坊主にする五つのメリットとボウズカッターのベストな使い方

ありのパパの髪形(かみがた)はずっとベリーショートでしたが、ふとしたことで坊主頭にしてみたところ、これがとても良いのです。
そこで今日は皆様に坊主頭のメリットをご紹介し、あわせてありのパパが使っているボウズカッターの使い方を解説します。

1.坊主にする五つのメリット

①白髪(しらが)を染めなくても良い

二十歳の誕生日に頭に白髪が一本生えているのを見つけてから、段々と白髪は頭髪における占有率を増していきました。
今では複雑な斑模様(まだらもよう)を呈しております。

外見的な若々しさを保つため、一ヶ月に一度白髪染めに励んでいたのですが、段々と面倒くさくなってきました。
それが1mmのボウズにすると白髪が完全に目立たなくなります。
やった~!これで白髪染めから解放される(笑)。

②冷房効率が凄まじく良くなる

頭に天然型ラジエーターを搭載(とうさい)しているようです。
ジョギングしているとき、頭が蒸して仕方がなかったのですが、ボウズにしてから頭が涼しく気持ちが良いです。
2013年4月に坊主頭にしてから、個人的にはずっと夏は冷夏でした(笑)。
それぐらい涼しく感じるということです。

その代わり冬は凍(こご)えます。
しかし毛糸のキャップ(帽子)をかぶると、帽子が頭部を直接包み込むため、えも言われぬ温かさを体験できます。

室内でも寒く感じるのでフード付きのウェアーを着るようになりました。
(ちなみにフードが付いていないトレーナーは全部捨ててしまいました。)

③散髪代を節約できる

調髪(ちょうはつ)ですと専門的な技術が必要ですが、坊主頭ですとバリカンを頭をあてるだけで出来ます。
理容師さんが坊主にしているのを見て「これだったたら、自分でも出来るかも?」と思い、ボウズカッターを購入して自分でやってみたところ、いとも簡単に出来ました。
簡単に出来るだけでなく、髪を切るのがこんなに楽しいとは思いませんでした。

ありのパパが行っていた理容室は一回1680円ですので、一ヶ月に一度行くとして年間二万円となり、十年で二十万円掛かることになります。
これが一般的な理容室ですと、一回四千円程度とすると、年間約五万円となり、十年で四十八万円となります。
これだけのお金を苦もなく訳もなく節約できるのですから、坊主頭にしない手はありません。

④一回あたり5・6分で済むので、時間を節約できる

ありのパパがなぜ一般的な理容室に行かないかというと、一時間程度椅子に座っていなければならないのが苦痛だからです。
それで二十分で頭を切ってくれる理容室に行くようにしたのですが、最近では二十分間椅子に座っているのも苦痛に感じるようになりました。
それが自分の家の浴室で髭(ひげ)を剃(そ)るついでに髪も切ることが出来るようになって、本当にストレスから解放されました。

今では一週間に一度、髪を切るようにしていますが、5・6分で完成するので、飽きずに続けることができています。

Amazonのレビューを見ていると「15分程度掛かる」と書いているのがありましたが、どうしたらそんなに長く時間を掛けことができるのか不思議です。
もっともありのパパは1mmのボウズだから簡単にできるのかも知れません。

⑤一週間に一度、散髪できるため、常にベストの状態を維持できる

理容室に行っていたときは、お金や時間の関係で一ヶ月に一度程度の頻度で散髪をしていました。
そのため髪を切る直前は髪形が坊主頭ではなくなってしまっていました(笑)。

しかし一週間に一度、自分で切るようになると、常に同じ髪形を維持できるようになりました。

2.パナソニックの電動バリカン・ボウズカッターのベストな使用方法

①風呂場で使用し、シャワーで流すのがベストな使用方法

ドライでもウェットでも使用できますが、ドライの場合は切った髪の毛を後から掃除機で吸わなければなりませんが、風呂場で使えばそのまま流すことが出来ます。

ちなみに切った髪の毛は、おが屑状(くずじょう)になっていますので、排水口が詰まる心配はありません。
(これは1mmのアタッチメントを使って一週間に一度、髪の毛を切った場合です。それ以外の場合は髪の毛が、おが屑状にならない場合があります)

レビューを見ると、髪を洗った後でボウズカッターを使っている人がいますが、その場合ですと髪が寝てしまい、切りにくくなります。
髪の毛に腰がある乾いたままの髪の毛の時にカットし、そのあとで洗髪するとカットしやすいです。

洗髪する時の流水で浴室の床に落ちている髪の毛を流してしまうことができるので、あとから掃除する必要がありません。
その面からも洗髪前のカットをおすすめします。

②本品は12時間の充電で一回の使用時間を5・6分として(一週間に一度使った場合)六週間使用可能

本品は防水使用のため電池が内臓式になっています。
そのため自分で電池を交換することは出来ません。
パナソニックに送って電池を交換してもらうことは出来ますが、費用を考えると実際的ではありません。
それで電池の寿命を可能な限り延ばすため、電池を使い切ってから再充電をすることになります。
しかし使っている途中で電池が切れると悲惨なことになります。

新品の状態で一回の使用時間を5・6分として(一週間に一度使った場合)六週間使用できました。
それでありのパパは六回使ったら再充電するようにしています。
このようにすれば電池の寿命を最大限に延ばしつつ、使っている途中で機械が止まってしまうという悲劇を避けることが出来ます。

(2018/04/20追記)
本品を購入してから5年経ちました。
その間、一週間に一度の割でカットしていました。
その結果、2回使ったところで電池が丁度切れるようになりました。
5年間で充電池の実質容量が三分の一に減ったことになります。

しかし節約できたお金を考える時、十分に納得できます。(一週間に一度散髪したので同じ頻度で理髪店に行ったとすると436,800円節約できたことになます)
あと何年、充電池がもつか分かりませんが、製品のクォリティーとしては十分であると思います。

◎どうでしょうか?あなたも坊主頭にしてみませんか?

どうぞコメントをお残しください。初めてコメントなさる方は必ず自己紹介をお願いします。自己紹介のないコメントを承認することはありません。詳しくはメニューの「コメントしてくださる方へ」をご覧ください。