老化の波をブロックするために筋肉の防波堤を造る

①脂肪率を下げないと、生活習慣病である糖尿病・高血圧・前立腺疾患などに掛かりやすくなります。

しかし、脂肪率を下げたことに安心して筋肉量を増やすことをしないままに歳を取ってしまうと、今度は老化の波をもろに被ってしまうことになります。
皆さんはテレビや何かで[妙にやせ細っており、生命力を全く感じさせず、年齢よりも老けて見える人]というのを見たことはないでしょうか?
ありのパパがまさにそうでした。
若いときは生命力が溢れ、体も柔らかいので、脂肪もないが筋肉もないという体でもなんとか生きて行くことができました。
それがある時、スーパー銭湯の大きな鏡に貧相なおじいさんが映っているのを見て「このおじいさん、どこかで見たことあるな?」と思ったら、それはなんと自分でした(笑)。
心のどこかで「自分だけは歳を取らないのではないか」と思っていたのは妄想でしかないことを思い知ったのでした。

②ダイエットと筋肉をつけるのは、どちらが簡単だと皆さんは思われますか?

ありのパパにとっては圧倒的にダイエットの方が簡単です。
ダイエットであれば「一日100gずつ体重を減らしていく」ことは四群点数法を用いれば簡単に出来ます。
ありのパパは若いときは70kありましたが、この方法によって54kに減らしました。
今回55kの体重を脂肪量はそのままに筋肉量だけを増やして60kにする30週間(約七ヶ月)の計画を立てました。

体重を減らすのが簡単に出来るなら、体重を増やすのも簡単に出来るのではないかと初めは高を括っていました。
確かに脂肪を増やすことによって体重を増加させるだけなら簡単に出来ます。
しかし脂肪量を増やさずに筋肉量を増やそうとすると全然簡単ではないのに気づきました。

③筋肉を付けるためには体重の二倍のタンパク質摂取が必要です。

これは60kの体重の人が筋肉を付けようとするなら、一日120gのタンパク質を摂ることを意味します。
筋トレに関するどの書籍やホームページ・ブログを見ても、普段の食事から筋肉増量のためのタンパク質をとるのは難しいからプロテインを摂るようにということは書いてありましたが、肝心要(かんじんかなめ)の[日常の食事から摂れるタンパク質は何グラムだからプロテインは何グラム摂れば良い]ということは書かれてありませんでした。
それで自分で計算してみました。
四群点数法に基づく食事をしている場合のタンパク質を一つ一つ書き出して、それを合計してみました。
そうしたところ一日に72gタンパク質を摂っているのが分かりました(案外たくさん摂っているものですね)。
ということは、あと48gのタンパク質を摂れば良いということです。
プロテインのタンパク質含有量は約70%ですので、プロテインを一日あたり70g飲めば、筋肉を増量させるのに必要なタンパク質を摂取することができます。
これを一日何回かに分けて飲むようにします。
筋トレ直後と就寝直前の二回は必ず飲むようにします。
筋トレをしない日もプロテインを飲むようにします(筋肉は体の中で少しずつ造られているからです)。

④気を付けること。

プロテイン摂取は、効果的な筋トレが行われているというのが大前提です。
筋トレせずにプロテインを飲んでも、それはお金をドブに捨てるようなものです。
あと、いつまでもプロテインを飲んでいてはいけません。
予定の筋肉量を達成したら、すっぱりとプロテインを飲むのを止めます。

ありのパパの個人的体験ですが、20gのプロテインを筋トレ直後と寝る前の2回飲んでいるときは、体は少しも変わりませんでした。
厳密に言うと[体が引き締まった感じ]というのはありました。
しかしプロテインを一日51gずつ摂るようにしたところ、体に筋肉がグングン付いてきたのが分かりました。
個人的感想としては[劇的]と言っていいほどでした。

◎皆さんも老化の波をブロックするために、筋トレとプロテイン摂取を車の両輪として行ってください。
成功を祈っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク