目に見えない信頼関係が出来上がります。
そもそも相手に依存するというのは相手の人格が見えていないからです。
また相手に対して共依存の関係になってしまうのは、自分の人格が見えていないからです。
ですから双方の人格が信頼関係で結ばれているとき、もっとも依存や共依存から遠いところを歩んでいるということが出来ます。

◎絶対大丈夫な生き方というものはこの世に存在しません。
ただそうならないように気を付けることだけが可能です。
私たちお互いは依存から共依存からも解放されて人生を全うしたいものです。
平安と祝福を祈っています。

スポンサーリンク