いやしの命令と、御心に従うことと

聖書の書簡を指して「これは何々派の神学校の教科書のようだ」と言われることがあります。
たとえばガラテヤ書などは「これはホーリネスの神学書のようだ」と言われてきました。
これとは反対に「この箇所は出来るなら読まずに避けて通りたい」というところも聖書にはあります。
今日皆さんとご一緒に考えてみようとする箇所はペンテコステ派にとってまさにそのようなところです。
それでは早速行ってみましょう。

①悪霊を追い出し、素晴らしい奇跡を行った「いやしの伝道者たち」に対して、イエスが「天国から出て行け!」と言われている箇所。

「『私たちは熱心に伝道しました。あなたのお名前を使って悪霊を追い出し、すばらしい奇跡を何度も行ったではありませんか。』
しかし、わたしはこう宣告します。『あなたがたのことは知らない。ここ(天の御国)から出て行きなさい。あなたがたのしたのは悪いことばかりではありませんか』」
(マタイ7章21節~8章17節)[LB]

ありのパパが聖潔派(きよめは)の教会にいたときは、この聖書箇所を読むたびに心の中で「これはペンテコステ派に対して言われている言葉だ。むふふふふ」と勝手に得心(とくしん)していました。
これがどれほど的外(まとはず)れなことかは後々理解するのですが、この時点では「聖書にそう書いてある!」と満面笑みを浮かべて愚かな優越感に浸っていたのでした。

②いやしの働きを行ったこと自体が、イエスの怒りに触れたのか?

いやしの伝道を行ったゆえにイエスに怒られたと考える人は、次の質問に答えなければなりません。
それは「ではなぜイエスはその働きのほとんどをいやしの業に費(つい)やされたのか?」という質問です。

多くの人々は福音書を読むとき、イエスが人々を癒された記事を「ふ~ん、そんなこともあったのね」みたいな感じで読み過ごします。
そのためイエスが人々を癒されたということが頭の理解に止(とど)まってしまい、心の事実となりません。
これは西洋化された世界で生きる私たちの気を付けなければならない弱点だと言えます。
このような霊的盲目とも言える欠点を克服する良い方法があります。
それは福音書を読むとき、イエスのいやしや奇跡の記事を読むたびに番号を付けていくのです。
そうすると、あなたはイエスがこんなにも多くのいやしや奇跡を朝から晩まで行われたのかということに改めて驚かれると思います。

そういう訳で、いやしの伝道を行ったこと自体がイエス様に怒られた訳ではないことは明らかです
なぜならイエスご自身が、そのいやしの伝道の頭目(とうもく)とも言えるような御方なのですから(笑)。

③どのような動機で行ったかが重要。

私たちは普段、どのような動機で伝道を行ったのか、悪霊を追い出したのか、奇跡を行ったのかなどということは意識しないで行っているのではないでしょうか?
しかし、イエスは私たちが何を行ったかに勝(まさ)って、どのような動機でそれを行ったのかということを問題視なさるのです。
そうであるならば私たちも自分たちの動機に注意を払わないわけにはいきません。
「飼う者なき羊を見てかわいそうに思った」という動機で伝道をしているでしょうか?
それとも「やっぱり、教会のプログラムだからさぁ、やらなくちゃね」というお気持ちで伝道しておられるでしょうか?(笑)

④悪霊追い出しとは何か?

ところで悪霊追い出しとは何のことでしょうか?
聖書の時代は精神的病は悪霊付きによるものと考えられていました。
ある人はこれに異議を唱えますが、そのような人たちは次の質問に答えなければなりません。
それは聖書は人間のすべての問題に答えることが出来る神の言葉だが、それならなぜ精神的病についてのいやしの記事がないのか?
ありのパパなら、このように答えます。
当時の理解では、精神的病は(てんかんなどの肉体的病も含めて)悪霊によるものだと考えられていたのだ。
だからイエスによる悪霊追い出しの記事はみな精神的病のいやしの記事であるのだ。
そうであるなら聖書はそれこそ精神的病のいやしの記事が満載であるということになります。

⑤もう一つの悪霊追い出しとは?

