アダルトチルドレンは強迫観念に対して無力なことが分かったら人生が変わる

スポンサーリンク

①依存症者は何に対して無力なのでしょうか?

アルコール依存症者はアルコールに対して無力です。(これを物質依存と言います)
ギャンプル依存症者はギャンブルという行為に対して無力です。(これを行為依存と言います)
アル中ですと酒を飲まないことが回復の印であり、ギャンブル依存症者にとってギャンブルをしないことが回復の印です。
もちろん回復の印と言っても、回復のはじめの印に過ぎません。
ここからスタートして人格的な回復・成長を目指していきます。
しかしだからと言って、それが重要ではないと言うことにはなりません。

②ではアダルトチルドレンは何に対して無力なのでしょうか?

これが分かったら問題は解決します(断言してます(笑))。
アダルトチルドレンは様々な依存症に陥りやすい傾向を持っています。
言い換えると、依存症の温床(おんしょう)のようなものです。

ありのパパは依存症になるのが怖くて酒を一滴も飲むことをしませんでした。
これはもちろん教会が絶対禁酒を教えていたからですが、今から振り返ってみると、この教えは自分にとって良いことでした。
もし普通に飲んでいたら、今頃はアルコール依存症になっていたかもしれないと考えています。
テレビに対しても異常に長く見続けるので、家からテレビを捨ててしまいました。

このようにして私は自分が依存症になりそうなものは、そうなる前にこちらから切り捨てていたのです。
このようなことは自分が依存症になることを防止するのに役立ったのですが、それでも依然として自分の中に依存症に陥りやすい心の状態があるのを認めないわけにはいきません。

③アダルトチルドレンにとって「これをしないことが回復のはじめの印」とは一体何でしょうか?

ACA(Adult Children Anonymous)では「アディクション(嗜癖:しへき)の影響に対し無力」であるとします。
ACoA(Adult Children of Alcoholics)では「機能不全家族の影響に対して無力」であるとします。
どちらの団体の無力の定義も「そりゃそうだよね」とは思いますが、なにかお腹にストンと落ちる感じがしませんでした。
ありのパパはこれがはっきりと分からなくて随分遠回(ずいぶんとおまわ)りをしたように思います。
ところがある所で、この質問を講師に投げかけたところ即座に「それは強迫観念ですね」とお答えになりました。

④強迫観念とはコントロール不可能な欲求ということです。

たとえば飲酒欲求ならば2種類あり、一つは身体的な強迫であり、これを渇望と言います。
もう一つは精神的な強迫であり、これを強迫観念と言います。
身体的な強迫とは、一杯目の酒を飲むと二杯目の酒をどうしても飲んでしまうことを指しています。
精神的な強迫とは、一杯目の酒を飲んだら二杯目の酒も飲んでしまうことが分かっているのに、どうしても一杯目の酒を飲まずにはいられないことを言います。
どんな依存症者であっても、この二種類の強迫行動から身を守るのが大切なことになります。

⑤これに対して依存症に陥っていないアダルトチルドレンには身体的強迫はありません。

ただあるのは精神的強迫(強迫観念)だけです。
アダルトチルドレンはこの強迫観念に対して無力なのです。
これですっきりしました。
この強迫観念から回復していけば良いのです。

◎この文章を読んでおられるアダルトチルドレンの方々の中で「私も12ステップミーティングなどに参加しているが、一体何から回復すれば良いのかはっきりしてなかった」と言われる方がおられるかもしれません。
もしそうであるなら、はっきりと申し上げたいと思います。
「私たちアダルトチルドレンは強迫観念に対して無力なのであり、そこに焦点をしっかりと定めるなら回復が促進されます。」
平安と祝福を祈っています。

スポンサーリンク