棚卸しのリストからどのようにして自分の短所を見つけ出すか?

前回は棚卸しの真の目的を知ることによって、棚卸しをスムーズに行えるということを見ました。
今回は「どのようにしたら棚卸しの際に書く恨み・恐れのリストから自分の短所を見つけ出せるのか」を見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

①アダルトチルドレンが棚卸しをするときに障害になることがあります。

それはACの恨みのリストの一番と二番には両親が来ることが非常に多いのですが、その両親のリストから自分の短所を見付け出すことは大変困難です。
なぜなら両親との関係は育児放棄だったり虐待に近いものだったりするので、その場合の責任は一方的なものであるからです(もちろん両親に責任があるという意味です。間違ってお取りにならないように)。

②両親以外の人々のリストから手を着けることにする。

アダルトチルドレンはその両親が筆頭に来るリストを見て途方に暮れます。
なぜなら「一方的な虐待を受けたのだから、このリストから自分の短所を見つけ出すことなど不可能だ」というわけです。

しかし解決の道があります。
それは両親以外の人々の恨みのリストから、自分の短所を見つけ出す作業を始めるというやり方です。
それでしたら両親との関係とは違って、相手だけが悪いということはまずあり得ません。
(相手だけが100%悪いということもあるかもしれません。しかしその場合は自分自身の認知の偏りを疑ってみた方が良いかもしれません。)

そうやってまず両親以外の人々の恨みのリストから自分の短所を見つけ出していきます。
利己主義が問題だったのか、それとも不正直が原因だったのか、あるいは恐れか、配慮の欠如か。
このようにして両親以外の人々のリストから自分の短所を見つけ出すコツを身に付けます。

③棚卸の実例(ありのパパが行った棚卸から引用します)

恨んでいる人:中学のときの同教生のA君
恨みの原因は何か?:私をシカトした。
何が傷つけられたのか?:人間関係・自己肯定感が傷つけられた。
そこから発見することが出来る私の短所は何か?:配慮の欠如

このようにして恨みと恐れのリストにあげた中から自分の短所を見いだしていきます。
そうしてから今度は両親のリストに挑みます。

恨んでいる人:父
恨みの原因は何か:帰って来るたびに殴られた。
何が傷つけられたのか?:物質的安全
そこから発見することの出来る私の短所は何か?:恐れ

恨んでいる人:母
恨みの原因は何か:父親の暴力から守ってくれなかった。
何が傷つけられたのか?:感情的安全
そこから発見することの出来る私の短所は何か?:不正直

④なぜ自分に責任がないことから自分の短所を見つけ出さなければならないのか?

あるACの先行く方はこのように言われました。
「アル中や薬物中毒なら自分の短所を見つけ出すことは出来る。しかしACに『自分の短所を見つけ出せ』と言うと、両親に虐待された被害者であるにもかかわらず、棚卸をすることによって再び傷つけられてしまう恐れがある。」
確かにその恐れがあります。この点に十分注意しながら、棚卸を進めていくことが必要です。

⑤父親との関係でなぜ「恐れ」が自分の短所となったのか?

それは愛されて当然の人から暴力を振るわれたため、それ以外の人にも「いつか傷つけられてしまうのではないか?」という恐れが付きまとうようになったからです。
それで父親との関係で「恐れ」を自分の短所としました。
決して私の短所が「恐れ」であったから、父親が私を虐待したのではありません。
ここを間違えてしまうのと、棚卸をすることによって二次被害とでも呼ばないといけないような傷を受けてしまう恐れがあります。

⑥母親との関係でなぜ「不正直」が自分の短所となったのか?

それは父に殴られているとき、いつも隣に母がいたからです。
おろおろして、「お前に悪いところがあったからだ」と困ったように言いました。
子供心に「この人は私をなぜ助けてくれないんだろうか?」と感じました。
しかし自分に起きたことを理解することが出来ず呆然(ぼうぜん)としているだけだった私には母親にそれを言うことが出来ませんでした。
この「心の中で思っていること、感じていることを人に言わない・言えない」という部分が、不正直という自分の短所になっています。
これも父親との関係と同じように、不正直だから母親が父親の暴力から守ってくれなかったのではありません。
そうではなく、その母親との関係から自分の性格上の欠点としての短所が育まれたということです。

◎どうぞみなさんも、棚卸を行うことによって自分の短所を知ってください。
そうしたらその短所を神に取り除いていただくことが出来ます。
平安と祝福を祈っています。