それは霊の戦いと悪霊追い出しを結びつけたものです。
霊の戦いとは「聖霊第三の波」という福音派教会における聖霊運動から出てきた概念です。
聖書を見ると霊の戦いと悪霊追い出しは全く別の概念であり、教理的つながりはありません。
霊の戦いは主にエペソ書に書かれてあることですが、そこには悪霊追い出しのことは全然書かれてありません。
これをくっつけたのは「聖霊第三の波」に属する神学者の独創であり、聖書に基づかないギリシャ神話的善悪二元論の影響によるものではないかと、ありのパパは考えています。

◎この聖書箇所から「癒しは重要ではないと理解しました。だから私は人々を癒す働きを等閑に付しました」と、どなたかが裁きの座に出てイエスに申し上げたとしたなら、イエスはその方にどのようにお答えになるでしょうか?
私たちは各々静まって思いを巡らしたいものです。

(お知らせ:マタイの福音書の次はヘブル人への手紙となります。)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. Naminami より:

    こんにちは。ナミナミです。
    福音派です。聖霊のバプテスマは救いの時一度きりで、聖霊の満たしは人生のうち何度か訪れる、という理解です。

    悪霊ですが、人格を持っている霊的存在である、と信じてます。
    マルコ5:1-20は、悪霊追い出しと霊的戦いがセットとなっています。
    ゲラサ人は最悪の精神状態でした。
    イエス様は彼から悪霊を追い出します。
    その時、レギオンという悪霊どもが豚の大群に乗り移り、湖におぼれさせます。
    悪霊どもはこの地方から追い出さないでください、とも言ってます。(10節)
    そして、ゲラサ人の男は正気になります。
    そして、彼はデカポリス地方でこの福音をあかしする人となったのです。
    どうでしょうか?はじめて証ししました。

    • arinopapa より:

      こんにちは、ナミナミさん。
      初めてのコメントをありがとうございます。

      「どうでしょうか?」という最後のご質問は何についてのご質問でしょうか?
      コメントしてくださった内容からは、何についてのご質問であるのかが分かりませんでした。
      申し訳ありませんが、何について「どうでしょうか?」と質問しておられるのかをお教えください。
      お忙しいところ恐縮ですが、よろしくお願いいたします。

      またコメントしてください。お待ちしています。

  2. Naminami より:

    再びナミナミです。

    もし、ゲラサ人の男が精神的病にすぎないのなら、レギオンと名乗った悪霊どもが豚に乗り移って湖におぼれさせたのか、説明がつきません。
    本当の悪霊に憑かれている人は存在するのでは、ということです。

    • arinopapa より:

      こんにちは、ナミナミさん。

      ご質問は「実際に悪霊に憑かれた人は存在するのではないか?」ですね。

      聖書には肉体の病の癒しの記事は沢山あるにもかかわらず、心の病の癒しの記事は一つもありません。
      あるのは悪霊を追い出した記事だけです。
      しかし聖書が誤りのない神の言葉であるなら、必ず心の病の癒しの記事もあるのが当たり前なのです。
      そのように考えを進めると、実は悪霊追い出しの記事こそが、心の病の癒しの記事ではないのかという理解へと導かれました。

      イエス様が地上におられた時代の一般的理解は、心の病を悪霊に憑かれた状態であると考えていたこと、また一部の肉体の病の原因も悪霊であると考えられていました。
      そのような理解を前提にして、私の考えを述べます。

      聖書に、てんかんの子供の癒しの記事がありますが、聖書はこれを悪霊によるものとします。
      しかし今の時代はてんかんを悪霊によるものとは考えません。
      真実はどこにあるのでしょうか?
      それとも悪霊による場合と、肉体的原因によるものの2つがあるのでしょうか?
      ではなぜ聖書は悪霊によるてんかんの癒しの記事だけがあり、肉体的原因によるてんかんの癒しの記事はないのでしょうか。

      ナミナミさんは、ことさらに精神的病と悪霊によるものを区別しようとしておられるように思います。
      しかし、そのような区別にどれ程の意味があるのでしょうか?
      イエス様は、どのような原因でそうなったとしても、病の人をかわいそうに思って下さり、病を癒してくださいました。
      イエスがそうであるなら、私たちはなおのことそのようにすべきではないでしょうか。

      聖書の真意を悟って、神のみこころを地上で行なう者となりたいものです。

      またコメントしてください。お待ちしています。

  3. Naminami より:

    ナミナミです。
    心の病については、ありのパパさんとは、意見が違います。
    でも、知識不足で、自分の意見をまとめることができません。
    ありのパパさんに適用するのは恐れ多いのですが、切磋琢磨できればいいですね。
    これからもよろしくお願いします。

    • arinopapa より:

      こんにちは、ナミナミさん。
      コメントをありがとうございます。

      おっしゃる通り、互いに切磋琢磨していくことが、私の願いそのものです。

      これからもよろしくお願いします。

      またコメントしてください。お待ちしています。