知っておきたい強迫観念から解放される方法

一体どうしたら強迫観念から解放されることが出来るでしょうか?
ありのパパが実行して効果があった方法を皆さんにお分かちします。

スポンサーリンク

①手離(てばな)して、あとは神様におまかせ

ありのパパが試してみて一番効果があったのが、これです。
腹が立つことや気になることやムカつくことや(笑)、それが何であっても「手離して、あとは神様にお任せ」するのです。
そうすると、あら不思議!心が平安になります。
心の状態は目に見えませんが、生活に変化が明確に顕(あらわ)れます。
出来なかったことが出来るようになり、一日が終わったときに心にストレスが全くない状態であるのに気づいて自分に驚きます(笑)。

〇心の平安・落ち着き(セレニティ)はあってもなくても良いものではなく絶対になくてはならないものです。

②今日一日を生きる

手離すのは一生に一度のことではなく、また一年に一度やれば良いものでもありません。
そうです。一日に一回ずつやることが必要です。
それも朝ごとにやるなら大変効果的です。

ある方が「一週間のうち前半はうまい調子で行ったのですが、後半落ち込みました」と仰(おっしゃ)いました。
そう仰るお気持ちは分かります。
しかし一週間をひとかたまりとして見ているところに、うまくいかない理由があるのではないかと、ありのパパは考えました。
そうではなく一日をひとかたまりとして見るのです。
そうしたら一日がうまく行くようになります。

③私はそれの原因ではない

あるご婦人が「ちょっとした主人の振る舞いにとてもイライラさせられるんです。自分ではそれはおかしいと分かるのですが、その感じ方を治せません。どうしたら良いでしょうか?」とお問いになられました。
皆さんなら、どのようにお答えになりますか?(文章を読み進む前にご自分ならどう答えるかちょっと考えてみてください)

「実は私もなの(笑)」⇨誰もあなたのことなど聞いておりません。
「そういうこと誰にもあるよね」⇨問題を一般化しても解決にはなりません。
「イエス様に治していただきましょう!」⇨もう誰もあなたに相談する人はいなくなるでしょう。

ではどのようにお答えしたら良いのでしょうか?
人に対してイラッとするのは、それが自分にも原因があると無意識に考えているからです。
ですからイラッとする度に「私はそれの原因ではない」と自分に言います。
そうすると心の中で「あぁ、そうか。この人はそれをその人なりの考えに基づいてやっているのだ。自分が原因ではないのだ」と分かり、憑(つ)き物が落ちたようにホッとして冷静になれるのです。

④私はそれをコントロールできない

イラッとするのは「自分にはそれをコントロールする能力・権威がある」と錯覚しているからです。
パソコンなら決められた通りにキーを押せば予(あらかじ)め決められた通りの動きをします。
しかし相手が人間である場合、相手にはあなたと同じように自由意志があります。
あなたが自分の自由意志に基づいて行動するように、相手もその方の自由意志に基づいて行動します。
ですから相手が自分の思ったように動くなどと期待する方がバカだったのです。
その事実に気づけば「な~んだ。私バカみたい(笑)」と思うことが出来ます。

⑤私はそれを治せない

人を見て「こうすれば良いのに」と余計なお世話なことを感じるときがあります。
そのようなとき自分自身に「私はそれを治せない。私はあなたを治せない」と言います。
そうすると「回復させてくださるのは神様ご自身」であることに心の目が向きます。

⑥これもまた過ぎ去る

様々な人間関係の中で私たちは疲れ果ててしまいそうになるときがあります。
そんなとき自分自身に言ってあげるのです。「これもまた過ぎ去る」と。
そうすると「なんだ。これも過ぎ去るのか。この緊張やストレスやイライラが永遠に続くのかと思った」と感じ、心のギアをニュートラルにすることが出来ます。

⑦反応する人から行動する人へ

ありのパパを含めてですが癇癪(かんしゃく)持ちは「これは怒って当然だろ!」と思う場面を選んで怒りを爆発させているのです。
思い当たるふしはありませんか?(笑)
この「怒って当たり前」の判断が心(意志)でなされずに無意識の領域でなされるために、あたかも脊髄(せきずい)反射のように怒っているように見えるのです。
これはいけません。
脊髄反射のままでは「心が自由な人」ということは出来ません。
判断を自分自身に取り戻さなければなりません。

ではどうしたらそうなれるのかということですが、それは今まで書いてきたことを一日一日実践することによります。
そうすると脊髄反射の人(反応する人)から自由意志で判断する人に変貌しているのに気づくようになります。

◎12ステップは私たちが持続的に回復していくために神がお与え下さった道具です。
ミーティングは自分の話をし、また人の話を聴くことによって、自分の心があらわになり正直になる経験をするところです。
人生がなぜか空回(からまわ)りしているようにお感じになる方は是非12ステップミーティングに参加されることをお勧めします。
平安と祝福を祈っています。

スポンサーリンク